クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 県議会は別物なのに

<<   作成日時 : 2015/10/27 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     菅氏「一喜一憂せず」 枝野氏は…

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、自民党が前回より1議席減の27議席だった一方、共産党は倍増となる8議席を獲得した宮城県議選の結果について「地方議員の選挙だから結果に一喜一憂することはない」と述べた。同時に「民主、社民両党も議席を減らした」と指摘した。

 民主党の枝野幸男幹事長は国会内で記者団に、同党が2減の5議席だったことについて「潜
在的な支持層を掘り起こすため、もう少し早い段階で候補者を決め、準備しないといけない」と強調。共産党の躍進には「全体として与党に厳しい状況だった上、共産党候補の運動量が多かった」と分析した。

ZAKZAK 2015年10月26日(月)

 なんだかんだ言っても、自民党は第1党のままだし、無所属を加えれば単独過半数まであと1議席。公明が現有4議席を確保したから、過半数。

 記事にもあるように共産党は民主と維新の分を分捕った形。本当ならば、与党・自民党に対する批判の受け皿は、野党第1党である民主党であるべきなのに、それがまったく信頼されないから、県議会での野党第1党が共産党になっただけ。
 
 各紙の表題を見ると、自民が減少し、共産が躍進した!と言う感じだが、実際には与党は逆風下で勢力をなんとか維持し、共産が政権批判票を一手に集め、民主・維新・社民が惨敗を喫したと言うことだ。

 ただし、本来ならば県政と安保法制は直接的に関係しない。国防やTPPなどは完全に国政マターであり、それを理由に県議会でこう言う投票行動をするのはどうなんだろうね?

 これから4年間、宮城県議会では共産党が第2党。他の野党との兼ね合いなどを考えたら、果たしてこの選択が正しかったと言う事になるか?は相当疑問符がつくけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
県議会は別物なのに クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる