クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘利氏、辞任

<<   作成日時 : 2016/01/29 08:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

   甘利経済再生担当相が辞任表明

 甘利明経済再生担当相(66)=衆院神奈川13区=は28日夕、内閣府で記者会見し、週刊文春が報じた金銭授受疑惑の責任を取って辞任すると表明した。甘利氏はこれに先立ち、安倍晋三首相に辞意を伝えた。首相は平成28年度予算案など重要法案の審議や今夏の参院選に影響を与えかねないと判断した。野党は首相の任命責任への追及を強める構えだ。

 21日発売の週刊文春は、都市再生機構(UR)が担当する千葉県道の工事をめぐり、同県白井市の建設会社とURがトラブルとなり、同社の総務担当者が口利きの見返りとして、甘利氏側に計1200万円の現金授与や飲食接待があったと報じた。そのうち、公設秘書が計600万円受領したほか、甘利氏本人も25年11月に大臣室でようかんと一緒に50万円入りの封筒を、26年2月にも地元事務所で50万円入りの封筒を受け取ったとされる。

 甘利氏は28日午後の参院本会議では「必要な調査をきちんと行い、事実を確認の上、国民に疑惑を持たれないよう私自身がしっかりと説明責任を果たしていく。託された職務を全力で全うしていく」と続投する意向を改めて示していた。

 甘利氏は24年12月の第2次安倍政権発足時から入閣し、首相を中心に麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉(すがよしひで)官房長官とともに政権の中枢を担ってきた。安倍首相の経済政策「アベノミクス」の牽引(けんいん)役であり、成長戦略の要である環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や経済財政政策も担当。TPP交渉では米通商代表部(USTR)のフロマン代表ら各国交渉担当者を相手に昨年10月に大筋合意にこぎ着け、開会中の通常国会でTPPの国会承認と関連法案の審議も対応することになっていた。

 甘利氏は当選11回。行政改革担当相や経済産業相、自民党政調会長など要職を歴任した。
 第2次安倍政権発足以降、任期途中で閣僚を辞任したのは、小渕優子経済産業相、松島みどり法相、西川公也農林水産相に続き4人目。

産経新聞 2016年1月28日(木)

 まあこれは仕方無い。TPP調印式まではなんとか、と言う思いはあったのだろうが、辞任が一日伸びれば、それだけ野党に攻勢点を与えてしまうのは間違い無い。

 さらに調印式後辞任と言う事になれば、大事な調印式を花道にしたのか、と言うことまで追求されるだろうし。新年度予算を成立させるためにも、国会が正常化すること、これを最優先させたのだろう。

 野党は追及の手を緩めない、とは言っているようだが告発者の一色氏に関する疑惑がネット上にとどまらず、週刊新潮も取り上げた事で、甘利氏は脇の甘さは指弾されてしかるべき出し、また大臣室で一企業と会うと言う事も問題視されるにしても、受け取ったとされる清島秘書の問題も含め、甘利氏以外の問題が大きくなってきているからなあ。

 第一、野党の追及が独自調査ではなく「文春によりますと」と言うものから一切、脱却できていないから鋭さに欠ける。

 もともと、甘利氏が職にしがみつくと言うことを前提に、自らも政治資金虚偽記載の山の井をはじめとする野党各党は戦略を立てていただけに、あっさりと職を辞された事で、攻め手に欠けるのは免れない。

 後任の石原氏は経済通でもあり、また、身体検査は問題無いだろうが、一番心配なのは舌禍。すでに舌禍大臣としては麻生副総理が居るだけに、ここは身を慎みつつ、慎重に事に当たるべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
別に政治家なんだから政治をしっかりしてりゃ僕は文句なかったんですけどね
それを理由に審議拒否して国会をサボる野党の方が問題だろう
それと任命責任って自民党以外には適用されないのか
民主党は任命責任を取ったのか
民主党に政権を取らせたマスゴミは任命責任を取ったのか
民主党に投票した奴は任命責任を取ったのか
安倍総理も彼らに責任と言うものを国の代表として取らせても良いんじゃないかな
世界史は面白い
2016/01/30 22:11
脇が甘すぎました。はめられたと言うのは事実でしょうが、それでも自分の立場を考えれば、受け取って良い金じゃなかった。

民主は政党として成立してませんから。
クルトンパパ
2016/02/01 07:52
こんにちは。
正直、この問題に対する甘利氏の対応は甘過ぎたと思います。告発者は録音データを持っているんだから、「潔い辞任」でお茶を濁せるレベルではないとの認識がなかったのかな。
自らは辞任だけではなく議員辞職、かつ秘書は刑事告訴(させるための検察への協力)ぐらいの対応が必要だったでしょう。「20億円」とか「レクサス」とかの具体的かつ致命的なテープが出てきて、全く言い逃れができない状況になってしまいました。危機管理がまるでダメですね。
関係ないですが、中日新聞だけがトヨタに気をつかってか「高級車」と表現してたのが笑えました。
このまま建築しても
2016/02/16 23:01
本当に秘書教育などがまったくで規定無かった、と言う事でしょう。

レクサスに関しては地元秘書が言ったようですが、それを「あれは失礼な事ばかり言う」と言う感じで笑いながら別の秘書が断っていたようですから、甘利氏や事務所の要求と言うより秘書個人の問題なんでしょう。

議員辞職まで本人は考えた気がしますが、そうなれば補欠選挙となり、自民党にプラスにならないと言うことがありますからね。

全体に脇が甘かったのは間違い無いが、それでも多くの予想を覆し、TPP署名前の辞任が潔く国民に写ったのは間違い無いでしょう。だからこそ、内閣支持率が逆に上昇したんでしょうし。

一ヶ月の療養が必要だそうで、その間にこの問題、収まってしまいそうな気がします。

それにしても民主の追及の一番手が、自らも政治資金報告書虚偽記載の山の井だと言うのが笑えます。
クルトンパパ
2016/02/17 06:43
連投ごめんなさい。
本日(17日)のZAKZAKの、須田慎一郎の署名記事が自分の見解に近いです。この問題は、検察審査会が日本に存在する以上、間違いなく起訴されると思います。まあ、須田が言うように「甘利氏と秘書らの行為が、政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の構成要件を満たしているのは明らか」とまでは思いませんが、起訴はまぬがれないでしょう。甘利氏はもう政治家として死に体だと思います。ならばせめて、その300万を使い込んだという秘書を刑事告発するような「本気」を見せるべきだと私は思いました。
あと、内閣支持率についてですが…。もし国民が政治に期待しているならば、大臣がパンティ泥棒だったり、アベノミクスによる景気回復の実感を感じない人が77%の段階で支持率ガタ落ちだと思います。
国民は政治になんの期待もせず、ただ「ゴ民主だけはもうゴメンだ」と思い、それが支持率に反映されてるのではないでしょうか。困ったことに安倍総理だけがそれに気づかず、裸の王様になっているのが絶望的なんですが。
このまま建築しても
2016/02/17 21:21
どうでしょうかねえ?甘利氏までいけるかは微妙な気がします。清島秘書はやられそうですが。

民主以下の野党の体たらくが安倍内閣の支持率が下がらない要因であるのは間違いありません。

どれほど緩んできていても、それでもまだ、あの民主党政権に戻ることだけは嫌だという事でしょうねえ。
クルトンパパ
2016/02/18 06:50
三度ごめんなさい。
検察はやらないかもしれません。しかし「市民団体」が検察審査会制度を用いて強制起訴に持ち込むのはほぼ間違いないと思いますが、違いますかねえ。
私は小沢は大嫌いですが(ていうか、コイツが言い出した小選挙区制のせいで日本の政治は劣化したと思ってます。個人的には国賊認定してます)、いわゆる陸山会事件を起訴に持ち込むのは難しいと思ってました。JRの福知山線脱線事故でも、歴代社長に責任は大いにあると思ってましたが、現行法での起訴はこれも難しいと思ってました。でも両方結局…。
戯れ言失礼しました。
このまま建築しても
2016/02/18 18:21
検察審査会はやるでしょうねえ。ただ、検察はとにかく、立件が難かしい事案ですから手を出さない。検察が手を出さないと言うことは、事実上、おっしゃるとおりの結果ですからね。
クルトンパパ
2016/02/19 06:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘利氏、辞任 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる