クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS びっくりポン(FFGと十八統合へ)

<<   作成日時 : 2016/02/26 08:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  <ふくおかFG・十八銀>地銀最大の統合へ…来年4月

 福岡、親和、熊本の3銀行を傘下に置く九州の最大地銀グループ、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と、長崎県を地盤とする十八銀行(長崎市)が、2017年4月をめどに経営統合する方針を固めたことが分かった。十八銀行はFFG傘下に入り、18年4月をめどに親和銀行(長崎県佐世保市)と合併する方向で調整する。

 地方の人口減少の進行などで地銀を取り巻く経営環境は厳しくなっており、統合で福岡と長崎の地域間連携を強化して、地方再生への取り組みを強化するのが狙い。経営統合すれば、グループの連結資産規模は18兆4428億円(15年3月期の単純合算)となり、国内最大の地銀グループが誕生することになる。

 長崎県は人口減少が著しく、銀行にとって預金が減少する危機感が強い。また同県は多くの離島があり、銀行の支店運営などコスト負担も大きい。経営統合による規模拡大で預金量が増える一方、同県内で十八銀行と親和銀行が重複する約50店舗を対象に統廃合の検討もできてコスト削減などの効果も期待できる。

 FFGは営業基盤拡大などを柱とする中期経営計画が今年3月で終わり、新たな戦略として、九州で確固たる支持を得る総合金融グループとしてのさらなる経営基盤拡大を目指す。十八銀行は経営資源を集中し、地元企業の育成などを強化できるメリットがある。

 今後、FFGの存在感がさらに増し、全国で地銀再編が進む可能性がある。

毎日新聞 2016年2月26日(金)

 これはまさしくびっくりポンだよ。十八もいずれどこかと統合するんだろうとは思っていたが、ライバルだった親和銀行が傘下に入っているFFGじゃないと勝手に思ってたからねえ。

 九州で言えば福銀のライバルである西日本シティ銀行か、あるいは熊本、鹿児島のトップ二行による九州ファイナンシャルグループかなと思ってたのだが、経営的判断で一番FFGが良いとなったんだろうな。

 かつてうちが取り引き行だった九銀は親和に吸収され、その親和が福銀の傘下に入り、次は十八か。銀行も大変だが、これがうちのような吹けば飛ぶような零細企業にどう働くんだろう?

 親和は地元に優しく接してくれていたが、これから十八との合併となれば、それなりの成果が求められる事になり、厳しくなったりしないのか?が心配だよ。

 FFGは今のところで言えば経営的にも問題が少ない十八を統合することで、さらに規模の拡大も出来るし、いよいよ九州から撃って出ると言うことも選択肢に入ってくるのかもしれない。

 何でも良いから、どうかうちを見捨てないで下さいな。それだけが願いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
びっくりポン(FFGと十八統合へ) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる