クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 可哀想なインドネシア

<<   作成日時 : 2015/09/30 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

  インドネシア高速鉄道計画、日本の提案採用せず

 日本と中国が受注を競っていたインドネシア初の高速鉄道整備計画について、同国のジョコ大統領の特使として来日したソフヤン国家開発企画庁長官が29日、菅義偉官房長官と会談し、日本の提案を採用しない考えを伝えた。

 日本外務省によると、ソフヤン氏は「日中双方の提案は再検討が必要といったん判断したが、その後中国側からインドネシア政府の財政負担や債務保証を伴わずに事業を実施できる新たな提案があり、インドネシア側は中国提案を歓迎したい」とのジョコ大統領のメッセージを伝えたという。

 これに対し菅氏は、インドネシア政府が事業を「中速鉄道」として実施し、各国企業に参画機会を公平に提供すると説明していたとして「極めて遺憾と言わざるを得ない」と不快感を表明した。

 高速鉄道は、首都ジャカルタとバンドン間の140キロを結ぶ計画。日本は「新幹線方式」の輸出を目指していたが、中国側はインドネシア政府が負担する必要がない資金計画で売り込みをかけていた。インドネシア政府は4日、高速鉄道の計画自体を見直し、いったん日中双方の提案を不採用にする方針を決めていた。

朝日新聞デジタル 2015年9月29日(火)

 そら、インドネシア、中国を採用しますわ。

 国家的プロジェクトなのに、インドネシア政府の財政負担や債務保証を伴わずに事業を実施してくれるのならば、これは楽だし。

 日本としては通常の通りの要請をしたばかりに、弾かれたと言うこと。

 中国の高速鉄道もずいぶん、経験地を積んだから、上手く行けば事故を起こさないかもしれないのだし。

 中国としてはこの工事を請け負う事で、他国への売込みにも繋がるし、何より大量の中国国内の失業者をインドネシアに送り込んで、失業対策と同時に、インドネシアの中国化を進められるから、少々の損が出てもかまわん、と言うことだな。

 事故は起きたらその時の話。責任取るのは誰か別の人だし。
 
 ただし、これは絶対にインドネシアが損をする。中国人が大量にやってきて、インドネシア人は仕事もなく、国を荒らされた挙句、事故が起きるから。

 安物買いの銭失い、誰かこのことわざをインドネシア政府に教えてあげるべきだったな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
「世界に冠たる技術」も、政治が機能してない今の日本ではセールス出来ないんですね。暗澹たる気分です。トランジスタラジオのセールスマンと首相が揶揄されながらも、高度成長していた昔は良かった(古)。
インドネシアは、日本製のお粗末原発の購入すら検討してくれる(まともな先進国は、コアキャッチャーがないような原発の購入はあり得ない、というか法で出来ないそうですね)ような、安全よりコスト重視の国。もちろん私もパパさんと同じように、インドネシアは気の毒な国だなあとは思いますが、そういう国相手にどうビジネスをするかが国の能力。それがない訳ですね。
陰気な官房長官氏が、ナントカの一つ覚え的なネガティブコメントを出すのにはもう飽きました。
このまま建築しても
2015/09/30 21:00
このまま建築してもさん、おはようございます。
確かに政治力がと言う事もありますねえ。一度は双方白紙まで持って行きながら、そこから先、中国の動きなどを見切れていなかったんでしょうし。

原発はだめですが、高速鉄道は長い目で見れば確実に今は日本製が上なんですから、総理初めトップセールスをやらないと。

結構がっかりしてます。
クルトンパパ
2015/10/01 06:38
連投ごめんなさい。
ちょっとだけ(本当にちょっとです)鉄オタが入ってる私は、かなりがっかりしてます。いや、非常にです(泣)。少なくとも現在の、日本と中国の鉄道においての技術力の差は、控えめに見てもホークスの一軍レギュラーとイーグルスの二軍の控えぐらいの差はあると思います(遅ればせながらですが、ホークスVおめでとうございます)。
ウヨとかサヨとか関係ない、一般の日本人がふと心に誇りを持てることと言うのは「インドネシアでは日本の新幹線が走っているんだ」みたいなことなんですけどね。それこそ、自分の子供にも胸をはって教えられるような。
こういったプロジェクトは、最後は政治力が決め手となることはわかりきった事。ただそれでも負けるとは思ってませんでした。残念です。
このまま建築しても
2015/10/01 19:57
このまま建築してもさん、おはようございます。
この路線だけではすみませんからねえ。これから延伸して行く部分も、よっぽどの事が無い限り中国でしょうし。

それにしても、日本やヨーロッパから国内限りと言うことで技術を移植されながら、平然と契約を無視し、自国開発と言い切って売りまくる。

中国の厚顔無恥は驚くばかりですが、それはわかっていたのですから、日本政府も気を抜いたのが間違いでしたね。
クルトンパパ
2015/10/02 06:40
まあ交通機関の事故率は運用する人間の性質にもよるので、どうなるかは解りませんが中国製の高速鉄道なんて、いつか事故るのが解ってるチキンレースかロシアンルーレットみたいなもんでしょ。
 インドネシアはインドネシアで料金踏み倒して戦争になったりして(笑)
世界史は面白い
2015/10/02 16:13
パクリ技術を違法に輸出する厚顔無恥ぶり。
インドネシアはその最初ですから、まず間違いなく事故を起こします。それが早ければわが国には朗報となりますが、人身事故なら喜べませんけどね。

どちらにしても「親日国」と言う事に甘えていた政府のミスでせう。
クルトンパパ
2015/10/03 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
可哀想なインドネシア クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる