クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS マッチは使えんでしょ

<<   作成日時 : 2015/09/14 14:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     <現代の小学生>82%がマッチ使えず

 マッチで火を付けることができる小学生は、20年前の約3分の1−−。象印マホービン(大阪市北区)が実施した子どもの生活体験に関する調査で、マッチや缶切りを使えない小学生の割合が、20年前に比べて増えていることが分かった。

 調査は今年5月、首都圏に住む小学生の母親を対象に、インターネット上で実施。330人から回答を得た。同社は、同様の調査を20年前の1995年5月に調査票を用いて実施しており、今回の結果と比較し、発表した。

 調査によると、マッチを使える小学生は、全体の18.1%で、20年前の58.9%を大きく下回った。反対に「子どもにやらせたことがない」と回答した親は68.8%で、20年前(25.8%)の約2.7倍だった。

 また、「包丁でリンゴの皮をむくことができる」は10.1%(20年前は36.3%)▽「缶切りで缶詰を開けることができる」は、20.7%(同50.7%)−−にとどまり、いずれも6〜7割の親が「子どもにやらせたことがない」と答えた。「タオルを絞ることができない・子どもにやらせたことがない」との回答も計19.7%あり、20年前の計2.6%を大きく上回った。

 一方、「外でよく遊ぶ」79.7%(同67.9%)▽「泥だらけになって遊んだ経験がある」75.6%(同72%)−−などは20年前よりアップした。

 今回初めて設けた質問で、「自分専用の携帯電話やスマートフォンを持っている」と答えたのは小学生全体で29.2%、6年生では43.3%に上った。

 母親に、子どもの生活技術の習熟度を尋ねたところ、「平均的だと思う」との回答が59.5%(同54.3%)、「もっとさせないといけないと思う」は21%(同32.3%)だった。同社は「便利な道具が増え、体験の機会が減ったことが、マッチや缶切りなどを使える小学生が減った要因のひとつではないか」としている。


 使えるこの方が少ないのは当然の話。だって、我が家にもマッチなど無いし。

 我々の時代は当然、マッチしかないような時代だったから、子供も当たり前に使用してた。風呂もまだ、マキとか石炭だったし、それを沸かすのは子供の仕事だったりしたから、マッチが使えないではどうしようもなかったし。

 でも今の時代は、もっと便利な道具が一杯ある。ライターも当然あるし、風呂やガスコンロなども、スイッチ一つで出来る時代。キャンプなどやBBQでもマッチとか使わんでしょ?

 大人が使わないのに、子供が使えるはずが無いのだよ。

 それはナイフも同じで、我々の子供時代には、みんな「肥後の守」を持ってたし、それで鉛筆を削ってた。いろんな工作にも使ってたが、それもやがて禁止され、子供たちは刃物から遠ざけられた。

 確かに安全は大事。が、今の時代は行き過ぎたのかも知れない。
 わずかでも危険があれば、そこから子供たちを遠ざけ、さらに、今はそれに加えご清潔一本。

 日本の子供たちは多分、そうとうひ弱になってしまったのだろう。それで世界を相手に戦っていけるのか?将来が心配ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マッチは使えんでしょ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる