クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 違和感の正体(新国立聖火台)

<<   作成日時 : 2016/03/04 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

  東京五輪聖火台、新国立競技場外に設置の可能性

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台について、遠藤五輪相は3日、メイン会場の新国立競技場の外に設置する可能性があることを明らかにした。

 国際オリンピック委員会は「聖火台は全観客から見える位置に置くべきだ」という原則を定めており、競技場外の設置は夏の五輪では異例。大会組織委員会などは検討チームを作り、5月までに設置場所を決める。

 昨年12月に採用された新競技場のデザイン案には、聖火台の設置場所が盛り込まれていなかった。遠藤五輪相ら関係機関のトップはこの日、競技場の基本設計が取りまとめられる5月までに設置場所を決めることで一致した。競技場内に設置する場合、デザインの一部変更もあり得る。遠藤五輪相は「建設費も変わってくる可能性がある。色々な条件を踏まえて決める」と話した。

読売新聞 2016年3月4日(金)

 なるほどなあ、と思ったのだよ。新国立のデザイン画を見ながら、何か違和感があったのだが、そうだね、聖火台がないんだ。旧国立の象徴的なものだった聖火台が、新国立のあらゆるデザイン画にまったくなかったなあ。

 確か、案の中には旧国立の聖火台をどこかに展示するとかそう言う話はあったが、どこに聖火台を設置するかはまったく出てないし。

 でも、もしかしたら、こう言う事を言いながら、実はあっと驚くような形でどこからか聖火台が開会式、登場し、そして空中に浮かんでいる!とかのサプライズがあったりして(笑)

 とは言え、現実的なことを言えば、屋根の木造部分の一部を木造から何らかの耐火構造物に変えてそこに設置するとあ言うのが一番だろうね。場外に設置すると言うのはありそうだが、屋根があるから全ての観客席から見えると言う事にするためには、物凄く高いものにしないと無理な気がするからね。

 オリンピックに使おう!と言いながら、これを忘れているとか、なかなかこの新国立、前途多難だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
このまま建築しなくても、がっかりでした(笑)。組織委員会、ちゃんと仕事しろよ…。聖火台でハトを焼死させたどこかの国を笑えないなあ。
このまま建築しても
2016/03/04 20:17
おっしゃる通りで、そうたいした問題ではありません。該当する部分を不燃構造にすれば、消防法上は問題なくなるだけのことでしょう。少し構造の認定が変わるでしょうが。大騒ぎする連中の方が馬鹿です。
基本は、開会式でどうしたいのかってことですけど、演出家は決まっているんでしたっけ・・・?そちらの方が大きな問題でしょう。
私個人的には、この大会には反対でしたし、今の計画はコンパクトではなくなってしまいましたが、もう中止にもできますまい・・・。
箕輪伝蔵
2016/03/06 21:23
このまま建築してもさん、本当にがっかりです。組織委員会もJSCも相手が考えると思ってたようで。
本当にアホな話です。

箕輪伝蔵さん、おはようございます。
実際問題、どこかを耐火構造にするしかないでしょう。外に作ると言ってもあの天井がある以上、物凄く高いものにするしかないんですから。

オリンピック、楽しみにしてるんでなんとかやって欲しいんですが、次々と問題が起きてしまいますねえ。
クルトンパパ
2016/03/07 08:34
選手の中にも、大津・皇子山学区民から「自殺事件の逃避の為のタダの道具」にされちまう人が出てくるし…。
現実主義者
2016/03/18 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
違和感の正体(新国立聖火台) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる