クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無駄<慰安婦決着へ外相、韓国へ>

<<   作成日時 : 2015/12/25 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

<外相訪韓指示>国交正常化50年の今年中に「双方意識」

 安倍晋三首相が、岸田文雄外相の年内訪韓を決断した背景には、韓国での二つの訴訟結果が大きく影響した。22日に確定した産経新聞前ソウル支局長の無罪判決と、23日の韓国憲法裁判所による日韓請求権協定の違憲訴訟の訴え却下だ。いずれも韓国側からの関係改善に向けたメッセージと日本側は受け止めた。「年内妥結」を強調してきた韓国側から投げられたボールに外相訪韓という形で応え、最終決着を探る姿勢をアピールすることを意識したとみられる。

 「今年は50年の節目だ。安倍首相も朴槿恵(パク・クネ)大統領も意識している」。日韓外交筋はこう強調。政府関係者は二つの訴訟結果に関して「韓国も努力しているということで、年内にもう一度会談をやっておこうということになった」と語った。政府内では「年内」に何らかの成果を打ち出すため、岸田氏訪韓時に尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との間で慰安婦問題に関する宣言文や声明などをまとめる案も浮上している。

 政府は6月の日韓外相会談以降、慰安婦問題に関する外務省局長協議などで韓国側に対し、アジア女性基金のフォローアップ事業の拡充や、安倍首相が元慰安婦に手紙を送ることなどを提案。一方でソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像の撤去などを求めてきた。岸田氏は28日にも行われる外相会談で、これらの提案をベースに協議に臨むとみられる。

 ただ、政府は1965年の日韓請求権協定に基づき「解決済み」との基本的立場は崩さない構え。さらに、後で蒸し返されないよう「完全かつ不可逆的」(政府高官)な形での決着を重視する。首相は11月のBSフジの番組で、慰安婦問題について「大切なことは、お互いに合意をすれば、この問題は再び提起しないということだ」と強調している。官邸関係者は24日、「最終的には朴大統領が『決着』を宣言しないといけない」と述べ、最終決着には首脳レベルでの合意が必要だとの見方を示した。

毎日新聞 2015年12月24日(木)

 確かにこの所、産経新聞支局長や、あと日韓請求協定も意見じゃないと言う判断が出るほど、韓国全体が反日姿勢を緩めている。

 この時期を逃さず、ある程度の日本側の譲歩、もしくはどちらにとっても良く見えるいわゆる「玉虫色」の解決策を示せば、慰安婦問題をこれ以上、政治的利用しない、解決とする、と言う可能性はある。

 だが、もともと河野談話のときもそう言う話だったのだが、韓国国内が再び反日姿勢を高めたり、あるいは政権支持率が著しく低下すれば、平気で約束など反故にする国だし、それを悪い事だとすら思っていない国との約束など、何の意味も無い。

 今、韓国は頼りにしていた中国が中韓関係より日中関係を重視する姿勢に転じ、さらに、アメリカもあまりの身勝手さに怒りをあらわにしてきているだけに、なんとか日韓関係を改善しないと、と言う姿勢になっている。

 だが、喉もと過ぎれば熱さを忘れる国だから、もしどうしても韓国と約束をするのならば、日韓関係改善を執拗に求めているアメリカも巻き込んで、約束の立会人をアメリカに求めた上で結ぶべきだろう。そうしないと、間違いなく慰安婦問題に対し、一定の解決をと言うのならば、かなりの金額が動く。間違いなく第三国、それもアメリカくらいの国が関与しない限り、いずれ韓国はいちゃもんをつけてこれで終わりだと言う約束など無かった事にしてくるよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
米国を入た確実な決着が付けば、以降の国交断絶もできますね。妥結(「妥結」は妥協の産物なので「決着」として欲しいですが)出来なかった場合でも、辟易した日本が韓国との国交を断絶することも可能。
どちらにしても早く国交を断絶して欲しいものですね。

2015/12/27 01:51
パパさん、おはようございます。
韓国の最近の日本にすり寄るような動きは、気を付けなければいけませんね。
 とりあえず、安倍首相の謝罪の文言とカネを得た時点で、態度を翻す可能性は大です。
 あの『困ったときに銃弾を貸してやったのに、韓国軍のウソ・基地外的な態度をとった』事件は我々は絶対忘れない。
 敵対する兵士どうしでも友情や淡い同情の感情を抱くことがあり得るのに、お隣の人モドキ国家は別な様です。
 これは『韓国には報道の自由が無い』という批判を恐れ、産経新聞の前支局長を裁判所に圧力をかけてまで無罪にした例をとればいいですね。

つまり『韓国という国は政権が代わるたびに、交渉や条約を破棄してしまう。国と国の約束事が交わされたのに、それに反対するクソ国民の声を抑えることができない。つまり、統治能力が無い』ということを言われたくないがために、この問題を収束させないと大変なことになる。
 こうやってクソ韓国に圧力をかけ続けることが重要ですね。
 BS日テレの討論番組で竹中平蔵氏が『許すつもりも無いのに謝罪を求めるのはもうやめにしましょう』というこの言葉がすべてを語っていると思います。
 もうこの時を逃しては、未来永劫、機会はないですね。
 正直に『大好きな日本様、おねがいですから、このクソ韓国とぜひお付き合いください。どうぞ、いままでの無礼はお許しください!』と土下座して頼まれれば、それは許してあげていいと思いますが。
 別に、いまのままででいいけど。(-"-) 
ひょっとこハム太郎
2015/12/27 07:54
☆さん、おはようございます。
今回、ここまで話題になった上で妥結できないとなれば、いよいよと言う感じになるんで、できるだけ韓国にはむちゃくちゃ注文をつけて欲しいと頃です。

ハム太郎さん、おはようございます。
政権が変わったら当然ですが、同一政権ですら支持率しだいで平気で国際間の約束を反故にする国ですから。

とにかく今回は相当な話題になってて、アメリカなども注目しているようですから、ぜひともむちゃくちゃな要求を出してきて、日本が飲めないと言うことを世界が理解した中で、はっきりとした断絶をしたいところです。
クルトンパパ
2015/12/28 08:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
無駄<慰安婦決着へ外相、韓国へ> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる