クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 国会で総理が「ブーメラン」(笑)

<<   作成日時 : 2016/01/07 12:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

安倍首相、民主党は「天にブーメランを投げているようなもの」 衆院本会議の答弁で

 安倍晋三首相は6日の衆院本会議で、民主党の岡田克也代表が平成27年度補正予算案を「バラマキ」「選挙対策」などと批判したことに対し、「バラマキには当たらない。選挙対策というのは全く的はずれだ」と反論した。

 岡田氏は補正予算案に盛り込まれた低所得の高齢者1人につき一律3万円を配る臨時給付金を「国民の税金を使ったバラマキの選挙対策だ」と発言した。

 これに対し首相は、平成26年に当時の民主党の海江田万里代表が党首討論で同種の給付金を「財源を見つけて行うべきだ」と発言していたと主張し、「天に向かってつばどころか、天に対してブーメランを投げているようなものだ」とこきおろした。

産経新聞 2016年1月6日(水)

 間違いなく臨時給付金は選挙目当てのばら撒きである。そうじゃないのならば、これをやって片方で児童給付金をカットなどしない。

 はっきりと見えてくるのは昔から繰り返されてきた投票に行く老人に手厚く、なかなか票に結びつかない子育て世代に冷たい政治だよ。

 とは言え、民主に言う資格がまったく無いのは言うまでも無い。
 良し悪しは別として、政権政党が選挙目当ての政策をぶち上げるのはみんな同じ。

 例えば長崎県知事選挙が迫っていたから、それほど自動車専用道路網がある訳でもないのに、長崎県内2ヶ所が無料化実験線になったのもそう言う事だし、財源を見つけられないまま子供手当てを給付したのも選挙目当て。あれは大勝した事ですぐに選挙がなかったから、2万6千円にならなかったが、もし、総選挙が近づけば財源など無関係に満額給付を始めたはず。

 と言うことはどうでも良い。と言うことでもないが、それより総理が本会議の答弁で「天に対するブーメラン」と民主党を揶揄したのが面白かった。ネット上では有名な民主党のブーメランがとうとう、国会議事録にきちんと記載された、と言うことをお祝いしませう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ゴ民主と同じレベルなんですよ、自民は。ということをわかりやすく伝えてくれるエピソードではないでしょうか。ブーメランを投げあっているうちに日本はおしまいでしょう。
児童給付金のカットのニュースを知った時に、ああ、この内閣ではダメだと思いました。子育て世代をいかにフォローしていくかが、現在の日本では最重要課題だと思うんですが。
正直、今の日本は憲法改正みたいな「政治ごっこ」をしている場合ではないと思います。少子高齢化と人口減少。それに伴う財政の破綻。池袋がある東京都豊島区ですら、あとたった24年で消滅する可能性が半分あるというおそるべき予想値が出てるのを政治屋さんたちは知らないのかな。
それとも、荒れ果てて移民だらけの国でも、立派な憲法があったほうがいいんですかね(笑)。
優先順位は明らかだと思うのですが。
このまま建築しても
2016/01/07 23:00
このまま建築してもさん、おはようございます。
自民の劣化は間違いなく進行してます。こうならないためにも本物の野党が必要だったのですが。

確かに児童給付金カットは愚策です。先祖がえりです。

それでもまだこれまでの多くの内閣よりはまだましかなと思ってますし、これから期待を裏切らない政策の実現を願ってます。
クルトンパパ
2016/01/09 07:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
国会で総理が「ブーメラン」(笑) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる