クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 当然無問題

<<   作成日時 : 2015/08/19 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

中谷防衛相、内部資料作成認める=「必要な研究、問題ない」―参院特別委

 参院平和安全法制特別委員会は19日午前、中断していた安全保障関連法案の審議を再開した。

 中谷元防衛相は冒頭、防衛省が同法案の成立を前提とした内部資料を5月下旬に作成していたことを公式に認めた。その上で「統合幕僚監部として当然に必要な分析・研究を行ったものだ。私の指示の範囲内で、文民統制(シビリアンコントロール)上も問題があるとは考えていない」との見解を示した。

 内部資料は、安保法案の8月成立、年明け施行を前提に、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)で自衛隊による駆け付け警護を新たな任務として追加する可能性などが記されている。

 中谷氏は資料について、5月14日の安保法案の閣議決定を受け、同26日に陸海空自衛隊指揮官にテレビ会議で法案内容を提示する際の資料として作成したと説明。「法案成立後に具体化すべき検討課題をあらかじめ整理し、指揮官らに理解してもらうことが目的」だったと釈明し、「成立時期を予断するものでは全くない」と主張した。

 内部資料の存在は11日の特別委で共産党が指摘。中谷氏があいまいな答弁を繰り返したため審議が紛糾し、途中散会となった。野党各党は「防衛省の暴走」などと批判を強めている。

 中谷氏は審議中断について陳謝。また、「秘密に該当するものは含まれていないが、外部に流出したことは極めて遺憾だ」と述べ、情報保全に万全を期す考えを示した。

 一方、同特別委は19日の理事会で、防衛省資料問題と礒崎陽輔首相補佐官の「法的安定性は関係ない」とする発言などに関し、21日に集中審議を行うことを決めた。安倍晋三首相と関係閣僚が出席する。

時事通信 2015年8月19日(水)

 最大の問題は中谷防衛相が言ったとおり、「秘密に該当するものは含まれていないが、外部に流出したことは極めて遺憾だ」と言う事だ。機密文書が選りにも選って共産党に渡ってしまった、それが大問題。

 防衛省の機密管理はどうなっているんだ!(怒)

 小池が問題視している検討した事を示す文書、それは問題無い。普通に考えれば、防衛省、自衛隊に大きく関わり、派遣された自衛官の命に関わるのだから、どれほど検討してもしすぎなどと言うことはまったく無いだろ?

 小池は戦前の軍部の暴走と同じだなどと言っているが、馬鹿な話だ。軍部の暴走と言うが、法案が成立した場合の部隊の行動などを事前検討するのは当然だし、別に法案に反対している者に対し、何らかの圧力をかけた訳でもない。反対派を弾圧する工作をした訳でもなく、単に法案が成立した場合のための検討をしただけなんだから、これのどこが問題なのかわからん。

 野党支持者にはこれに同調する人もいるようだが、誰でも良いから、事前検討のどこが問題なのか?教えていただけないのだろうか。どこの省庁でも自省に大きく関わる法案が成立の可能性が高ければ、当然のように事前に検討をするだろうし。

 例えば、防衛省が自分たちに都合が良い様な法律にすべく何らかの工作をしたのならばまだしも、法案成立に向けて検討しただけ。

 なんにしてもだ、これも法案の中身とは何の関係も無い話。参院のほうが衆院よりはまだまともな審議をしていると思っていたが、結局これだの磯崎事務官の発言だのばかりに拘って、衆議院と同様の経過では、結局、野党には法の不備を突くだけの材料も何にも無いのではないか!

 そう言われても仕方ない。戦後最大の延長をしたとは言え、夏休みなどもあり、法案審議に十分な時間が有る訳でもないのだよ。もっときちんと法案の中身を審議して欲しいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 中谷元防衛相も言ってやれば良いんですよ。
与党になってから(実際の事が始まってから)シュミレーションを行う無能な日本の野党とは違うって。
 有事に対して備える事は責任であり、一切の責任を取ってこなかった詐欺師どもを基準にするなと。
 実際それを怠った自民党以外の政党が、二度の震災で何ができたのか教訓になってません。
 民主党が政権を盗った時も始動するまでに三ヶ月近くのタイムラグがありましたが、その間に中国が攻めてきたり、震災があったりしたときにどうするべきなのか考えてなかったんでしょう。
世界史は面白い
2015/08/20 08:26
世界史は面白いさん、こんにちは。
確かに民主は完全に準備不足で失敗した事を忘れているんでしょう。政権は欲しかったが、獲得した後のシミュレーションを全くやってなかったから、政権奪取後、あの体たらくだったんですが。

事前にどこまできちんとした検討が出来るか?それが大事だと言うことを皆、忘れてるのでしょうか。
クルトンパパ
2015/08/20 11:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
当然無問題 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる