クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮に抗議

<<   作成日時 : 2016/01/07 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

政府、北朝鮮に抗議=制裁復活も検討―国際社会との連携急ぐ

 安倍晋三首相は6日、北朝鮮が水爆実験実施を発表したことを受け、「断じて容認できない」とする声明を発表した。

 日本政府は北京の外交ルートを通じて北朝鮮に抗議。国連安全保障理事会に対し、北朝鮮問題を速やかに協議するよう要請した。一部解除した北朝鮮への制裁復活を含め、独自制裁の強化も検討する。

 政府は同日、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を相次ぎ開催。首相は2回目のNSCで、「断固たる措置の検討」を関係閣僚に指示した。

 日本政府は2014年7月、日本人拉致被害者らの安否に関する再調査開始と引き換えに、北朝鮮籍を持つ人の原則入国禁止など、北朝鮮への独自制裁の一部を解除した。菅義偉官房長官は6日の記者会見で、「北朝鮮の反応や国際社会の動向を考慮して、断固たる対応を検討する」と表明。政府関係者は「解除した制裁を元に戻すこともあり得る」と述べた。

 首相声明では、「北朝鮮が核実験を実施したものと考えている」と認定し、「拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向け具体的な行動を取るよう、北朝鮮に対し強く求める」と強調した。「水爆実験の成功」との発表に懐疑的な見方が出ていることに関し、菅長官は会見で、「詳細はまだ確定はしていない」と述べた。

 政府は同日、関係省庁による「放射能対策連絡会議」を首相官邸で開き、空気中の放射線量を測定するモニタリング体制を強化することなどを決めた。また、航空自衛隊は航空機による測定に当たった。菅長官は会見で、6日午後4時45分現在、全国のモニタリングポストで異常値は検出されていないことを明らかにした。

 政府は米国や韓国など関係各国との協調を重視。首相は7日にオバマ米大統領、朴槿恵韓国大統領と個別に電話会談を行う方向で調整している。日本は現在、安保理の非常任理事国で、米国とともに緊急会合招集を要請した。北朝鮮への制裁強化を視野に新たな決議採択を目指す。

 岸田文雄外相はケネディ駐日米大使と外務省で会談。韓国の尹炳世外相らとも電話で協議し、緊密に連携していくことを確認した。尹氏は「安保理で迅速に力強いメッセージを出すことが重要で、日本の役割に期待したい」と述べた。

 岸田氏はこの後、記者団に「速やかに強い内容の安保理決議が採択されるよう各国と連携していく」と述べた。

時事通信 2015年1月7日(木)

 これは当然だが、世界の安定・平和に対する挑戦であり、日本の安全保障にも大きな問題を引き起こす可能性がある問題であり、わが国の平和のために活動を続けているSEALDsは総連会館前で大規模な抗議活動を始めたはずなのに、なぜか一切、報道されない。まさか、何にもやってない訳はないでしょ?

 彼らのような平和脳の皆様が世界の安定・安全・平和のために機能していると盲信している「国連」の安保理決議に違反しているのに、なぜ抗議活動を行わない?

 さらに言えば北朝鮮にリアルな危険は無いと北朝鮮を擁護したのに、まさしく顔に泥を塗られたような事となった某共産党委員長も、当然、批判しなければならないし、自己批判をすべきだと思うけどねえ。

 ついでに言うと、一部ネット上にSEALDsのメンバーが「今回の核実験は、安保法制を正当化したい安倍がアメリカと組んで、北朝鮮にやらせたなどと言ったと言うが、ツイッター画像があろうがそんな事を言う馬鹿は、さすがに政治問題を発言などしてはならない事位はわかるだろうから、そんな馬鹿な発言はしていないだろう?ね(苦笑)

 今回の核実験は、北朝鮮が言うような「水爆」ではない可能性が高い。時に驚くほど軍事的でたらめを言う事で知られる軍事評論家の田岡俊次は「超小型の水爆実験の可能性がある」と言ったが、まともな軍事評論家や軍事筋は「アメリカでさえそこまで(水爆の)小型化は出来ていないから無理だ」と言っている。

 起爆に原爆を必要とするのに、わずか3回の核実験しかやってない北朝鮮に、起爆剤として使える原爆があったかすら怪しいし。

 はっきりしたのはこれで、拉致問題解決は完全に遠のいた、と言う事。当然、日本政府は国連が行うだろう追加制裁にも同調するし、拉致調査開始に伴ない解除された制裁の復活は避けられないから、それに北朝鮮が反発をして、拉致問題協議にすら応じなくなるだろう。

 誤解を怖れず言うが、当然、拉致問題は解決されなければならない。だが、北の核保有を認めるようなことがあれば、それは我が国の安全に対する重大な危機となる。最悪、拉致被害者を見捨ててでも、大多数の国民の安全・安心、我が国の平和を守るための行動をとるのは、政治の責務である。悪いのは圧倒的に北朝鮮であり、これで拉致解決が遅れたとしても、その責任は北朝鮮にあるのだ、と言うことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
私も、誤解を恐れずに言えば安倍内閣が拉致問題を解決出来るとは全く思ってなかったので、その点ではむしろ首相はほっとしてるのではないか、とさえ思います。解決出来ない言い訳が出来ますから。現在の劣化した政治に、あんな難しい問題の処理は無理だと思います。事実、なにも出来てませんでしたし。

ただ、これで半島有事の可能性が高まり、先日「みらいしこう」なる寝言で日韓協調を打ち出した日本は、いざ半島有事の場合に介入せざるを得なくなるでしょう。
たしかパパさんも私も、年内の慰安婦問題の解決なんて無理だしするべきでないという立場でしたよね。なのになんであんな愚かしい妥協案を出してまで、偽りの協調をしなければならないんでしょうね。
このまま建築しても
2016/01/07 21:42
アメリカは二週間前に知っていたそうです。
韓国は知らなかった。
本当は日本は知っていたかもですよ。
こっそり日本にだけ教えてもらってて、表面上は日本政府は『知らなかった』と大慌てしたフリをしているかも。

 でなければ、どこかの国が大発狂するかもしれませんから。
ひょっとこハム太郎
2016/01/07 22:27
このまま建築してもさん、おはようございます。
朝鮮半島が緊張してきた事は間違い無いですね。万が一の場合、日本が介入を強いられる可能性も高くなってるのに迷惑な話です。

拉致解決が出来ない分を、慰安婦問題に一定のけりをつけることで帳尻をあわそうとしたのかも知れませんが、馬鹿な事をやったものです。
クルトンパパ
2016/01/08 06:41
ハム太郎さん、おはようございます。
アメリカは知ってたんでしょうかねえ?もし知ってて同盟国に通達していないとしたらそれは問題かもしれません。

オバマ政権が北を放置してきた事で、ココまで来てしまった。もうアメリカには期待できない。

むしろ、面子を潰された格好の宗主国が、金正恩政権潰しに動く事のほうがありうるような気がします。
クルトンパパ
2016/01/08 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮に抗議 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる