クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 確かに無用<安保法廃止法案審議>

<<   作成日時 : 2016/03/31 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<安保関連法廃止法案>審議せずの自公…世論高める必要なし

 民進党や共産党など野党4党が国会に提出している安全保障関連法廃止法案は今国会で審議されないことになった。安保関連法が29日に施行され、夏の参院選が終わるまで世論の関心をあえて喚起する必要はないと与党が判断した。野党は「審議しないのは不安の裏返し」(民進党の山井和則国対委員長代理)と反発している。

 野党5党(当時)は2月、安保関連法廃止法案を提出。衆院議院運営委員会で共産党が審議入りを求めていたが、自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は30日の会談で、野党の要求に応じないことを確認した。

 安倍晋三首相は29日の記者会見で「絆の強い(日米)同盟によって間違いなく抑止力は高まる」と安保関連法の意義を強調した。しかし、同じころ国会周辺では約3万7000人(主催者発表)が関連法への反対を訴えるなど世論の批判はなお根強い。

 野党の廃止法案にはこうした層の支持を取り付ける狙いがある。民進党の山尾志桜里政調会長は30日の記者会見で「あれだけ対案を出せと言ってきたにもかかわらず、審議しないのは矛盾している」と「選挙前の安保隠し」を図る与党を批判。共産党の穀田恵二国対委員長も「首相は『丁寧に説明する』と言ったのを忘れたようだ」と皮肉った。

 ただ、民進党の保守系議員には共産党と一緒に廃止を訴えることへの抵抗感が強い。廃止法案を前面に出せば与党から「党内不一致」を突かれる危険もあり、中堅議員の一人は「廃止法案は選挙向けに出しただけ。審議入りせずに済んでよかった」と率直に語る。

 岡田克也代表は29日の談話で「安保法制を白紙化するための取り組みを続けていく」と訴えたが、その道筋は見えていない。

毎日新聞 2016年3月30日(水)

 昨年夏、あれだけ長時間の審議をして、最後は野党側は聞く事が無くなったかのように、与党のチンピラ議員の失言や、挙句の果てには新国立競技場問題まで質問して、与党に「審議は尽くされた」と言われてしまったのだから、いまさらまた、と言う事だ。

 今頃こう言う法案を出すくらいならば、維新が出したようなぎりぎりのタイミングじゃなく、もっと早い時点で対案を出し、徹底的に双方の案を審議すれば良かったのだよ。山尾の馬鹿が「あれだけ対案を出せと言ってきたにもかかわらず、審議しないのは矛盾している」などと言っているが、対案はあの時必要だったのであって、すでに成立し、特亜を除く世界各国の賛同を得ている法律を今から廃案などすれば、世界の信頼を失なうのだから、無視して当然。

 本来、民主党や維新の党には法案そのものの必要性を認識していて、政府提案のものの不備を審議し、修正すべきだと考えていた議員が結構いたのに、岡田執行部はそれを無視し、対案ではなく審議拒否で応じた過去があるのを忘れてはいけない。

 民進党らが出すべきは、廃止法案ではなく、問題点をあぶりだした修正法案。
 それをやらず、共産党だの社民党だのと歩調を合わせているようでは、どうしようも無い。

 ついでに言えば弾薬運搬を一般の貨物運搬と同じ程度にしか考えず、米軍などからの依頼があった時、運搬する弾薬類のを確認すると言う当然の総理の答弁に対し、「今のは本当ですか?重大な答弁ですよ」と言って、総理から「当然、武器や弾薬は、それぞれ運搬方法などが違うし、自衛隊には運搬できないものもあるのだから、当然確認しますよ」と笑われた山の井などをこの問題の当事者としているようではどうしようも無いと言うことを指摘しておきませう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
確かに無用<安保法廃止法案審議> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる