クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 合併は無理<民・維>

<<   作成日時 : 2015/12/01 09:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  <民主>維新と合併検討…来春目指し 解党せず「新党色」

 民主党は、1998年に旧民主党に他党が合流し、新たな民主党を結成した吸収合併方式で、維新の党との新党協議を進める方針を固めた。来年春の合流を目指す。民主党を解党しなくても「新党」の体裁を整えることができ、手法を巡る意見の違いを超えて両党議員が結集しやすくなると判断した。その前提として、党の規約などを刷新する案も出ている。

 民主党の保守系議員や維新の党には、両党を解党したうえで年内の新党結成を目指すべきだという意見がある。しかし、民主党の枝野幸男幹事長は28日、解党を改めて否定し、「98年に今の民主党を作ったプロセスを検証すべきだ」と記者団に語った。別の党幹部も「事実上の新党として誕生した98年のやり方を目指すべきだ」と述べている。

 旧民主党は98年4月、民政党(当時)など野党3党が解党し、旧民主党に合流する方式で新民主党を結成した経緯がある。法的には旧民主党が存続したが、執行部人事や党規約、ロゴマークを変更して新党色を打ち出し、同年7月の参院選で議席増につなげた。

 民主、維新両党は12月6日の維新の代表選終了後、早急に共通政策をまとめ、早ければ来週にも党首会談を行って衆参両院での統一会派結成に合意する運びだ。

 ただ、維新の党には「民主党に合流する場合は、党名変更を求めたい」(幹部)という声もある。民主党執行部は今回も同党を存続させる意向だけに、「98年方式」をとるにしても、党名変更まで受け入れるかどうかは見通せない。また、橋下徹大阪市長が率いる「おおさか維新の会」との分裂騒動を抱える維新の党の混乱が長引けば、民維合流に影響する可能性がある。

毎日新聞 2015年12月1日(火)

 民主党と言うのがとにかく、理念なき野合の連続で肥大化したのは事実。

 このやり方が一番、民主党内が揉めないのも事実だろう。

 が、これでは比例当選組の維新の党の議員たちは、当選時に存在した政党には移籍できないと言う規定から合流する事ができなくなるから反対するだろう。

 何しろ、結いの党系と違い、旧維新系のうち、大阪組以外は、ほとんどが比例復活を含む比例当選。松野代表自身も比例復活だし。

 結局、これはまず、院内統一会派を作って、その後、両党が解党し、新たな民主党を結党する形になるんだろうな。

 ま、どうでも良いけどさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
合併は無理<民・維> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる