クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア軍機、撃墜

<<   作成日時 : 2015/11/25 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

露戦闘機撃墜 2人死亡確認 シリア沖に巡洋艦派遣、トルコとの国防連絡も中断

 【モスクワ=黒川信雄】ロシア軍参謀本部は24日、トルコ軍に撃墜されたロシアの戦闘爆撃機スホイ24の2人のパイロットのうち、1人の死亡を確認したと発表した。インタファクス通信が伝えた。

 スホイ24の撃墜を受け、ロシア軍はシリア領内の基地防衛強化を目的として、シリア北西部ラタキア沖にミサイル巡洋艦「モスクワ」を派遣すると発表。合わせて、トルコとの国防当局間の連絡を中断すると発表した。

 死亡したパイロットは緊急脱出したが、パラシュートで落下中に地上から銃撃を受けて死亡したという。もう1人についての情報は公表されなかった。

 さらに参謀本部によると、パイロット救出のため墜落現場にヘリコプター2機が派遣されたが、何者かの攻撃を受けて1機が破損し緊急着陸した。その際、兵士1人が死亡した。

 脱出したパイロットについて、シリア反体制派のトルクメン人勢力は、2人とも地上からの銃撃で死亡したと説明している。

産経新聞 2015年11月25日(水)

 これはなかなかの問題だねえ。どうやらロシア軍機が領空侵犯をしたのは事実のようだ。それに対し、トルコ軍機が10回ほどの警告をしたと言うのも、アメリカが確認しているらしい。

 ただし、領空侵犯をしたと言う場所は非常に狭く、数分で通過したはずだと言う事の様だ。それで、最終的に墜落したのはシリア領内だったんだな。

 プーチンとしては領空侵犯そのものを否定するしかないが、それは間違い無いようだから分が悪い。と言っても共にISILと戦い、さらに、隣国としてそれなりの関係を築いていたはずのトルコが、まさか撃墜と言うことまでやると言うことは想定外だったのだろう。

 が、これですぐにトルコに対し、軍事力を持って報復すると言う事にはならないだろう。トルコはNATOの一員であるだけに、下手に動けばNATOを相手にする事になるし。が、何もしないでは国内に対し、困った事になりかねないだけに、微妙な事になる。

 一方、NATOにしてみれば対ISILでロシアを取り込み、協調関係を作ろうとしていた時に、トルコよ何をした!と言う感じではあるだろうが、NATOとしての団結を示すために、すでに理解を各国が表明しているようだ。

 トルコはロシアがISILだけじゃなく、シリアの反体制勢力、特にトルコが支持しているトルクスタン勢力も攻撃をされていることに対し、おそらく苦々しく思っていただろうから、それに対する攻撃をやめろ、と言う意思表示なのかもしれないな。

 ただはっきりしているのは、これでロシアとトルコが協力して作戦に当たると言うことは無いと言うこと。あとはフランスが中を取り持てるか?と言う事にかかってくるかもしれないが、簡単じゃない。国際社会と言うのはなんだかんだ面倒な事だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだか、第三次世界大戦の様相を呈していないでしょうか?
 これに乗じて、オウムのような団体が騒ぎ出すかもしれませんね。
 トルコには日本は強い影響力があるんで、ロシアとの仲を安倍総理が取り持ってみてはどうでしょう?
 隣の国に先を越されるまえに。
ひょっとこハム太郎
2015/11/25 21:44
ハム太郎さん、おはようございます。
さすがにロシアもトルコも実戦状態にはならないと思いますよ。ロシアもNATOを相手にする覚悟は無いでしょうし。この問題で。

確かに安倍さんは最適かもしれませんね、仲介者としては。プーチンとは個人的な関係もあるし、トルコとも大丈夫ですから。

が、現実的にはEUのどこかに落ち着きそうな気がします。
クルトンパパ
2015/11/26 06:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシア軍機、撃墜 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる