クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS だから行くなと(岡田訪韓)

<<   作成日時 : 2015/08/04 09:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国大統領、歴史認識「確実に踏襲を」 民主代表に

 安倍首相は過去の植民地支配を認めアジア諸国におわびした戦後50年の村山富市首相談話を全体として継承する考えを示している。朴氏の発言は、村山談話など歴代政権の談話を内容なども含め曖昧でない形で踏襲するよう求めたものだ。

 懸案の従軍慰安婦問題では「よい方向で解決されれば、韓日の安定的な関係に寄与する」とし「事実上、今が解決の最後の機会だ」と、日本政府の早期対応を促した。

 岡田氏は日韓首脳会談を早期に、無条件で、定期的に開催するよう求めた。朴氏は「問題を一つずつ乗り越えることで、首脳会談を早期に開ける」と指摘。自らが提唱した日中韓首脳会談の早期開催が日韓、日中の2国間関係の改善にもつながると伝えた。

 朴氏は「歴史関係の懸案は残っているが、安全保障や経済などでは対話と協力を強化し続けることを望む」と、歴史問題は他の政策と切り離す考えを改めて強調した。「光復(解放)70年や韓日国交正常化50年のモメンタムが続き、韓日が未来に向かってともに協力関係を深める年になるよう期待している」とも語った。

 岡田氏はこの後、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相とも会談した。

日本経済新聞 2015年8月4日(火)

 これを読んでも一体何をしに岡田は韓国に行ったのか?訪韓と言うより幇間外交をしに行ったとしか思えない。

 朴槿恵と会談して安倍総理が正しい歴史認識を持ち、村山談話などを正しく継承しろなどと言うわざわざ行かなくてもわかっていることを言われて、「はいそのとおりです」と言って帰ってきたのか?

 従軍慰安婦なる架空の問題についても「よい方向で解決されれば、韓日の安定的な関係に寄与する」とし「事実上、今が解決の最後の機会だ」等と言われ、「慰安婦の皆様のことを思うと涙が出てくる」などと、無い物をあるかのように認める発言をした馬鹿そのもの。

 大体、岡田に外交は無理。元外務大臣だが。
 外相として訪中した際に、「中国にレアアースを止められたら、日本は本当に困ってしまう」等と発言し、その後、中国がレアアースを外交カードとして用いる要因を作った馬鹿なのだから、絶対に外交に口を出してはならないのだよ。

 岡田は理解していないようだが、日本にとって対韓関係の改善は喫緊の課題などではなく、日本は「いつでも話し合いの門戸を開いています」と言う姿勢を見せ続けるだけで十分であり、一切、譲歩する必要など無いのだよ。困るのはともに対日強硬路線を行ってくれるはずだった中国の変心に戸惑い、なんとか対日改善をしたいが、自分が折れればあっという間に国民の支持を失ってしまう事に焦り、困惑している朴槿恵政権側の問題でしかない。

 とにかく岡田は何もするな、と言う事だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
だから行くなと(岡田訪韓) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる