クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍政権の大きな間違い

<<   作成日時 : 2015/12/17 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

子育て給付金、来年度から廃止へ 1600万人が対象

 子育て世帯の負担軽減策として支給している「子育て世帯臨時特例給付金」(子育て給付金、2015年度は子ども1人当たり3千円)について、政府・与党は、16年度から廃止する方針を固めた。公明党が継続を求めていたが、軽減税率をめぐって公明党に譲歩したことなどを理由に自民党が取り合わなかった。

 子育て給付金は、14年4月の消費増税にともなって導入された。高所得の世帯を除く中学生までの子ども約1600万人を対象に、14年度は1人あたり1万円、15年度は3千円を支給した。

 自民党は財政難を理由に14年度で打ち切る意向だったが、公明党が継続を主張し、15年度分は金額を減らして支給した。16年度分も自民党が廃止を求めたのに対し、公明党が給付の継続を訴え、協議は平行線になったが、最終的に両党が廃止で合意した。

朝日新聞デジタル 2015年12月16日(水)

 信じがたい糞のような政策であり、安倍政権最大の汚点となるぞ、これは。

 財政が著しく不足しているから、と言う片方で、低所得高齢者には3万円を支給すると言う。まったく整合性が取れていない。日本の少子・高齢化を何とかしないとと言いながら、子育て世帯には厳しく、高齢者向けには優しくと言う、ずいぶん昔からの自民党政府のやり方そのままではないか!

 要するに、来夏の参院選を見据え、投票に良く行く高齢者にサービスするが、投票率が低い子育て世代を無視する政策だと言わざるを得ない。

 少子化対策を本気で考えているのならば、これは歯を食いしばってでも子育て世帯に至急すべきだ。もっと増額しても良いくらいの話。

 どうしてもこれをやるのならば、低所得高齢者に対する現金支給もやってはならないのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍政権の大きな間違い クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる