クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 翁長、手段を選ばず

<<   作成日時 : 2015/10/13 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

   沖縄・翁長知事、辺野古埋め立て承認取り消し

 沖縄県の翁長雄志知事は13日午前、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設で、公有水面埋立法に基づく辺野古の埋め立て承認に瑕疵(欠陥)があったとして承認を取り消す手続きを行った。午前10時からの記者会見で正式表明する見通し。

 防衛省は同日中にも同法を所管する国土交通相に取り消し処分の効力停止と処分の取り消しを求める行政不服審査を申し立てる。1週間程度で効力停止は認められる見通しで、防衛省は移設作業を進め、工事にも着手する。

 翁長氏は取り消しの効力が停止されると、効力確認や工事差し止めを求める訴訟を提起し、防衛省との法廷闘争に発展する見通しだ。

 防衛省による辺野古の埋め立て申請は、一昨年12月に仲井真弘多前知事が承認している。翁長氏は、昨年12月の就任後に設置した県有識者委員会が承認手続きの法律的瑕疵を指摘した報告書の内容に沿い、埋め立て承認を取り消した。

 取り消しの理由は、自然環境破壊と騒音被害、基地負担の固定化などの観点から、辺野古沖を埋め立てて普天間飛行場の代替施設を建設することは公有水面埋立法が規定した適正で合理的な国土利用との要件を満たしていないと指摘。辺野古沖周辺の生態系保護など環境保全措置も不十分で、同法の要件を充足していないとも結論づけた。

 8月10日から9月9日までの1カ月間の政府と県による集中協議の終了後、防衛省が辺野古沖で移設作業を再開したことを受け、翁長氏は9月14日、埋め立て承認を取り消す方針を表明した。

 翁長氏は取り消しに向けた手続きも進め、防衛省の見解を確認する聴聞を10月7日に行うと通知した。防衛省は聴聞出頭の代わりに9月29日、「埋め立て承認に瑕疵はなく、取り消しは違法」と主張する陳述書を提出。県は10月7日に聴聞手続きを終了した。

産経新聞 2015年10月13日(火)

 承認に瑕疵があった、と言うが、それはまず無い。
 当然、仲井真前知事の退任前の事であり、次は異常者がなる事が決まっていた段階だから、取り消しに値するほどの瑕疵があれば、それ以前になんとか修正したはずである。

 今回の有識者会議の報告書は承認を取り消すため、瑕疵が有ったと言う前提で行われたものであり、当然、公平な目で見られたものじゃないのだから、これから行われるだろう、裁判で国側が負ける可能性はほぼ無い。

 少々あやしいくらいならば、日本の司法は政治的判断を優先させるものだし。

 それにしても翁長、県議時代には時の太田知事が訪米し訴える事を無駄であり、国にエネルギーは向けるべきだと批判しながら、自分は10日間の外遊をなさるし、太田知事に続く稲嶺知事に対しても普天間飛行場の移設問題を取り上げ、「私たちがなにゆえにこの県内移設を早期にやらきゃならぬかという見地に立ったのは、県全体の立場に立っての危険性の軽減であります」と言う発言をしていた訳で、どこでいつ、どう言う経緯で考え方を変えたのか?の説明をすべきだと思うけどねえ。

 これは結局、国交省が工事続行を認めるし、先に書いたように最終的に法的判断が出たとしても政府の勝ち。さらに最高裁までやってるうちに埋め立ては完了する。

 こう言う事に無駄なエネルギーを使うより、更なる基地負担削減と地位協定の見直しを政府に迫るほうが遥かに現実的であり、県民のためになる。

 何を考えているのか知らんが、政治家は理想を語るのも大事だが、特に首長は現実を見ながら、地元のためにより良い方策を探す、それが一番大事なんだと言うことすらわかってない馬鹿な知事だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
翁長って一応自民党でしたよね?
まあ地方の首長なんざ実際は関係ないんですけど
 なんと言うか民主党と同じで声の大きいだけの一部の衆に迎合するだけの馬鹿?
 普天間基地周辺に住宅街が後からできたから、基地が出て行こうってだけなのに、移設が嫌ならそのまま普天間に居座り続けるだけでしょうに
 反対派の行動を見てどっちがまともかぐらい解りそうなものでしょうが
 沖縄に在日米軍基地と自衛隊の基地があるのは、地政学的にしょうがない
 日本は基地を置くことで『沖縄を見捨てない』って表明してるんだよ
 ちゃんと補償金を払った上でな
 九州に基地を置いても、スクランブルするまでに何人沖縄の人間が死ぬか想像できないのか
 翁長は仮に特亜が攻めてきたら『日本政府のせい』って言うだけなんでしょうね
世界史は面白い
2015/10/13 16:39
世界史は面白いさん、おはようございます。
翁長って一応自民党<元はそうですね。
自民県議時代の発言と今の違いについて、もっときちんと説明すべきでしょう。なぜ考え方がここまで変わったかを。

中国が侵攻してくれば翁長はその先達となるんでしょう。
クルトンパパ
2015/10/14 06:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
翁長、手段を選ばず クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる