クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田、トチ狂う

<<   作成日時 : 2015/10/28 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

民主・岡田代表 シールズとの共闘に意欲 「新しい芽、良い関係築きたい」

 民主党の岡田克也代表は27日の都内での講演で、安全保障関連法の反対運動を展開している学生グループ「SEALDs(シールズ)」について「新しい芽が出てきた。非常に注目している」と持ち上げてみせた。その上で「お互い尊重しながら良い関係を築いていきたい」と述べ、安保法反対を旗印に今後も連携を続けていく考えを示した。

 「安保法が成立したが、それで彼らの動きが鈍るという感覚はない。引き続き集会や街頭で学生が訴えている」とも指摘。民主党として来夏の参院選をにらみ、シールズとの共闘路線を維持することで、安保法反対の世論を喚起し続ける狙いがあるとみられる。

産経新聞 2015年10月27日(火)

 岡田、とうとういかれたか?

 SEALDsと共闘?あの異常者の団体と?

 しかもあの熱気はいまや昔。どんどん、縮小し続けていて、今残って活動しているのは、思想が相当偏っていて中核派と連携しているような奴か、いまだ法の中身も理解しないまま、感情的に動いている連中だけのグループと、野党第1党が連携して何をするつもりなんでしょうかねえ?

 そんな事よりだ、松本元外相が指摘したように、本来、民主党が主張していた部分まで、全部まとめて安保法制だと言うだけで反対に回る今の執行部はその方向を考えないと、これからも離党者が続くぞ。

 ついでに言うと、産経新聞が指摘するように維新の党などとは政策の一致を前提として連携を模索するのに、まったく、外交・防衛の思想が違う共産党とは無条件に連携しようとするその姿勢も、とてもじゃないがまともな国民の支持が得られるようなものではない。

 まじめな話、民主党、岡田執行部をクーデターでも起こして追放し、まともな野党、本当に再び政権を奪還する事を目指す、そう言う方向に変わらないと、このままジリ貧だぜよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
SEALSは新しい芽と言うより全共闘時代の産廃でしょう
マスゴミからの偏向・ねつ造を真に受けて、情報の整合性を確かめず暴走した馬鹿
その目的のために他人の迷惑も考えないあたりがソックリですね
間違ったことを言って世間様に迷惑をかけているのにマスゴミにヒーロー扱いされて調子に乗ってるピエロな所も似ています
そりゃ同類だから批判は出来ないよな
世界史は面白い
2015/10/28 13:34
世界史は面白いさん、こんにちは。
SEALDsは全共闘の焼き直しですね。実際問題、あそこに参加していた世代で一番多いのは全共闘世代だし、支持政党は共産党でしたから。

せっかく何かに目覚めたのだろうから、どうか自分の頭で考えると言うことを次は覚えて欲しいものです。
クルトンパパ
2015/10/28 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡田、トチ狂う クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる