クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS これは無理だ(日本型軽減税率)

<<   作成日時 : 2015/09/10 13:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

財務省 消費税増税時の負担軽減策を与党に説明 年4千円を上限に還付

 消費税率を10%に引き上げるのに伴い、財務省が負担軽減策として導入を検討している「日本型軽減税率制度」が8日、与党に示された。制度案は、マイナンバー制度を活用して「酒類を除く飲食料品」の購入時に、増税分2%分にあたる「軽減ポイント」を付与。相当額を個人口座に振り込み還付する仕組み。また、税収減にも配慮し、還付金には年4千円程度の上限を設ける。

 財務省案によると、買い物をする際、来店客は消費税10%分を支払うが、レジで店舗側が飲食料品の購入額を専用端末に打ち込み、消費者が端末にマイナンバーの個人番号カードをかざすことで、負担軽減相当額をポイントとして、政府の「軽減ポイント蓄積センター」に記録する。生年月日などの個人情報は読み取れないようにする。

 ポイント分の払い戻しを受けるには、消費者はマイナンバー関連サイトから申請し、指定した本人名義の口座に還付してもらう。所得制限は設定しない方針だが、還付金には上限額を設ける方針。上限額は低所得者が1年間に消費する飲食料品の金額を参考に検討しており、1人当たり年4千円程度とする案が有力だ。

 制度案について、麻生太郎財務相は8日の閣議後会見で、「低所得者への配慮という軽減税率の基本的な特徴を兼ね備えつつ、軽減税率の課題を克服するというのが中核的なコンセプトだ」と説明した。

 一方、制度案を提示された公明党の幹部会合では、出席者から一定の評価の声はあったが、店頭会計時の負担や、実際に始まっていないマイナンバーの活用を前提とすることに強い懸念が示された。与党は10日にも検討委員会を開き、制度案をたたき台に議論を継続し、平成28年度与党税制改正大綱で制度の詳細を正式決定する。

iza 2015年9月8日(火)

 誰がどう考えても、このいわゆる「日本型軽減税率」は欧米などで実施されている軽減税率をやると1兆3千億円もの減収になるのを嫌がった財務省がひねりだした、ほぼ減収にならない、名ばかりの軽減税率をやろうとしているだけの話だ。

 麻生財相はクレジットカードを出すのと代わらないのだから、それほど面倒じゃないでしょ?と言うが、マイナンバーカードをまず、個々に申請して作らなければならないし、それを持って回ると言うのも面倒くさいと感じる人も多いだろう。

 また店側にしても、大規模店舗は大量に、個人商店でもとにかく1台は、そのマイナンバーカードを読み取り、蓄積センターに送る機器の設置をしなければならない。これは結構な負担になるだろう。

 しかも食料品だけを扱っているのならば良いが、アルコール類や日用品も同時に扱っていれば、食料品とそれ以外を選別し、蓄積できる新たなレジを設置していない限り、食料品とそれ以外を分けてレジ打ちする必要が出てくるでしょ?当然、微妙な商品も合ったりするだろうから、レジで客と店の問題が起きるのは避けられないだろう。

 それに加えて、還付されるのが当初案で4000円、修正案でも5000円。それをいちいち、こちらがインターネットを通じて申請しない限り、ビタ1文、還ってこないと言うことは、可能な限り、還付しない事が目的で考えられたシステムだろう。老人などには、インターネットをやってないものも結構いるだろうし、それ以前に、もし、予定通りに来年4月から消費増税が実施されたとして、それまでに蓄積センターは完成し、まともに稼動できるのか?さらに、マイナンバーカードを読み取り、センターに送る機器が各店舗に届くのか?と言う事も疑がわしい。

 と言う事はこれがこのまま実施された場合、システムが行き届くまでの間の還付対象の税金の全ては、財務省によって没収される事になるんだろう。

 で、もう一つ疑問があるのは、ネットショップや通販で買った場合、その際のポイントをどうするのか?だ。マイナンバーカードを提示するのか?誰に?ネットに自分の番号をさらせ、と言うのか?ネットスーパーで買って、カード決済などしてたら、いつ、どこでポイントが貯まるのか?

 これは無茶苦茶だと思うぞ。ヨーロッパ型が良いと思うのだよ。
 それをやれば商店の手間が煩雑になる、と言うが、すでに欧米で普通に実施できているものを日本人はできないはずが無いと思うが。

 以前、物品税の時もなんだかんだ、課税対象物とそれ以外を分けてやってたのだし。

 とにかく、非課税品、5%課税品、10%課税品、15%、20%課税品と分ければそれほどの減収にならんだろう。今一度考えなおすべきだ。

 大体、景気回復に関して言えば、足元がふらついている状態。とてもじゃないが、来春、10%に引き上げなどしたら、5%から8%に上げた時と同様の景気の落ち込みがやってくる。1年は先送りにして、その間にもっと良い方法を考えるべきだと思うけどねえ。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
残念ですが、本当に日本の劣化を感じますね。こんなバカげた案が検討されるなんて。個人的には珍しく怒りを感じています。麻生氏の「カードを持ちたくなければ持って行かないでいい。その代わり、その分の減税はないだけだ」なる発言が、怒りに拍車をかけています。お前は何様だ(笑)。
パパさんがおっしゃる通り無茶苦茶な案だと思います。
このまま建築しても
2015/09/10 17:29
これは明らかに名目だけ軽減税率を設けるが、実際にはやらないと言う財務省の宣言です。

こう言う小手先のごまかしじゃなく、出来ないのならば出来ないと理由をきちんと説明すべきなんですよ。
クルトンパパ
2015/09/11 07:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
これは無理だ(日本型軽減税率) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる