クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 愚か者の戯言(岡田克也のズバリ直球)

<<   作成日時 : 2015/08/20 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

安倍談話で気になった2点 和解は相手が納得するまで続けなければならない

・岡田克也のズバリ直球

 安倍晋三首相は先週14日、「戦後70年談話」を発表した。普段の言動から、「安倍首相は、村山談話や小泉談話を書き換えるのではないか」と心配する声もあったが、結果としては「安倍色」を抑えた形で、比較的穏当なものになった。

 私を含め、野党議員が国会で「対応を誤ると、歴代内閣が築き上げてきたものを壊しかねない」と警鐘を鳴らしたうえ、与党の公明党や、米国、中国、韓国など外交ルートの働きかけもあったと思う。安倍首相は不満かもしれないが、自身の談話として出した以上、この線は守ってほしい。

 ただ、2点ほど気になった部分がある。

 まず、「植民地支配」「侵略」「反省」「おわび」という4つのキーワードは入ったものの、「反省」と「おわび」の主語が安倍首相ではなく、過去の談話を引用するスタイルになっていたことだ。やはり自らの認識として語るべきだった。また、「植民地支配」と「侵略」も、日本自身の行為なのか一般論なのかはっきりしない。

 次に、「後の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という部分があったが、私の認識とは少し違う。日本人1人ひとりが謝罪を求められているわけではなく、謝罪すべきはあくまで国の指導者だ。

 ドイツのメルケル首相は3月に私と会談した際に、「過去のことについて完全に決着をつけるのは不可能であり、時代時代で常に過去とは向き合っていかなければならない」と語っていた。私もその通りだと思う。

 こちらから、「もう、この程度でいいだろう」と判断するものではない。和解とは、相手が納得するまで続けなければならない。(後略)

ZAKZAK 2015年8月20日(木)

 確かに通常、謝罪は相手が納得してくれるまで続けるもの。

 だが、日本が謝罪をしている相手は、これまで何度も、これを受け入れてくれれば、今回こう言う形で謝罪してくれれば、今後、二度と謝罪を求めないと言いながら、平然とそれを反故にし続けてきた国であり、どれほど謝罪を続けても絶対にそれが、外交カードとなり、日本を苦しめられると考えれば、謝罪を受け入れることなど無い国なんだけどね。

 いろいろ文句を言っているが、総理が過去の内閣談話を継承すると言ったと言う事は、反省と謝罪も同様に継承すると言うことであり、岡田が言うように謝罪するのは国の指導者であり、それは日本の総理大臣だ。何もそれは各個の総理個人ではなく、その政府全体でと言うことなのだから、謝罪は継承されていると言うことだと考えるべきであり、いちいち、時の総理が自らの言葉で謝罪をしなければならないと言う事ではないと思うのだが。

 当然、「後の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と言う言葉の中身は個人一人一人ではなく、後世の内閣にずっとと言う意味である事すら理解していないのだから救いようが無い。

 何かと言うとこの手の連中はドイツを引き合いに出してくるが全てをドイツと言う国家ではなく、ナチス党とヒトラーの責任として、二度とナチスを復活させない事を誓い、その謝罪を行う一方で、ドイツ国家が占領地などに残してきた財産などの返還を求めているドイツよりも、国家として反省と謝罪を行い、きちんと賠償してきた日本のほうがよっぽどまともと言う事も知らないようだ。

 総理が謝罪したらしたで「自分の言葉で謝罪していない」と批判するが、しなかったらどれほど批判したか想像に難くない。おそらく、総理が今、こいつらが言うような形で、自らが反省し、謝罪していると言うような談話を言ったとしても、こいつらはなんだかんだと難癖をつける

 日本はることなく、真摯な反省の姿勢を持ったままで、これから先の時代を見据えて、新しい国家関係を構築する事を目指すべきだ。

 安倍談話、特亜以外は高く評価されているし、特亜はと国内の左巻きは何を言っても文句を言うのだから無視して良いのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
誤解を恐れずに言えば、敗戦慣れしているドイツは上手く立ち回っていますよね。全てをナチスのせいにして、今でもナチス戦犯に対しての妥協なき告発を世界へのメッセージとして発信してる。ある意味、したたか。
事実上「戦争」で初めての敗戦だった日本は、終戦直前の資料の大量廃棄から始まり、敗戦処理に失敗だらけですよね。
ドイツ方式はムリでも、せめてイタリアみたいに当時の民衆がトージョーあたりを吊してくれたらよかったんですが。そして、新しい日本の始まりです、と宣言しちゃえばよかった。
断言しますが、現在のドイツ人やイタリア人で「近隣諸国の人間に迷惑かけてごめんなさい」と思ってる人間なんていないと思います。
このまま建築しても
2015/08/20 19:49
このまま建築してもさん、おはようございます。
ドイツは本当に上手いですよ。それにくわえ、ナチ党員は逃げたのがいたりして、今も追跡できますが、帝国軍人はそう言うのがいませんから、戦後、全て決着してしまってますし。

初めての敗北が大きすぎました。頑張って戦後処理したんですが、不幸はそれに加え、と言うよりそれ以上に負けた訳でもない相手、中共と韓国が勝者面して謝罪と賠償を求め続ける不幸。

これが無いだけでもドイツもイタリアも幸せです。
クルトンパパ
2015/08/21 06:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
愚か者の戯言(岡田克也のズバリ直球) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる