クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更かい!<森林除染やめる>

<<   作成日時 : 2015/12/24 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<除染>生活圏に限定 森林は実施せず

 環境省は21日、東京電力福島第1原発事故の被災地の森林除染について、住宅周辺や農業などで日常的に立ち入る場所を除いて「基本的に実施しない」との方針を決めた。除染が住民の生活圏の空間放射線レベル低減につながらず、土壌流出などの悪影響も懸念されることを理由に挙げた。

 環境省によると、住宅周辺の森林では、宅地境から20メートル以内を目安に除染を実施。農業やキャンプ場がある場所などは、利用状況に応じて範囲を決める。その他の森林では、大雨などによる土壌流出が住宅周辺に影響する場合は対策を検討するものの、除染作業は実施しない。
 ことし1月以降に福島県内で実施した山林除染の実証事業の結果を踏まえて判断したという。方針は同日の有識者会議で了承された。


 実証事業では、森林からの大気を通じた放射性物質の飛散による住宅地周辺への影響や、降雨時の土壌流出による空間放射線レベルへの影響は確認されなかったという。

 井上信治副大臣は有識者会議後、「面的な森林除染は物理的にも困難で、土砂流出など悪影響も考えられる。住民にも国の考えをしっかり説明し、帰還の促進につなげたい」と述べた。

 環境省の方針に対し、内堀雅雄福島県知事は21日の定例記者会見で「具体的な話は承知していないが、これまで国には森林除染をしっかり対応するよう要望してきた。森林は避難区域の人たちの生活に密接しており、今後もこのスタンスに変わりはない」と述べた。

河北新報 2015年12月22日(火)

 なんと言うか、今更かいと言うのが本音。

 なんとなくだが、除染をやると空間放射線レベルはさがるものだ、と思っていたが、それにも繋がらず、それどころか森林除染によって土壌流出などの悪影響があると言うのがこれまでわからなかったのか?だ。

 実際問題、広大な森林の全ての除染は無理だ、と言う事はわかっていたはず。
 それならばそこに投じていた部分をもっと住宅地などに集中投入しているべきだったのではないか?
 
 当然、住宅地などに隣接する森林などの除染は続けられるようだし、それで良いのではないか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今更かい!<森林除染やめる> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる