クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり共産党は異常だ

<<   作成日時 : 2015/11/13 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

日本女性の名誉を守る正当な抗議を非難する不思議な共産党議員

 先日、驚き、且つ、呆れた事件があった。

 国連特別報告者のマオド・ド・ブーアブキッキオ氏に関する件だ。

 日本中に衝撃が走ったのは、ブーアブキッキオ氏が「日本の女子学生の30%が援助交際をしている」と発言していたと報道されたからだ。これでは、およそ女子学生の三人に一人が「売春」しているということになり、この問題こそ、日本が取り組むべき喫緊の課題という話になるだろう。

 だが、常識的に考えて、この数字は、異常だ。

 実際に確認を求めたところ、30パーセント」は誤訳で、13パーセントだったという。だが、これでも異常に高い数字だ。そもそも、いかなる調査に基いた数字なのかが明らかではない。

 こうした事態を受けて、外務省が動いた。国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に抗議し、発言撤回を求めたのだ。

 その結果、11月11日、特別報告者であるマオド・ド・ブーアブキッキオ氏から「13%という数値を裏付ける公的かつ最近のデータはなく、誤解を招くものだったとの結論に至った」という趣旨の書簡が日本政府に届いたという。

 ああ、誤解が解けてよかった、と多くの日本国民は思ったはずだ。

 だが、こうした日本政府、外務省の功績に関して、何が何でも批判しないと気が済まないという変わった政治家がいる。

日本共産党のさいとう和子議員だ。

 さいとう議員は、日本政府が国連に抗議したとの報道を引用しながら、次のように呟いている。

 撤回を求めるなら日本政府がきちんと調査すべきです。実態をきちんと明らかにする責任は日本政府にあると思うのです。

 これはおかしい。確かに、日本政府が調査すべき問題なのかもしれないが、今回問題となっているのは、全く事実に基づかない数字が独り歩きしないための措置であって、一刻を争う問題のはずだ。事実に基づかない誤った報告を、国際社会が事実であると受け止められてしまってはならない。だから、政府は即座に対応したのだ。

日本の女性の名誉を守るための行為ですら、糾弾する。これはおかしな行為と言わざるを得ない。

プロフィールをみると次のように書かれている。

 憲法9条をこよなく愛し、人を殺すことを正当化する戦争をする意味がわからない。

 多くの国民は戦争を望まない。だが、平和を愛するだけでは、戦争を防げない。異常な軍拡を続ける中国に対して、抗議するのなら理解できるが、いつでも日本政府を糾弾し、中国政府のチベット侵攻等々、南シナ海における力による国境変更には口をつぐむ。チベットの人々は平和を望んでいたが、十分な安全保障体制が構築できていたなかったため、侵攻され、平和は蹂躙された。

 いつでも日本政府を糾弾すればよいというものではない。今回の国連に対する抗議は政府の功績であって、多くの日本国民はこうした抗議を支持するだろう。

2015年11月12日 岩田温 http://blogos.com/article/144228/

 本当に異常なことを平気で発信するのが共産党。

 岩田氏が言うように、今回、ブキッキオがまったく何の根拠も無いまま、13%の日本の女学生が売春婦になっていると世界に向けて発信したのを、ゆっくり待ってなどいたら、それが世界に正しい情報として流布する前に、すぐに政府が訂正を求めたのは当然の話。

 馬鹿か?と言う意外に無い。なぜでたらめを言ったものを訂正するのが日本政府の仕事なのか?
 当然だが、政府としても馬鹿な女子生徒売春婦たちがどのくらいいるかをきちんと把握する必要はあるが、根拠も無いまま放言したやつに対し、すぐに訂正を求めるのは当然であり、また、これが正しいと向こうが主張するのならば、その根拠を示すのはあちら側の仕事。

 このさいとう和子なる馬鹿な議員は、とにかく政府が何かやると反対する事が正しい事だとでも思っているのだろう。今回の政府の対応は、日本の女性の名誉を守るための果断なる処置であり、女性を支援するものならば賛同すべきだが、この馬鹿な議員は日本女性が貶められる事を望んでいるのかだ。

 憲法9条をこよなく愛し、人を殺すことを正当化する戦争をする意味がわからない。と言う部分も愚か者のたわごと。
 異常者でない限り、戦争を肯定などしない。そして、憲法9条があろうがなかろうが、戦争から逃げる事はできない。日本には憲法9条があるから戦争しない、などと誰も考えない。

 戦争を避けるためには、必死の外交努力といざと言う時には手痛いしっぺ返しができるだけの力を持っている事。そして、万が一の事態に共に戦ってくれる仲間がいることだ。

 観念だけで平和が守れるのならば、世の中こんなに簡単な話は無い。また、馬鹿が言うように攻め込まれたらおとなしく降伏し、その後交渉をすれば良い、などと言うのも完全に平和ボケのたわ言。岩田氏が書いているようにチベット、ウイグル、そしてかつてのクエートが侵攻されてどうなったかを考えたらわかるでしょ?

 こう言う思想を持っている共産党と岡田は組みたいらしい。こいつらよりは維新のほうがまだましだと思うぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 国連とかで日本の未成年に対する性行動への批判なんぞ、クソですよ。
 どうも、どこかの国が『日本の国は性行動が異常』だという事を植え付けたいよいうで、何年か前に毎日新聞の英語版のコラムで『日本の男子受験生は母親に抜いてもらっている・・・』というふざけた記事を載せて大ブーイングを喰らってました。
 日本では法律で規制されていないだとか云々言いますが、じゃあ、そんな法律もなかった、もっと昔は日本異常な性を楽しむ人間であふれかえっていたことになる。
 じゃあお前たち欧米諸国で行われる異常な近親相姦の事件だとか、何年も監禁して、近親交配をさせる、そういう異常な事件はどっからくるんだよ。
 どう考えても、昭和以降にお前らの異常なクソみたいな生活様式が日本に入ってきたからだろ。
 と、いいたいですね。
 コリヤア、どこかの国の仕業かもしれませんよ。売春や女性への暴行の酷い、どこかの国。
ひょっとこハム太郎
2015/11/14 05:55
 シールズ、共産党、民社党って、当然、チベット人を虐殺しているシナや、空爆で人殺しをしているロシアの大使館前で『人間の鎖』とか、リーダの顔写真にちょび髭つけてヒットラーの顔に見せたプラカードつけて抗議したりしてるんでしょうねぇ。
 だって、じゃないと。
過去の不幸な出来事は批判するが、今現在起こっていることには抗議しないという不思議なことになってしまいますから。
 ちなみに、70年前の不幸な出来事より、ベトナム戦争で起きた虐殺や婦女暴行は問題にならないのでしょうか?
 不思議なんですけれど。
ひょっとこハム太郎
2015/11/14 06:07
確かに第2次大戦中のことを言い募りますが、ベトナム、チベット、バルト3国などで何があったかを追求はしませんね。

それ以前にお隣は日本にいろいろ言う前に、北の同胞の凶悪犯罪を追及すべきでしょう。
クルトンパパ
2015/11/14 07:18
パパさん、おはようございます
 私の近所の民主党支持者が同じようなことを言っているので民主党と共産党が組むのは意外と簡単だと思います
 朝日新聞を支持する理由が『政府を批判するから』でさいとう和子なる議員と言ってることが変わりませんから
 彼らがマスゴミの洗脳による被害者だったとしても今更洗脳が解けることはないでしょう
 恥ずかしくて自殺ものですから
世界史は面白い
2015/11/16 08:20
世界史は面白いさん、おはようございます。
それは変な奴がお近くにいらっしゃるんですねえ。

共産党はどうしても与党にしてはいけない政党です。そこと組もうと言う発想、それだけで岡田はアウトです。
クルトンパパ
2015/11/17 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり共産党は異常だ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる