クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 問題無い<夫婦同姓は合憲>

<<   作成日時 : 2015/12/17 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   夫婦同姓「合憲」 原告の女性「世論に訴え」

 最高裁判決を受け、それぞれの訴えを起こした原告や代理人弁護士らは、東京都千代田区の参院議員会館で記者会見を開いた。

 夫婦別姓訴訟の原告、塚本協子さん(80)は「合憲判決を聞き、涙が止まらなかった。(戸籍上は別の姓のため)自分の名前で死ぬこともできなくなった。これから自分で生きる方向を見つけなければならず、つらい」と声を震わせた。

 原告の30代女性、吉井美奈子さんは「判決は残念だったが、訴訟を通じて夫婦別姓問題の社会的な理解が進んだことはよかったと思う。今後は世論に訴え、規定撤廃への機運を高めていきたい」などと話した。

 一方、再婚禁止期間規定の100日を超える部分は違憲と判断されたことを受け、原告の女性は「前夫の暴力に苦しみ、やっと離婚が成立したにもかかわらず、再婚禁止期間の規定で新しいパートナーとすぐに結婚できないことでも苦しんだ。提訴しようと思ったのは、私のように法律によってつらい思いをする人が出ない社会にしたいと思ったからです。国会が一日も早く法改正することを希望しています」とのコメントを出した。

 原告側代理人の作花(さっか)知志弁護士は会見で、「最高裁の判断根拠は、規定が作られた明治時代より現代は科学・医療技術が発達したということ。その趣旨に照らせば、『妊娠していない』と医師に診断された女性については、離婚から100日以内であっても再婚を認めるべきだ」とし、行政面での柔軟な運用も訴えた。

産経新聞 2015年12月17日(木)

 この判決のどこが問題なのか?まったく理解できない。

 確かに世界的には夫婦別姓を選択できるところが多いらしい。が、日本では長い夫婦同姓の歴史があり、それが文化として根付いているのだから、何も同じ家族が別々の姓を名乗らなくても良い。

 「合憲判決を聞き、涙が止まらなかった。(戸籍上は別の姓のため)自分の名前で死ぬこともできなくなった。これから自分で生きる方向を見つけなければならず、つらい」とまで言うのならば紙の上の話なのだから、結婚と言うことよりも自らの「姓」が大事ならばペーパー離婚すれば良いだけの話だろう。

 実際問題、私は最初の結婚の時は妻の名字を名乗った。で、今は妻が私の元の名字を名乗っている。

 確かに名字が変わった直後とかは小さな問題も有ったりするが、すぐに慣れる。

 民法は夫の名を名乗る事を求めていないのだから、自らの名字を名乗って死ねないと生きる方向すら失うほどならばほとんどの夫は相手の名字を名乗る事を認めるような気がするけどね。

 さらに言えば、通称を名乗ると言うことがかなり一般化しているのだし、それでも良いし、また、事実婚で過ごしている夫婦も多いのだからそれで良い。

 彼女らには申し訳無いが、どちらの名字を名乗るかの自由がある以上、これは女性差別ではないし、また、夫婦別姓を求める声が少数である以上、憲法違反を主張するのは相当に無理があると思うんだけどね。

 ついでに言うと、女性の結婚禁止期間は100日でも長すぎる。今の時代、もし問題が起きれば、DNA鑑定ですぐに結果が出るのだから、男と一諸で0日で良い。夫婦別姓などより、この問題のほうをもっときちんと考えるべきだと思うぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
問題無い<夫婦同姓は合憲> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる