クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 水増しはいらん

<<   作成日時 : 2015/08/31 12:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

   12万人国会包囲、安保法案反対 200カ所で抗議

 安倍政権が成立を目指す安全保障関連法案に反対する大規模な抗議集会が30日、全国約200カ所で行われた。国会議事堂周辺には12万人(主催者発表)が集まり、参加者が議事堂を包囲。「絶対廃案」「安倍は辞めろ」と声を上げた。

 警視庁は参加者数を発表していないが、関係者は3万人余りとしている。それでも国会正門前の道路は幅広い年代の参加者で埋まり、人の波は霞ケ関の官庁街にまで達した。学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さんは「憲法を守った方がいいというのは利己的な考えか」と訴えた。

 野党4党党首もあいさつに立ち、民主党の岡田克也代表は「普通の国民が危機感を持っていると、安倍政権に分からせないとダメだ」と主張。生活の党の小沢一郎代表は「こういう集会に参加したことはないが、今回だけは。危険でばかげた法案を阻止するため力を合わせなければ」と訴えた。与党は11日の参院採決を目指すが、14日以降にずれ込む可能性も出ている。

日刊スポーツ 2015年8月31日(月)

 あのさ、雨が降る中で、せっかくの休日を潰して3万人が集まったと言うことならばそれで素晴らしいと思うのだよ。なぜ、それを12万人だとか言うのかねえ?

 大事なのは数だけじゃないし、一つ嘘が入れば、全体に対する信頼が失われるのだから、正直に言えば良いのだよ。まあ、この手の発表が嘘だらけだと言うのはみんな知っているから良いのかも知れんが。どうせなら賛成派のデモのように警察関係500人、主催者発表500万人くらいまで言えば笑えるが。

 こう言うでたらめの数字を書く前に、60年安保の時の国会前に集まった写真を見てみるべきだし、世界各国で開かれた10万人規模のデモがどう言う感じになるかを見るべき。なんなら、同日長崎稲佐山で開かれた福山の6万人コンサートと比べてみてもわかる話だ。

 反対するのは自由だし、意見を表明する事は黙っているより遥かに良い。
 だが国会が休みで誰もいないところに向かって、いったい何を訴えたのか?と言うこと。反対する人間が何万人集まっていようが、賛成している人、無関心の人、そして、法を変えられる人たちに訴えるのなら良いが、聞いていたのは国会議事堂だけでは無意味。どこかをデモ行進したほうが良い。

 それにしてもだ、ぜひとも誰でも良いからお答えいただきたいのだが。

 世界中の国が認めている「集団的自衛権」を日本が行使する事を容認したら、何故日本は戦争に突っ走るのでしょうか?アメリカ最大の同盟国であるイギリスも、また、日本以上に在韓米軍に頼る韓国も、全てのアメリカの戦争に参戦しないのに、なぜ日本はアメリカの言うがまま、どこにでも出向く事になるのでしょうか?そして、世界中の国が世界の平和と治安をも守るために若者の血を流し、泥をすすっている中で日本はそれをやらず、ひたすら享受するだけで良いのでしょうか?世界中の誰もが死にたくないし、人を殺したくも無いのに、世界の治安と平和の安定のため戦っているが、日本はいたしません、で良いのでしょうか?

 これにすっきりお答えいただき、なるほどと得心したら私も反対派になりますから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
 彼らのそれは犯すべからざる宗教だからです
よってその教義に疑義を唱えることは神に逆らう悪魔の仕業であり、それを排除するという目的の前には法ですら無視されどんな手段も正当化されるのです
 事実を言うと笑えないジョークになるとはこれ如何に
 
世界史は面白い
2015/08/31 13:06
世界史は面白いさん、こんにちは。
まさしく宗教です。反権力病と言う名の宗教活動かです。

権力と戦う自分って素敵!とか思って酔いしれているだけでしょう。
クルトンパパ
2015/08/31 15:07
こんにちは。
まあおそらく、パパさんのご意見にまともに反論できる「反対派」はなかなかいないでしょう。ただ、日本は法治国家なんだから、本来憲法改正を含む議論がなされなければならない、という反対論には一定の理解は出来ますが。
おそらく、安保法案は成立するでしょう。しかしそれは最悪の形でですね。反対派なんかはどうでも良いんですが、一般の国民の受け取り方として、パパさんが1番心配されていた「実際に国外に赴く自衛官が胸を張って行ける」形とは最も遠い形での成立です。
おそらく、反対派以外の一般国民の意識は「徴兵制でなく、自分(または自分の子供)がかかわらなくても良いなら関係ないし、自衛隊員が自己責任でそういう職を選択したのだから、その結果も自分で引き受けて欲しい。自分の子供にはしっかり勉強させて、他の職を選ばせる」みたいなことをもっとエグい言葉として本音では思ってますよね。
安倍総理は、ゴ民主なんかにではなく国民に理解と納得を求めて欲しかったのですが、残念ながらそういう姿勢は最初から最後まで見られませんでした。総理にこそ、パパさんが感じられたような心配を重んじて欲しかったのですが。
ついでに。賛成派のデモの写真を産経新聞で見ましたが、記事中には若者らとあるのに写真では中高年ばかりでちょっと笑いました。うーん。
このまま建築しても
2015/08/31 21:43
このまま建築してもさん、おはようございます。
本当は憲法を改正してからやるべきことなんですが、憲法を明治憲法下の天皇と同じく、神聖にして侵すべからざる存在、としてきた勢力に安易に妥協してきた事のつけでしょう。

こんな形で法律が成立し、派遣される自衛官があまりに可哀想です。

もっと賛成派も反対派も、枝葉末節ではなく、真剣に討議して、より良い法として作るべきなんですが。

とにかく民主がまともに議論しようと言う姿勢を見せず、ただただ、揚げ足取り、レッテル張りに終始して、中谷防衛相があたふたしてしまって、どうしようもない事になってしまいました。

デモも良いのですが、どこに反対し、どこが戦争に直結するかを言って反対して欲しいのですが、それも無いのが悲しい話です。
クルトンパパ
2015/09/01 07:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
水増しはいらん クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる