クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 当然の話

<<   作成日時 : 2016/02/10 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

  電波停止発言、野党が批判=「メディア萎縮させる」

 放送事業者が政治的公平性を定めた放送法違反を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の発言に対し、野党から9日、「メディアの萎縮をもたらす」(細野豪志民主党政調会長)などと批判が相次いだ。
 
 細野氏は記者会見で「自民党には最近は寛容さが全く失われ、メディアに批判的なことを言われれば攻撃を加える」と懸念を表明。民主党の小川敏夫参院幹事長も「非常に不適切な発言だ。撤回し、きちんと釈明する必要がある」と述べた。
 維新の党の今井雅人幹事長は「憲法では報道の自由が保障されている。(総務相発言は)不適切で、政府は謙虚にならないといけない」と指摘。おおさか維新の会の馬場伸幸幹事長は「どういうことが法に抵触するのか、具体的に事例を挙げて言ってもらわないと報道の自由にも関わる問題だ」と語り、適用基準の明確化を求めた。

時事通信 2016年2月9日(火)
 
 この発言のどこが問題なのか、まったくわからないのだが。

 放送法と言うものがあって、それに対する違反を繰り返したら、定められた罰則を適用する、と言うことがだめならば、放送法など廃止してしまえ!と言うことだ。

 野党側の反応のうち、おおさか維新の馬場幹事長の「適用基準の明確化」と言うことは必要だろう。

 が民主党の反応は単に、批判のための批判をする「思考停止」状態 としか言いようが無い。

 大体、放送法改正を強行採決までして行い、ネット放送にまで広げようとしたのは民主党内閣。
 それに比べれば今回の高市大臣の発言は違反を繰り返したら停波もありうると言う当たり前の話であり、放送法は電波を割り当てている以上、政治的中立を求めているのであり、それに明らかに違反し、一切改善の姿勢を見せないのであれば、法に則って対処すると言う普通のことを言っただけでしょ。

 なぜ、法に則って処罰を下す、と言ったら不適切な発言になるのか?意味がわからん。

 これに過剰な反応を示している局があるとすれば、それは思い当たる節がある某TBSのような局なのだろう。岸井とかがずっと政権批判だけを言い続けてきたし、サンデーモーニングは100%偏っているにも拘らず、いかにも中立であるかのように装っているのだし。
  
 無論、メディアと言うものには「権力を監視し、批判する」と言う事も求められている以上、ある程度は仕方無いのだが、大事なのはある程度、きちんとわかる基準を示す事だろう。

 ただ、政治的中立を欠いていると言うのの明確化、は難かしいだろうけどねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
これは、当たり前の事ですよね
当たり前の法を適用されたら当然犯罪者として扱われる民主党とマスゴミが反対してるだけです
報道や野党は政府に反対するのが仕事と言って内容は問わない支持者とか、実際には全く自民党寄りで無いのに政府から支援されてるから与党寄りのことを言ってるとか頓珍漢なこと言ってる馬鹿とか
そもそも日本のマスゴミは瓦版発祥で、今でも売れれば正義内容は知らん、責任など考えた事も無いのがずっと続いてます
文字を覚える以外では役に立たないのが、日本の売り上げ上位4位までの新聞です
むしろ品性が下がる分、18禁にしても良い内容ですね
報道ステーションなど民主党が民主党と名乗る事と同じぐらいに、民主主義を馬鹿にしていますし
言論の自由以前に、報道の権利以前に、その権利に見合った義務も果たさない、責任も取らないんですから、まともな人間なら罰されるのが当然だと解るし、それが理解出来ないような犯罪者集団だから、問答無用で処罰すれば良い
世界史は面白い
2016/02/11 12:09
世界史は面白いさん、おはようございます。
法を法律どおりに執行する可能性を言ったら、それが言論弾圧だとか。馬鹿か?です。

安倍政権がそう言う気持ちならば、とうの昔にTBSは放送停止です。

可能性すら否定する意味がわかりません。
クルトンパパ
2016/02/12 07:27
こんにちは。
ゴ民主は当然ですが、政争ごっこ大好きの元維新勢もダメですねえ。
放送法について言及するなら、一番の問題は「中立かどうかを誰が判断するかということ」であって、そういう論議をしないと。
私はこの法に詳しくありませんが、もし時の政権の所轄大臣が中立かどうかを判断するとしたら、それは大問題だとは思います。ロシアか中国並みの人権後進国レベルでしょう。
だいたい、政治的中立というからにはいわゆる御用メディアが政府寄りの報道をすることだって法律違反になるわけで、それはやはり第三者機関じゃなければ判断出来ないと思いますし。
バカ野党は議論のための議論じゃなく、建設的な論議を仕掛けて欲しいですね。
このまま建築しても
2016/02/16 22:36
このまま建築してもさん、おはようございます。
おっしゃる通りなんです。誰がどう言う基準で判断するか?と言うことが問題なのに、法律どおりに解釈した答弁をメディアへの抑圧になると言うことだけで騒ぐ。

高市大臣自身が自分の任期中にそう言うことにはならないだろうと答弁しているように、短期間で誰かが判断する訳じゃないことも言っているのに、なんとも馬鹿らしい。

こう言う不毛の論議に時間を費やしていられるほど、今の日本に余裕は無いと思うのですが。
クルトンパパ
2016/02/17 06:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
当然の話 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる