クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 上等でしょう

<<   作成日時 : 2015/09/07 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

    安保法案 今国会で成立“反対”65.6%

 NNNが4日〜6日に行った世論調査によると、審議が大詰めを迎えている安全保障関連法案について今の国会で成立させることを「よいと思わない」が前月より7.8ポイント増え65.6%となった。

 世論調査では、安保関連法案を今月27日に会期末を迎える今の国会で成立させることについて、「よいと思う」は24.5%(前月比−5.0P)で、「よいと思わない」が65.6%(前月比+7.8P)に上った。また、46.6%の人が、法案に反対するデモが国民の意識を「代表していると思う」と答え、36.9%の人が「代表していると思わない」と答えた。

 一方、安倍内閣の支持率は、「支持する」が39.0%(前月比+1.2P)で7か月ぶりに上昇に転じた。「支持しない」は43.0%(前月比−3.7P)だった。また、安倍首相がいつまで政権を担当することがよいかについては、「衆議院の任期が来る3年後あまりまで」が24.3%、続いて「すぐに辞めてほしい」の20.9%、「今年いっぱいまで」は17.3%だった。

 維新の党を離党した橋下大阪市長が立ち上げを表明した新党について、「期待する」は30.0%にとどまり、「期待しない」は58.9%だった。

日本テレビ系(NNN) 2015年9月6日(日)

 これだけ徹底した「反安保法制」のメディアスクラムの中でこれだけの支持を確保しているのは立派な話。

 とにかく法の中身の事よりも、圧倒的「戦争法案だ」「徴兵制度が復活するぞ」と言うことだけが喧伝される状況だからね。

 集団的自衛権と言うのがどう言うものなのか?とか、そう言うことなどを伝える事すらしない。
 世界の多くの国と言うより、ほとんどの国が普通に持っていて、普通に行使しているのが集団的自衛権。馬鹿は「スイスは使わずずっと平和を維持しているじゃないか!」などと言うが、そのためスイスは「国民皆兵」制度を作り、さらに、第2次大戦時には侵犯してくる他国の戦闘機などと空戦を行い、戦死者も出している事などみようともしない。

 無論、政府の説明がいまだ不十分であるのは言うまでも無い。ただしそこにはまったくまともな議論を深められるような質問すらしない野党の責任も大きいのだよ。例えば、銃弾の運搬に絡み、法理論上は核兵器なども運べるのか?と言う質問は参院で初めて行われた。衆院がいかに何にもまともな議論をしなかったか?という傍証となる。

 16日に採決と言う方向らしい。それを野党が阻むのならば、審議拒否などではなく、与党を追い詰めるような質問をして、とてもじゃないが採決にいけるような状況を作り出すべきだ。

 審議拒否は仕事の放棄。それを考えないと、いつまで経っても野党の支持率が合わせても自民党に届かないと言う状況が続く。

 で、おおさか維新の会、に対する期待感はそりゃ、こんなものでしょ。
 実績はないし、橋下氏には壊し屋のイメージも付いてきているし。

 良い意味で裏切って欲しいものだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
まあ、ひとことに賛成派といっても、パパさんのようにしっかり日本の事を考えた上で賛成されている方と、教組様が賛成と言ってるから賛成と表明してる某政党の信者の方まで、様々でしょう。もちろん反対派も同じ。
ただまあ、ますます反対派が増えている事は事実ですし、類似の調査でも「政府はしっかり説明していない」との意見は依然8割を越えていますね。国会の審議を通じてではなく、直接国民に理解を求めるべきだと思うんですが。
やはり「最悪のかたちでの成立」になるんでしょうか。
維新の方々は、安保法案より政治権力争いのほうが大事みたいですね。
このまま建築しても
2015/09/07 15:59
このまま建築してもさん、こんにちは。
どうも最悪の形で採決になりそうでうんざりしてます。
総理らはもっといろんな番組などに出て、必要ならば新聞にも寄稿して、法案の真意を伝える努力をすべきです。

好意的なメディアだけじゃだめですよ。古館に頓珍漢な質問受けながら、辛抱強く答える、それ位やらないと。

維新はこの大事な時期に権力争い。やはりまともな野党は有りません。
クルトンパパ
2015/09/07 16:53
連投ごめんなさい。
維新は、安保法案の対案を真っ先に出しましたよね。橋下のダメ出しを経て。少なくとも、東組も西組も自らが出した対案自体には意思統一がなされてるはずです。
ところが、たかが幹事長の選挙応援であっと言う間の分裂。分裂と言うか、西組の一方的な解党宣言。幹事長の行為は許し難いが、この法案の決着がつくまでは一時預かりとして、維新としてまとまって対応しようというのが責任ある政治家の行動ではないでしょうか。
個人的には、ゴ民主よりもっと信用できない方々かと思いました。
このまま建築しても
2015/09/07 22:27
維新は無理に統合したつけでしょうねえ。

対案に関して言えば、あれがきっかけだったような気がします。橋下氏はまったく納得しないまま、妙な妥協をした感じでしたから。

いつ分かれるか?だったのですが、それにしてもこのタイミングは無いなと思いますね。
クルトンパパ
2015/09/08 07:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
上等でしょう クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる