クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 10億の手切れ金(慰安婦日韓合意)

<<   作成日時 : 2015/12/29 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日韓外相、質問なしで合意発表…文書作成見送り

 【ソウル=森藤千恵】岸田外相と尹炳世(ユンビョンセ)外相は28日の会談後、慰安婦問題の合意を並んで表明したが、会談の正式な合意文書はなく、記者からの質問も受け付けない異例の形式となった。

 日韓外交筋によると、合意文書の作成は、韓国国内の世論の動向を懸念する韓国側の要請で最終的に見送られた。これにより、外相2人の発言で会談の成果を確認することとなり、両外相とも手元の紙を時折見つつ、一言一句、慎重に発言していた。

 外相会談が行われた韓国外交省前では、盾を持った警察官が、日本の植民地支配について謝罪や賠償を訴える市民団体約20人を取り囲み、ものものしい雰囲気となった。

読売新聞 2015年12月28日(月)

 文書にしなかったと言うことは、間違いなく韓国の次の政権は、「あれは朴槿恵政権が交した口約束に過ぎない」と言って、平然と反故にしてくるだろう。

 この問題では国連などで互いに批判しない、と言う事も言われているが100%間違いなく次期政権は批判してくるし、国内世論がこの合意に批判的になれば朴槿恵政権下でもやってくるだろう。それが韓国だし。

 ただし、これは今回アメリカの強い要請によって合意が達成された事もあり、すでにアメリカ政府は世界各国に向け、この合意を受け入れるよう発信したと言われているし、実際問題、世界各国がこの問題が解決した事を評価している。

 つまりもし、いつも通りに韓国が合意を反故にした場合、韓国の異常性が世界に喧伝される事になるし、それから先は日本政府としては、かなり突き放した付き合いで良くなるだろう。さすがにアメリカもそこまで異常な国と、日本だけが我慢して付き合え、とは言えないだろうし。

 韓国の基金への拠出と言う事で出される10億だが、どうせ保護になる約束にそんな金を使うのは持ったいない、と思うが、本当に粘着質の性悪女との手切れ金だと考えれば安いものかも知れない。

 大事なのは、安倍政権の次がどう言う政権になるかだ。鳩山や村山のようなのがなってしまうと、また、韓国に良いようにいたぶられる事になってしまうだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10億の手切れ金(慰安婦日韓合意) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる