クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主解党要求

<<   作成日時 : 2015/11/12 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「民主解党」岡田氏に要請へ=前原、細野、江田氏が一致

 民主党の前原誠司元外相と細野豪志政調会長、維新の党の江田憲司前代表が11日夜、東京都内のホテルで会談し、野党再編に向けて民主党が「解党」を決断すべきだとの認識で一致した。

 自民党に対抗し得る野党勢力の結集を一気に進めるのが狙い。前原氏らは近く民主党の岡田克也代表に申し入れる見通しだ。

 民主、維新両党は合流を視野に政策協議を進めているが、維新分裂の影響もあって停滞気味だ。維新の松野頼久代表は、民主、維新の双方が解党した上で合流すべきだと主張。これに対し、岡田氏ら民主党主流派は党の再建を優先し、解党に慎重な立場を崩していない。

 民主党内でも若手を中心に解党論が出ているが、前原氏ら保守派が表立って解党を求めれば、党内の路線対立が深刻化し、岡田氏の求心力低下につながる可能性もある。
 
時事通信 2015年11月11日(水)
  
 まじめな話だけどね、これは最低限、すぐにもやらないと話しにならない。

 今の民主党には誰も期待していない。期待されていないから、迷走している感じが否めない安倍政権の支持率が上がったりするのだよ。

 特に維新の党の代表はじめとする維新系は今回離党した大阪系を除くと、ほとんどが比例組。
 比例当選議員は、比例当選した時に存在していた政党には移れないと言う規定があるだけに、今の民主党と合流したくてもできない。一度解党してもらって、その後民主と維新が合流した新たな政党を作るしかない訳だ。その名前は民主党でも良いから。

 江田が加わっていると言うことは、そう言うことだろう。前原、細野も政界再編論者だし、あとは岡田執行部のやる気次第。維新を飲み込んでますますでたらめな政党になるとは思うが、共産党と共闘するよりは遥かにましな選択だと言える。

 維新も大阪系が分離しただけに、この際民主も輿石、赤松、辻本ら旧社会党系を排除してすっきりした形を作ったほうが良い。もしかしたら、その後、しばらく混乱して夏の参院選には間に合わないかもしれない。

 だが、本番である衆議院選挙までにきちんとした政党になれば、それこそ政権交代すら視野に入る。当然、政権交代をしようとすれば、以前の民主のような体たらくでは国民は納得しない。きちんとした政策を掲げ、同じ方向を向いた党員で一丸となればやると良いと思うぞ。


 無理だろうけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主解党要求 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる