クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ISILとの戦争、激化へ

<<   作成日時 : 2015/11/17 08:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ISが新動画、米国と有志連合参加国への攻撃を警告

 過激派組織「イスラム国」(IS)は16日、米国の首都ワシントンを標的にするなどと脅す2種類の動画をインターネット上に投稿した。パリの同時多発テロを「勝利」とアピールし、米国とその有志連合に参加する国々への新たな攻撃を予告している。

 サラフディン(イラク中部)発とする動画は11分41秒。パリの事件直後の現場付近を映したとみられる映像が流れる。男が複数登場し、「我々はカリフ(預言者ムハンマドの後継者)の戦士だ」「預言者のために復讐(ふくしゅう)すると誓う」などと語る。このうちの一人が「十字軍に参加している国々に告ぐ。フランスの中心地パリを攻撃したように、我々は必ず米国の中心地ワシントンを攻撃する」と語る。

 もう一つの動画はキルクーク発としている。動画は6分14秒。戦闘員とみられる男たちが「我々は、今回の偉大な勝利で世界中のイスラム教徒を祝福する」と述べた後、フランスを名指しして「お前たちはイスラム教徒やISを攻撃しても、イスラム教徒が何も行動を起こさないと思っていた。だが神のご加護で我々は今回の攻撃を成し遂げた」「フランスがイスラム教徒の国々の上空を飛行する限り、フランス人に休息の時はない。よりひどい報復を受ける」などと語る。

 さらに、この動画でも「米国に住む者は誰であろうが平和を享受できないだろう。有志連合に加わる国々も平和ではいられない」と警告している。

 またイスラム教徒に向けて「あなた方の兄弟が成し遂げたように、どこにいても不信心者を攻撃せよ」「どこにいようと十字軍の不信心者を標的にせよ。あらゆる手段で殺せ」と呼びかけた。

 この動画にも、パリの同時多発テロの現場を映したニュース映像が含まれている。だが、いずれの動画も戦闘員らを撮影した撮影日時や場所は不明だ。

朝日新聞デジタル 2015年11月16日(月)

 実際にはどうやら、ワシントンを攻撃するだけの力は無いらしい。もし本当に持っているのならば、パリより先にワシントンをやっただろうから。

 が、これから当然、ワシントンに限らず、全米各地、あるいはアメリカの在外公館などを狙ったテロは起きる。
 無論、日本も例外ではない。空爆を行っていない分、実施国よりは狙われる可能性は低いだろうが、支持を表明している以上、ISILの敵となっているのは間違い無いのだから。

 特にこれから来年の伊勢志摩サミット、19年のラグビーワールドカップ、そして20年には東京オリンピックと言う国際的な行事が目白押しである以上、日本も確実にターゲットになっている。それは別に安倍総理が難民支援を表明した事とは無関係。
 
 自由と民主主義を守る国際社会の一員であり、また、世界第3位の経済大国である以上、かならず標的となる。

 不安なのは、他国のように警察に加え、軍が警備に就く事に対し非常に高いハードルがこの国にはあると言うこと。確かに、機動隊などの力は高い。だが、ISILとの戦いは戦争である以上、自衛隊も含めた警備体制の構築が必要だと思うけどねえ。

 それとなんと言っても日本の場合、新幹線、さらに満員の通勤電車などが狙われたら、現状では防ぐ体制はほとんど出来ていないと言って良い。まず大事なのは、水際でテロリストの侵入を防ぐ事だが、今の時代は日本国内で醸成されたテロリストもいるだけに警察などだけではなく、国民全体が警戒する目を持つ必要があると言うことだろうなあ。

 彼らの本拠であるイラク、シリアではどうやら本拠地などを奪われ、徐々に追い詰められつつあると言うだけに、それを国際テロでなんとか挽回しようと言うことのようだ。

 日本も決して例外じゃないし、馬鹿が言うように安倍総理だけを狙ってくれることも無い。
 そう言う時代になっていることを、平和ボケしているわが国の国民も認識しないと大変な事になると言うことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
このISですが。
一体、何物なのでしょうか。
 国連の核保有、五大国。
 安保理。
こういう場合、どこかの国と裏でつながっている場合がほとんどですが、どうも違うようで。
 この腐った、第二次大戦後の世界支配体制に反するという点では大賛成ですが、やり方が残忍すぎます。
 日本でのオウムのように、それは、宗教ではなくて、宗教に名を借りた、基地外集団ですね。
  
 で、ですね。
TBSの報道特集やら、サンデーモーニングではつい最近までシリアの難民受け入れをすべきだと、声を上げていたのに、突然、トーンダウンしたのは、なぜかなぁ?
 責任逃れでしょうか?
また懲りずにやってるよ。TBS。
ひょっとこハム太郎
2015/11/20 05:38
ハム太郎さん、おはようございます。
確かにこれまでのテロ組織などはロシアなどと結んでいるケースが多かったんですが、このISILだけはどの国とも、また、他の組織とも連携していない妙な形ですね。

難民受け入れ、避けられないと思ってましたが、今回のテロでトーンダウンしてますね。一番不幸なのは彼らの支配地域で生きてきた、何の罪も無い普通の人々です。
クルトンパパ
2015/11/20 06:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ISILとの戦争、激化へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる