クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法9条があるから大丈夫(朝鮮半島危機)

<<   作成日時 : 2015/08/24 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 米韓、挑発に共同対処 新作戦計画、北へ大きな圧力

 【ソウル=藤本欣也】北朝鮮の砲撃などに対し今回、韓国の強気な姿勢が際立っているが、背景には米軍の存在がある。2013年に署名された「米韓共同局地挑発作戦計画」に基づいて、米軍は初めて韓国軍と共同で北朝鮮の軍事挑発に対処する構えだ。米軍の即時投入を可能にするこうした米韓連合作戦体制も、北朝鮮への大きな圧力になり、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記から対話姿勢を引き出す要因になったとみられる。

 韓国メディアによると、「米韓共同局地挑発作戦計画」とは、北朝鮮の局地的な軍事挑発に対し、韓国軍が米軍(在韓米軍約2万8500人)の支援を受けながら、即座に強力な対応を取るというもの。挑発を受けた後、米韓両大統領の承認を経て運用される。

 これまで局地的な挑発には韓国軍だけで対応してきた。

 同計画の下、米韓両軍は情報分析から兵力・装備の投入決定まで共同で当たるという。2010年の北朝鮮による韓国海軍哨戒艦撃沈、延坪(ヨンピョン)島砲撃事件を機に整備された。

 米韓両軍が北朝鮮の挑発に対し、連合作戦体制を運用するのは、1976年8月に板門店で起きたポプラ事件後初めてという。

 米軍のデンプシー統合参謀本部議長は21日(米東部時間)、韓国軍の崔潤喜(チェ・ユンヒ)合同参謀本部議長に電話し、韓国防衛に向けた米国の揺るぎない決意を表明。米韓軍は22日、5段階の監視態勢を「3」から「2」に引き上げた。同日には、米韓の空軍戦闘機計8機が朝鮮半島上空を横断しながら爆撃訓練を実施し、北朝鮮を牽制(けんせい)している。

 韓国軍は今回、北朝鮮への強硬姿勢を貫いている。20日の北朝鮮軍の砲撃が4発程度だったのに対し、韓国軍は29発を応射。金第1書記が前線部隊に準戦時状態を宣言すれば、朴槿恵(パク・クネ)大統領は、北朝鮮の挑発には現場指揮官の判断で報復攻撃をすぐに行い、軍上層部への報告はその後でよいと指示している。

 北朝鮮が追加砲撃に踏み切った場合、韓国が空母打撃群の朝鮮半島への急派を米国に要請する可能性も報じられている。

産経新聞 2015年8月24日(月)

 板門店で続く南北協議は徹夜での会議が二日にわたって続いているようだが、いまだ、解決への目処は立っていないようだ。

 韓国は地雷事件への謝罪を求め続けているようだし、北朝鮮は宣伝放送の即時中止を求めていて、どちらが先に折れるか、と言う面子が掛かった交渉だけに、簡単に折れられない。

 当然ながら、北朝鮮は金正恩の支持があり、脱北した兵士たちの証言などでも明らかな、韓国からの宣伝放送をまずやめさせる事が何より先決であり、それがなされない限り一歩も引けない。下手に引いたら自分の命が危なくなるのだから、これは難かしい。

 一方韓国も、兵士二人が負傷している上に、放送施設に対する砲撃を受けている以上、下手な妥協をすれば政権のダメージは大きくなり、こちらも引き下がれないのは同じであり、まさにチキンレースの様相。

 今はまだ、戦時統制権が米軍にあり、今は米韓共同演習もやってる最中だけに、韓国は強気でいる。空母打撃群が日本海などに展開しても、北朝鮮が引き下がる事もまずは難かしい。

 これは落とし所が今の段階では見えないだけに、一つ間違えば戦争になるかもしれない。

 当然、半島有事となれば在韓邦人を引き上げさせるために政府は大変な事になるが、安保法制は無用だと野党は言うから、自衛隊が派遣できなくても何とかなるんだろうし、当然、北朝鮮からのミサイル飛来の可能性もあるが、それもまだ、憲法9条があるのだから大丈夫なんだろう。なにしろ、戦後70年の平和は日米安保や自衛隊の充実によるものではなく、憲法9条があるからと言うのだから、これは彼らの言う事を信じ、日本はのんびり、安保法制審議とは無関係の事などをやってれば大丈夫なんだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
恥を忍んでパパさんにおうかがいするのですが、24日の産経新聞には安倍総理の発言として

また、首相は集団的自衛権行使の前提となる「密接な関係にある他国(への攻撃)」には韓国も含まれると指摘

とあります。もちろん、海外派兵はしないという前提や、「半島有事で集団的自衛権を行使する事例として、公海上で弾道ミサイルを警戒している米艦の防護を例示」ともあるのですが。
しかし、私としては韓国は、集団的自衛権の行使の前提となる密接な関係にある国とは思えませんし、したくもありません。冷戦時代のように西と東が争っている時代でもないのですから。
これはなにか私は間違った捉え方をしているのでしょうか?
このまま建築しても
2015/08/25 03:59
私も安倍総理の発言には違和感を覚えました。

が、総理としては、米国との関係上、今の半島情勢などもあって、ああ言う発言をしたような気がします。

ただ、こう言う発言の一方で、政府や与党幹部からいざ朝鮮半島有事の際には、日本の了解がなければ在日米軍基地は使用できない、と言うようなことを言うようになりました。

硬軟両面作戦でしょう。かつてのような阿諛追従外交じゃなくなった、これだけは間違いないようです。
クルトンパパ
2015/08/25 07:45
僕の意見としては国家として北朝鮮にも下朝鮮にもかかわるべきではないです。
 どんな善意も朝鮮人の悪意に利用されるだけなのは、この百年で解りきってます。
 彼らのプライドを傷つけないように、たとえ餓死者が出ようが関わらない。
 国家としての支援というのは、それを恩に感じる人の心がある国に行うのが筋なんですから。
世界史は面白い
2015/08/25 17:16
パパさん、世界史さん。私の愚問に答えてくださってありがとうございました。
しかし、オバマはともかくとしても、対日強硬派として知られるトランプあたりが大統領に(まかり間違って)就任したりしたら、いろいろとゴリ押しされそうでイヤですね。
硬軟両面作戦、ぜひそうあって欲しいです。
このまま建築しても
2015/08/25 21:44
世界史は面白いさん、おはようございます。
関わらずに済むのならばそれに越した事は無いのですが、不幸な事に隣にありますからねえ。
最低限のかかわりで良いと思います。

このまま建築してもさん、おはようございます。
さすがにトランプが大統領にはならないでしょうが、アメリカ大統領しだいと言う部分はありますから、注視して行くべきでしょうね。

クルトンパパ
2015/08/26 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法9条があるから大丈夫(朝鮮半島危機) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる