クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 何を急ぐ?高浜原発再稼動へ

<<   作成日時 : 2015/12/25 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<高浜原発3、4号機>NOからYESへ…8カ月で大転換

 関西電力高浜原発3、4号機の再稼働を認めた24日の福井地裁の判断は、運転差し止めを命じた4月の仮処分決定とは180度、異なる結論となった。わずか8カ月で判断を変えたのは、国や電力会社が事故リスクを「ゼロ」にするよう目指すべきなのか、「起こりうる」前提で安全対策を講じる姿勢を評価するのかといった、リスクの解釈の違いだった。一方、事故時の住民避難などについては「重層的な対策を講じるべきだ」とし、国に注文を付けた。

 関電は来年1月以降、高浜3、4号機を再稼働させる方針だが、原発の安全性をめぐる争いは今後、名古屋高裁金沢支部に舞台を移して継続される。

 「事故に向き合う姿勢の違いが、司法判断の違いになった」。九州大の吉岡斉教授はこう話し、今回の地裁決定を批判。原発の新規制基準を作った原子力規制庁の担当者は「当事者ではなくコメントできない」と話した。

 今回の決定はA4判で225ページで、46ページの仮処分決定(4月14日)の約5倍に及んだ。争点の一つは、将来、原発に到来する揺れの大きさを示す「基準地震動」だ。仮処分決定は「楽観的見通しに過ぎない」と批判したが、今回の異議審決定は、争点の中でも最も多い44ページを費やして異なる見解を示した。

 異議審決定は、基準地震動を超える地震が起きる確率を「1万〜10万年に1回程度という極めて低い数値」とし、想定の合理性を認定。「最新の科学的、技術的知見に照らして算定された基準地震動であり、原発の耐震安全性を確保するための基準として信頼に足る」と評価した。

 新規制基準については、仮処分決定が「緩やかに過ぎ、適合しても原発の安全性は確保されていない」と指摘したのに対し、▽最新の科学的・技術的知見に基づく安全性確保▽原子力規制委が中立公正な立場で審査−−の枠組みが機能していることを条件に合理性が認められるとした。

 事故リスクのとらえ方も大きく変わった。今回は「社会通念上、無視し得る程度にまで管理されているか」との観点で判断し、「深刻な災害の恐れが万が一にもないといえるような厳格な内容」を新規制基準に求めた仮処分決定を覆した。

毎日新聞 2015年12月24日(木)

 本当になぜそこまで急ぐのだろう?原発再稼動。

 この冬はかなりの暖冬なのだから、電力消費量がそれほど厳しくなるとは思わないのだが。

 福島事故に対するきちんとした検証すらまだ終わってない上に、当然だが、核廃棄物の処理先すら決まってない中で、急ぐ必要など無いと思うのだが。

 それにしても日本の司法が権力に弱い、と言う構図は変わらない。今回、どうやら福井地裁は8ヶ月前の判断を下した裁判官は全員転勤し、まったく新たな顔ぶれにしてまで今回の判決を下す方向に国が持って行くのに抵抗できない裁判所と言うのが哀しい。まるでお隣とかわらん。

 個人的には原発を完全に0にする事はできないだろうと思っている。原子力技術者などの流出が起き、わが国にとって決してプラスにはならないだろう。

 だが、福島を見ればわかるように、万が一の場合、一電力会社ではまったく対処できるレベルにならない。責任すら取れない。だったら、全ての原発は国が管理し、責任を持って、地域バランス、天災、テロに対して可能な限り安全な場所、建物を作り、さらに万が一の事故の場合、住民避難がしやすい場所を選定し、今以上に厳しい安全基準にのっとり、最低でも中国の原発にすらあると言うコア・キャッチャーくらいは持った新たな原発を作るべきだろう。

 日本の場合、とにかくかつての社会党が、新しい原発は作らせない、と言うことで抵抗を続けた事で、古い原発がかなり多くなっている。馬鹿だからわからないのだろうが、どう考えても古い原発より新しい基準で作られた原発の方が安全なのだけどね。

 
 でね、今日の西日本新聞の社説。この判決を受けて、これで再稼動が許された訳じゃないと。
 実際の話、もし再稼動禁止と言う判決が出ていたら、これで再稼動は許されなくなったと判決を重く受け止めろと書いたのは間違い無い。要するに自分たちと意見が合ったら重く受け止めろ、違ったら他の考え方などもあるんだと言うだけの話なのだよ。

 確かに新聞はテレビと違い、普遍・不党を求められていない。が、いかにも中立公正を装いながら主張するのは卑怯。自分たちの主張を言うのならば、それを大きく掲げてから言え!と思うけどねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何を急ぐ?高浜原発再稼動へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる