クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田、日和る

<<   作成日時 : 2015/10/30 08:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

  岡田氏「民共政府」拒否、選挙協力は模索継続

 民主党の岡田代表が、共産党が掲げる連立政権「国民連合政府」構想を拒否する姿勢を強めている。

 共産党との共闘路線に反発する党内保守派の突き上げに配慮したとみられる。ただ、来夏の参院選での共産党との選挙協力を模索する姿勢は崩しておらず、党内の火種は残りそうだ。

 岡田氏は29日の記者会見で、「(選挙協力の)前提として国民連合政府が条件になると難しい」と語り、事実上、政権構想の撤回を共産党に求めた。28日の講演では「政権構想の前提を外さないと(選挙協力の)話は進まない」「政策に相当開きがあり、有権者に説明できない」と語った。

 これまでは共産党との着地点を見いだせるとの期待も込め、「志位委員長は信頼している。いい結論に至るのではないか」と配慮も欠かさなかったが、ここへ来て「構想拒否」の姿勢を前面に打ち出し始めた。

読売新聞 2015年10月29日(木)

 もしかしたら岡田は本気で、共産党と「国民連合政府」を作ろうとしていた気がする。
 
 「反安保法制」の一点で共闘し、それを廃止できた段階で国民に信を問うと。
 そうすれば、もしかしたら政権を奪還できて、自分が総理になれるんじゃないかと。

 今日本に、暫定政権など作っている余裕はまったく無い。必要なのは当然、本格政権であり、外交・防衛・財政など一本化できている政権以外、まったく必要無いと言うより作ってはならない。

 が、さすがに党内からもあの共産党と共闘する、と言う事に対し、批判が出てきて、離党者まで出た。
 このまま、共産党との共闘に前のめりになれば、さらに離党者が出る可能性を見て、ついに連合政府は断念したと言うことだろう。

 それでも選挙に勝つためにはなりふり構わず、共産党まで含めて全野党共闘をやろうとしている。

 しかし国民は馬鹿じゃない。全部の国民がSEALDsのように無知じゃない。それをやれば、そこに組しないおおさか維新に票が集まるかもしれないし、あまりの野党の低レベルに自民がまた圧勝する可能性すらある。

 などと書いてきていまさら言うのもなんだが、民主にはきちんとした芯が無いから、本当は共産党だろうが生活だろうが、必要ならば中核派だろうが組めるそう言う政党なんだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
民主党とは政治的な理念と恥を捨て去ることができるなら、恐らくどんな党とでも合併できますよ
 そんなものは政党じゃなくて詐欺師集団ですけど
 政権を盗るためなら何をしても良いし、何をやっても正当化されるし、法も無視できる
 それが社会党系のクォリティ
世界史は面白い
2015/10/30 16:16
政権奪取だけで集った烏合の衆ですしね。

民主がまともにならないと自民が腐るんで困るんですよ。政権をがっちり担当しうる野党があって初めて与党に緊張感が生まれるんですから。
クルトンパパ
2015/10/30 16:24
こんにちは。
本当に主張したいことがなくて「オオカミガキターオオカミガキター」と、国民をアオる事でしか支持を得る方法がなかったゴ民主をはじめとしたバカ野党の限界がありますね。
狼少年は、本当に狼が来た時に誰にも信じてもらえませんでした。残念ながら現在の安倍内閣は、自分に都合の悪い時には国会の開催を拒否するという「民主主義みたいな」どころではない「民主主義ですらない」政府です。歴代の自民党政権の中でも、こんな政府はちょっと記憶に浮かびません。なのに野党は信じてもらえない(嘲笑)。
私もパパさんと同じく、現在の日本の追い詰められた状況を考えたら、通年国会でも良いのではと思うくらい国会は働かなければならないと思ってましたが(特に現在は審議すべき事が山積しています)、本日の自・民の国対委員長でも自民は逃げ回っているみたいで、これは本当の民主政治の危機ではないかと。
民主集中性を採る共産は最も民主主義から遠い存在ではありますが、政府がここまでの暴挙に走るならば野党は「参院選に限っての協力」は仕方ないと思います。
おそらく多くの国民の本音は、安倍内閣は退陣してもう少しましな自民党政府に出来て欲しいではないでしょうか。
このまま建築しても
2015/10/30 19:05
このまま建築してもさん、おはようございます。
安倍政権の迷走を加速させているのは、野党のだらしなさです。野党がしっかりすると与党はそれ以上にしっかりせざるを得ない。

が、追い詰めてくる野党がいなければ与党はどうしてもだめになります。

あとは国民ですが、その国民が事の本質を見ようとせず、うわべだけの情報で騒ぐ。

戦後70年、日本にはいまだ真の民主主義は根付いていません。
クルトンパパ
2015/10/31 07:00
みなさん、何を言ってるのですか?
 共産党を軸として民主党、そして『何とかと、おかしな太郎のなかまたち』・・・で連合政府を樹立して、党首に鳩ポッポを迎え入れるんですよ。
 早く、早く、早く!
 そうすると、十年後には、すべての日本国民はシナの言葉を話しているでしょう。
 バンザイ!
ひょっとこハム太郎
2015/11/08 21:17
 シールズ(アルファベット変換はめんどくさい)って、まだデモやってますよねぇ。
 あんだけデカイ態度で、大口叩いたんですから。
 ず〜っと、ず〜っとやってくれなきゃ!
 
ひょっとこハム太郎
2015/11/08 21:30
SEALDsだけじゃなく、高校生などの反安保活動は小さくても大きく報道されますが、その勢いが徐々に失われている事は決して伝えられない。

別にかまいませんけどね。
クルトンパパ
2015/11/09 07:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡田、日和る クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる