クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 当然の話<韓国、自衛隊緊急入国許可>

<<   作成日時 : 2015/10/15 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  韓国首相「必要性あれば自衛隊の入国許可する」

 【ソウル=宮崎健雄】聯合ニュースによると、韓国の黄教安(ファンギョアン)首相は14日、国会答弁で、朝鮮半島有事の際に邦人保護で日本から自衛隊の受け入れを要請された場合について、「日本と協議して必要性があると認めれば入国を許可する」と述べた。

 集団的自衛権の限定行使を可能にすることなどを盛り込んだ日本の安全保障関連法の成立後、条件付きながら韓国政府が自衛隊受け入れについて具体的に言及したのは初めて。

 韓国では自衛隊が朝鮮半島で活動することへの抵抗が強く、同法成立の際も「韓国の要求・同意がない限り、(自衛隊の韓国領での活動は)容認されない」と述べていた。答弁の中で黄首相は「(自衛隊の入国は)韓国が判断し、必要な範囲でやむを得ない場合だけで、基本的には許可されない」とも強調した。

読売新聞 2015年10月15日(木)

 何を言っているのかわからない。

 これはどう考えても半島有事の場合でしょ?邦人保護のためには危険すぎて、民間では無理である以上、当然、自衛隊が保護に向かう以外に無い訳で、それを「日本の自衛隊は嫌いだから来ちゃだめだよ」などと言っては、韓国のために戦おうと言う各国の支持も得られなくなる。要するに別にこれは、日本のためと言うより、韓国生き残りのための方策なのだよ。

 ただし、護衛艦には旭日旗は掲げるな!とか言いそうだけどね。

 当然、それ以外、自衛隊が韓国に行く事など無い。韓国に大災害が起きたとしても、自衛隊は行かない。行くのは消防関係だろうなあ。自衛隊、嫌いだって言われるし。

 とは言え、半島有事など起きない気がするけどね。韓国は経済的にとてもじゃないが、北を統一などできる状況じゃないし、北は北で恫喝外交はやれても、実戦をやるには武器も弾薬も、何より食料、燃料が不足しているし。

 あの地雷事件のような偶発的衝突があったとしても、それ以上には発展しないし。

 あんまり自衛隊が韓国で活動する事など心配しなくても良いと思うけどなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
こういう言い回しをするのが、半島の方の卑怯なところではないかと思います。
以前ちょっと書かせていただいたように、韓国の反日カルト統一教会(世界日報)は、自民党の政調部会の議員を呼んで、安保法制の素晴らしさを説く講演会を開くほど「期待」してます。本国での統一教会は、財閥として指導者層に影響力強いですからね。
彼らがどんな場合を想定して「期待」するかと言ったら、やはり半島有事ですよね(それ以外に統一教会が安保法制を支持する理由が思いつきません)。ところがその本音は隠しつつ、邦人保護、なんて特殊なケースを持ち出して「許可してやる」と言わんばかりの物言いをする。うんざりです。
「日本にお願いして、万が一のケースで万が一来ていただけたらこの上なく感謝します」というべきですよね。
このまま建築しても
2015/10/15 23:57
このまま建築してもさん、おはようございます。
これ、韓国内では問題発言だと騒いでいるようですねえ。頭がおかしい連中が、日本軍が攻め込んでくると。

本音は自衛隊など絶対いやだが、北朝鮮が攻め込んできたら、自衛隊にも助けて欲しい。

邦人保護だけじゃだめだよ、と言うことなんでしょうが。
クルトンパパ
2015/10/16 07:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
当然の話<韓国、自衛隊緊急入国許可> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる