クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 旭化成建材だけの問題じゃない

<<   作成日時 : 2015/11/04 08:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「え?」気色ばむ市長、旭化成建材の杭打ち中断

 旭化成建材(東京)による杭(くい)打ちデータ流用問題で、北海道内では2日、新たに2件の流用が発覚し、不正は計6件になった。

 釧路市では、同社がこの日始めた市営住宅の杭打ち作業が急きょ中断されるなど、騒ぎは拡大する一方だ。ただ、これまでに道内で建物の傾きなどが確認されたケースはない。

 「え? そんな報告は受けていない」。2日の定例記者会見中、釧路市の蝦名大也市長は気色ばんだ。同席した担当者から、市営住宅の耐震工事で、旭化成建材がこの日から杭打ちを始めたことを知らされたからだ。

 同市内では10月28、29日、道営住宅で相次いで流用が明らかになった。道が1日に開いた入居者対象の説明会でも、「本当に安全性に問題はないのか」などの声が上がっていた。

 「多くの住民を不安にさせている業者に、工事を任せていいのだろうか」。蝦名市長は語気を強め、杭打ちを一時中断させるよう、その場で職員に指示した。

 その釧路市では同日、市の独自調査で、市営海光団地A棟(鉄筋コンクリート造5階建て、25戸)の新築工事でデータ流用が発覚。国土交通省北海道開発局も、稚内市にある東浦漁港の屋根施設の工事で不正があったと発表した。同社はこの2件についてもデータ流用を認めた。

読売新聞 2015年11月3日(火)

 確かに今の状況下で旭化成建材が工事を普通にやる、となれば、当然、そこの住民を含め不安に感じる人も出るだろうから、市長の反応もわからないではない。

 が契約自体は以前取り交わされていて、それに乗っての仕事開始だろうし、何より、今ならば他の業者よりも旭化成建材のほうが間違い無い仕事をするだろうから、ちょっと過剰反応のような気もする。

 この問題、当初旭化成などは一人の現場代理人が行った行為であり、会社とか業界には問題が無いと言う方向に持って行こうとした。だから最初の会見で、現場代理人に対し「ルーズで書類仕事などが苦手だと感じた」と言ったのだろう。

 だが実際にその現場代理人と仕事をした人が言うには、非常にまじめに仕事に取り組み、ルーズなどと言う印象は無いと言っていた。さらに言えば、旭化成建材だけの問題ではなく、業界の人間に言わせれば「旭化成建材ほどきちんとした仕事をするところは少ないから驚いた」とも言っていたから、これは業界全体に蔓延している事なのだろう。

 一部証言によれば、杭打ち業者が元請に対し「一部の杭が堅い地盤に達していない」と報告しても、「気にするな」と言われてしまうらしい。マンションなどの場合、3月中に引越しをして、新年度からは新たな環境でスタートできると言うことが非常に大事だと言うことで、当然、過大に安全値が設定されているから、杭なども何本かが十分に打たれてなくても大丈夫だと言うことが、業界全体にあるんだろう。

 今現在行われている杭打ち工事は、多分、大丈夫だろう。が、これからまたしばらくすれば、今のままだと元に戻りかねない。すぐにできる対策としては、今は義務化されていないデータの提出を義務化して、特にコピーではなく原本を提出させる事だろうな。
 
 それはそれで多分、いろいろ問題が出るんだろうが、できることからはじめませう!と言うことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
 一個人や一企業の問題というより、顧客と設計まで含めた業界全体の問題と思っています
 構造について知らない知ろうともしない人間が、コスト意識もなく全てを求める
 意匠設計と構造設計の柱の数とサイズの不整合などザラで同じ構造図の同じページで違う事すらあるのが設計士様のお仕事です
 そんなものでお金が只の見積もりをして、安全マージンまで叩き合いで削ったら、業者が我が身を削らなきゃならなくなるでしょ
 そんなにならない最低単価を守るために談合があったと思うのですが、一方的に悪者にして単価の削り合いをさせれば、遅かれ早かれこうなったと思いますよ
世界史は面白い
2015/11/04 14:19
世界史は面白いさん、おはようございます。
業界全体の問題であるのは間違いないし、ご指摘のようにとにかく安さを求めれば、どこかで安全が犠牲になるものだと言うことを忘れた事もあるでしょう。

談合全部が悪だ、と言う意識、これも問題だったと思います。確かに無用な談合も多かったのですが、あれが全部悪だとなり、安さが求められるようになってこの国の建設業界が狂い出したような気がします。
クルトンパパ
2015/11/05 06:44
パパさん、こんばんは。
私もですね、昔、営業してまして、秩序なき価格競争するよりも、例えばですが、クルマの営業で愛知県内の自家用車の販売でですね@大規模な運送業をしているユーザーなら三菱自動車の営業さんに勝たせてあげるA神奈川が本社の会社なら日産さんの営業に勝たせてあげる(10台の内、2台はコッチにもらう)Bトヨタの下請け会社ならトヨタの営業さんに勝たせてあげる(でないと営業さんが上司にメンツが立たない)・・・。そうして、彼らの行けない場所や時間が出来たら、こっちにもらう。
 ただし『ここのお客さんはガチンコで行きましょう』とか、そういう場合はきちんと競争するんです。
 でないと、無駄な競争ばかりで、双方が追いつめられていく。
 無理な競争は秩序が薄れていくのです。
 結局、お客さんが被害を被る。

 『現場代理人』だけが悪いような発言を元請けや下請けの幹部は言ってますが、なんだか、同情してしまいますね。

 別件ですが旭化成って『サランラップ』とか、まあ、せいぜい、へーベルハウスしかイメージとして浮かんでこないんですが。
 『杭』なんて意外でしたね。
ひょっとこハム太郎
2015/11/08 20:40
談合は全て悪だ、となった事で無用な競争が激化し、地元に密着して活動してきた企業がつぶれてます。大企業の談合は無意味ですが、地元発注の地元企業が対処できる仕事に関しては、本当は全部、まじめに活動している地元企業に対し、公平に指名で良いとさえ思ってます。

旭化成に限らず、大企業は何でもやりますからね。
クルトンパパ
2015/11/09 07:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
旭化成建材だけの問題じゃない クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる