クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 南シナ海、緊張

<<   作成日時 : 2015/10/27 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米駆逐艦、中国・人工島12カイリ内に 中国の反発必至

 【ワシントン=吉野直也】米海軍のイージス駆逐艦が現地時間の27日午前、中国が「領海」と主張する南シナ海の人工島12カイリ(約22キロ)以内の海域で哨戒活動に入った。人工島の造成など南シナ海での活動を活発にする中国をけん制するとともに、同海域の安全保障で米国の役割を同盟国や友好国に示すのが狙いだ。中国が反発し、米中の緊張が高まる可能性がある。

 米国防総省当局者が26日深夜(日本時間27日午前)、日本経済新聞の取材に応じ、明らかにした。

 哨戒活動は「航行の自由」と名付けた作戦にもとづいて実施。同当局者は米駆逐艦は横須賀基地配備の「ラッセン」で、派遣先は南沙(英語名スプラトリー)諸島でのスービ(中国名・渚碧)礁、ミスチーフ(同・美済)礁と言明した。哨戒活動の目的に関しては「国際法に基づく日常業務だ。米国は航行の自由のために世界で活動している。海洋権益を過度に主張する国には対抗する」と説明した。

 スービ、ミスチーフとも中国による埋め立て工事前は満潮時に水没する暗礁で、米国は国際法上、中国の領海とは認めない立場だ。駆逐艦にはP8など米対潜哨戒機が同行している公算が大きい。米軍はフィリピンやベトナムに近い南沙諸島の岩礁周辺への軍艦派遣も検討中。「特定国を標的にしているわけではない」という政府の建前と辻つまを合わせ、対話による解決の余地も残す。

 米軍は今年5月以降、中国が造成する人工島12カイリ内に米艦船や航空機を送る考えを明らかにしていたが、ホワイトハウスが「待った」をかけていた。9月下旬のオバマ米大統領と中国の習近平国家主席との会談でも、習主席は人工島造成の中止要請を拒否した。

 オバマ氏はその直後、米艦船派遣を了承し、米側は関係国にその方針を伝達した。オバマ氏は26日のインドネシアのジョコ大統領との会談後の声明で「南シナ海での最近の進展について懸念を共有する」と指摘した。

日本経済新聞 2015年10月27日(火)

 ついに弱腰オバマが思い腰をあげたようだ。

 このまま南沙諸島での中国の勝手を許せば、いつの間にかなし崩し的に南沙諸島が中国の領土となり、南シナ海は中国の内海と化すのは間違い無い。そうなる前に、とにかく岩礁であるとアメリカなどが主張するスービ・ミスチーフ・ファイアリー・クロス礁は中国が言うような「島」ではない以上、その埋め立てによる領土主張は認められない事をあきらかにする必要が有った訳だ。

 と言う事でとうとう、中国が主張する12海里内にイージスを送り込む、と言う事になった訳だ。

 果たしてこれでどうなるか?だな。

 アメリカは当然、万全の体制で臨むだろう。万が一にもこれによって、米艦船が撃沈、あるいは拿捕などされたら国民に対し言い訳ができない。対潜哨戒機だけじゃなく、原潜も同行するのだろう。

 一方中国も対応に苦慮する事になる。米艦に自由に航行させていては、当然、領海主張を続けられなくなる。ひいては、岩礁であり島ではない、と言う各国の主張が正しいとなりかねない。毅然と米艦を排除する方向に行く必要がある。

 だが相手は世界最強のアメリカ海軍であり、万が一にも偶発的交戦状態が勃発などすれば、とてもじゃなく大変な事になる。

 何もしなければ領土・領海主張が崩れ去り、米艦を阻止に動けば本当に戦争になりかねない。
 はたしてどうするのか?

 クリミア併合時にきちんとした対処をしなかったため、ロシアの好き勝手を許してしまったアメリカとしては、中国に対しても同様に弱腰になる訳には行かないと言うことだろう。

 なんとしても実戦、これだけは避けて欲しい物だよ。世界平和と経済の安定のためにもね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南シナ海、緊張 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる