クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 泥棒しないと中国が約束(爆)

<<   作成日時 : 2015/09/26 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

<米中首脳会談>「サイバー攻撃実行せず、支援せず」で合意

 【ワシントン和田浩明、石原聖】オバマ米大統領と、国賓として訪米した中国の習近平国家主席は25日、ホワイトハウスで会談した。両首脳は会談前にスピーチし、習氏が提唱する米中の「新型大国関係」を巡る双方の戦略問題で応酬を繰り広げた。会談後、両首脳は共同記者会見に臨み、オバマ氏は「どちらの国も知的財産を盗むサイバー攻撃を実行しないし、支援しないことで合意した」と述べた。ホワイトハウスによると、両国はサイバー犯罪について対策を話し合う年2回の高官級の対話メカニズムを創設する。両首脳の会談は昨年11月以来。

 対話メカニズムは、今年中に1回目の対話を行うとしている。また、共同声明で、中国が2017年に温室効果ガス排出量取引制度を創設し、米中が途上国向けに気候変動対策として各約30億ドル規模の金融支援を行う方針を明らかにした。

 首脳会談に先立ってホワイトハウス南庭で歓迎式典が開催され、21発の礼砲で習氏を出迎えた。その後、オバマ氏は「あなたも同意すると思うが、我々は率直に相違点を指摘しなければならない。米国は真実を語り続ける。企業が公正に競争し、紛争が平和的に解決され、全ての人々の普遍的人権が守られることで世界は進展をみる」と中国をけん制した。

 これに対し、習氏は「われわれは新型大国関係を正しい方向に進め、平和と尊重、協力を両国関係の主旋律とし、両国関係を健全で安定した軌道に乗せて発展させなければならない。戦略的相互信頼を増進し、相互理解を深め、双方の利益と関心事項を尊重すべきだ」と述べ、「新型大国関係」の推進を主張した。

 オバマ大統領は会談前、中国政府が支援するサイバー攻撃で米企業の知的財産が盗まれているとして、制裁も辞さない強い態度で中止を求めていた。一方、習氏は訪米初日の演説で関与を否定し、サイバー犯罪の抑止に向けた米国との「ハイレベル対話」を訴えた。米メディアは、両首脳は携帯電話網など重要インフラへのサイバー空間での先制攻撃禁止で合意する可能性があると報じており、双方が歩み寄れるかが焦点になっていた。

 南シナ海を巡っては、中国が周辺国と領有権を争う海域の浅瀬を埋め立て、3本目の滑走路を建設中と報じられた。アジア太平洋地域への「リバランス(再均衡)」を進める米国は南シナ海の「航行の自由」を主張し、中国が「領海」と主張する海域に米軍機や艦船を「進入」させる方針を表明するなど反発を強めていた。

 人民元の切り下げ問題では、米国内では「中国の『為替操作』が米国内の雇用を失わせている」との厳しい世論がある。だが、習氏は演説で「人民元相場が下がり続ける根拠はない。市場で相場が決まる改革を続ける」と反論、平行線をたどっていた。両首脳は人民元のほか、事務レベル交渉を加速させていた米中投資協定なども議論したとみられる。

毎日新聞 2015年9月26日(土)

 サイバー攻撃を中国はしないと約束。

 オバマもどうしようも無い大統領ではあるが、これを無条件に信用などしていないだろう。中国はこれからもアメリカなどに対するサイバー攻撃は仕掛けてくる。が、一応こう言う約束さえ交していれば、それに反したと言うことで制裁措置が掛けやすいというくらいの物なのだろうね。

 中国からしてみれば、アメリカがちらつかせる制裁など怖くない、と思っているだろう。
 すでにアメリカ経済は中国抜きでは成り立たないような状態だから、制裁などと言ってもたいした事にはならないと思っているはず。当然、軍事的措置などありえないことは、ロシアのクリミア編入が教えてくれたし。

 それに加え、首脳会談前にボーイングから5兆円近く掛けて、300機の爆買い。さらに、マイクロソフト、アップルなどのIT企業トップとも会談するなど、中国経済との関係を見せ付けたし。

 どうやら、アメリカ企業の中国進出を促しているようだが、それは考え物。
 中国は進出企業から技術を盗み終えれば追放するし、盗めないとなれば無理やり国有化する。それで泣いた日本企業など掃いて捨てるほどあるのだから。アメリカもご用心だ。

 ただ、アメリカも以前のようにもろ手を挙げての大歓迎、と言う形はとらなかったようだ。
 中国の度重なる要請を無視する形で、まったく同時期にローマ法王フランシスコを招待し、オバマ大統領が出迎え、習近平の出迎えはバイデン副大統領。

 さらに、最初の会談後の会見でも、両者ともに考え方の相違を言うなど、特に南シナ海をめぐるひそかなる争いを隠そうともしなかった。
 
 偶発的衝突を避けるための協議も行うようだが、これもあくまで自国領土だと主張する中国に対し、公海上だと言う主張を変えることなく、今後も艦船、航空機を進入させると言う表れだろう。もし、中国軍が以前、日本の護衛艦に対し行ったようなレーザー照射をすれば、まさしく一触即発の事態になりかねないのだし。

 中国が地球上を我が物顔で伸し歩けるのも、経済があっての話。バブルが崩壊したら、国が終わる。

 果たして来年まで持つかどうかだ。ただし、そうなれば、アメリカもそして日本もリーマンショックなど単なる戯れだった、と言うくらいの衝撃を受ける事になるだろうけどねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
そうなんですよねぇ。中国のバブルが崩壊すると、日本はハンパないダメージを受ける事は確実で、その意味では健全成長くらいにチェンジしてもらわないと。
正直、中国はバブルが崩壊しても立ち直れそうですが、日本はちょっと難しい気がします。
…いかん。つい悲観的ですね。
このまま建築しても
2015/09/29 22:11
このまま建築してもさん、おはようございます。
中国にしても北朝鮮にしても、とにかく現体制が何とか続く事が一番、良いような気がします。力をつけすぎないことが条件ですが。

中国が破綻したら、日本は真っ青ですよ。簡単に立ち直れません。インドなどにシフトチェンジを急ぐべきでしょうが間に合わない気がします。
クルトンパパ
2015/09/30 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
泥棒しないと中国が約束(爆) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる