クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本気でうんざり、馬鹿国会

<<   作成日時 : 2015/09/17 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 どうやら昨日、理事会を中断するに当たり、今日の朝から再開する事を決めた。が、鴻池委員長は昨日、野党の横暴により理事会室に軟禁されたから、その二の舞を防ぐために、委員会室で理事会を開催する事にしたのだが、民主の陳哲郎事福山哲郎理事などが「理事会室でやると決めたじゃないか」と言うどうでも良い事に拘って、40分以上も揉め続ける。

 その後、鴻池委員長が「じゃあ理事会室でやっても良いが、また昨日みたいな軟禁はごめんだよ」と言うと陳哲郎らは「(自民党のように)キタナイ真似はしない」と昨日の暴挙を忘却したかのような事を言ってでた。で、10分程度理事会室で理事会が開催された後、やっと再開。

 直後、鴻池委員長に対する不信任案が提出され、鴻池委員長がその職責代理を自民党の佐藤筆頭理事に委託して退席。が、野党は委員長に委託する権利はなく、理事会で決めなきゃだめだ、と言い続け、与党はその権限があるとして佐藤氏が着席すると、その周りを野党議員が取り囲み、数の暴力をふるい続ける。

 あのさ、委員長が自分の不信任案が出た事により、委員長代理を誰に任せるかを決める権限があるかないかを何故、怒号が飛び交うような事で騒ぐのか?議会事務局がそこに居るのだから、確認してみれば、権限があれば佐藤筆頭理事が委員長代理をやれば良いし、権限が無いのならば理事会をやれば良い。怒号飛び交う暴力行為などやる必要はまったく無いと思うぞ。小学生でもわかる話だぞ。

 で、今は理事会室で協議中。と言っても、結局は与党理事が多いから、佐藤筆頭理事が就任するのは間違い無い。本当に時間の無駄。

 しかもなぜか委員会室の本来、委員以外は入れない場所まで、多くの野党議員が入っている。
 「ルールを守れ!」と罵声を浴びせている連中が、実はまったくルールを守っていないと言う馬鹿な話が続いている。
 
 本当に今この瞬間、国会に爆発物を投じるべきだと言う気になってしまう。

 全員揃ってやめさせて、位置から議員を選びなおすべきだが、わが国には民主主義がまったく根付いていない事がはっきりした以上、独裁国家のほうがよっぽどましなのかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分では一切ルールを守らない無法者が、ルールを守っている人に対して『俺が気に入らないから(俺が満足するように)ルールを守れと言う
 そんな奴らが国会議員
 さしずめ彼ら左翼にとっては『俺がルールだ!』なんでしょうね
 彼らには選挙権などキチガイに刃物、日本の国民を傷つけるだけです
 石器時代に帰れ
世界史は面白い
2015/09/17 13:11
山本太郎も張り切ってましたが、かれは委員ではあっても理事じゃないので委員長席に詰め寄れないんですけどねえ。

法を守れない連中が国会議員。恥ずかしい限りです。
クルトンパパ
2015/09/17 14:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
本気でうんざり、馬鹿国会 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる