クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 珊瑚破壊確認できず翁長悔しがる

<<   作成日時 : 2015/11/18 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

  翁長知事「サンゴ損傷確認できず」…辺野古沿岸

 沖縄県の翁長知事は17日の記者会見で、8〜9月に辺野古沿岸部で行ったサンゴ礁の損傷などを確認するための潜水調査結果について、「岩礁破砕がなされたかは、残念ながら判断できなかった」と明らかにした。

 県は当初、岩礁破砕を許可した範囲外で損傷を確認した場合、移設作業の前提となる許可を取り消すことを示唆していた。

 県によると、調査は8月31日〜9月11日に実施。沖縄防衛局が設けたコンクリート製ブロック(アンカー)の周辺など計104か所でダイバーが潜水。県は、立ち入り禁止水域での調査に必要な米軍からの許可に約半年を要したため、その間に海底面の状況が変化し、岩礁破砕の証拠を確認できなかったとしている。

読売新聞 2015年11月18日(水)

 「岩礁破砕がなされたかは、残念ながら判断できなかった」と言うのはどう言う意味だ?破壊されてた方が良かったとでも言うのか?

 潜水調査をやっても破壊が確認できなかった、と言う事はほとんど破壊されていないと言う事だろう。

 当然だが、翁長は破壊されていることが前提で、その跡を見つけ出せ!と言う指令を出して調査しただろう。なのにその跡が発見できなかったと言うことは、珊瑚破壊がほとんど無いと言うこと。

 想定していたほどの破壊が無かったと言うことは、自然保護と言う観点から考えれば喜ばしい事であって、間違っても残念ながらなどと言うことを言うべき話じゃない事がこの異常者知事にはわからないらしい。

 話はずれるが、最近、他の誰よりもこの翁長がテレビに移るだけで、反吐が出るほど嫌悪感があるのだよ。

 それはともかく、本当にこの発言は酷い。確かに破壊を確認し、許可を取り消す事だけを考えていて、自然が守られることよりも、そっちの方が大事だった、と受け止められても仕方無い。

 翁長にとっては普天間の住民の安全や騒音が無くなる事より、新たな負担を沖縄に押し付けるとレッテルを貼った辺野古移設をやめさせて歴史に名を残す事の方が大事だと言うことだろう。

 翁長にとっては普天間付近の住民など、県民じゃない。ほとんど見られる事も無いジュゴンの方が大事なんだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この知事は岩礁破砕がなされることを期待していたということになり、沖縄の海を守る気のない最悪の知事ということですな!
環境破壊推進知事のレッテルを貼って差し上げたい。
ナカスギ
2015/11/19 07:25
ナカスギさん、おはようございます。
それだけじゃなく、普天間とかとにかく住宅に米軍の飛行機などが落ちて犠牲者が出る事もひそかに祈ってるような気がします。
クルトンパパ
2015/11/19 09:21
パパさん、おはようございます
 以前書かせてもらいましたが、沖縄ではサンゴ礁保護すら基地反対のお題目にされているだけなのが実態です。
 実際に珊瑚の養殖を成功させたのは民間の一個人の方で、それも借金しまくっての話、
養殖したサンゴの移植も民間の寄付からです。
 埋立はどんどこ行いますし、珊瑚を乱獲した中国漁船に対しては一切文句を言いません。
 ダブルスタンダードで民主主義だの、言論の自由だのと口に出さないでほしい。
世界史は面白い
2015/11/20 08:14
世界史は面白いさん、こんにちは。
珊瑚の養殖をしている方のドラマか何かを見たような気がします。

翁長はほぼ間違いなく、自然保護にも沖縄発展にも基地縮小にも興味ないですね。

あれはひたすらに政府に抵抗した反骨知事と言う評価を後世に残したいだけです。
クルトンパパ
2015/11/20 10:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
珊瑚破壊確認できず翁長悔しがる クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる