クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 米韓合同演習開始、北朝鮮無慈悲な総攻撃へ

<<   作成日時 : 2016/03/07 12:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

米韓が最大規模の合同演習=北朝鮮「総攻撃」と威嚇

 【ソウル時事】米韓両軍は7日、朝鮮半島有事に備えた合同軍事演習を開始した。

 北朝鮮の核実験と長距離弾道ミサイル発射を受けて、米軍約1万7000人、韓国軍約30万人が参加する過去最大規模の演習となる。

 これに対し、北朝鮮の国防委員会は7日、米韓合同軍事演習を「最も露骨な核戦争挑発」と非難する声明を発表、「総攻撃」を仕掛けると威嚇した。ミサイル発射などの対抗措置に出る可能性もある。韓国国防省報道官は「万一、北朝鮮が挑発を強行した場合、わが軍は断固とした容赦ない対応を取る」と警告した。

 演習は4月30日まで行われ、北朝鮮への先制攻撃も想定した新作戦計画「5015」を適用。指揮系統を確認する「キー・リゾルブ」、野外機動訓練「フォール・イーグル」が実施され、核・ミサイル施設の掌握を念頭に置いた上陸訓練「双竜訓練」も予定される。

 米軍は原子力空母「ジョン・C・ステニス」、最新鋭ステルス戦闘機F22、核搭載可能なステルス戦略爆撃機B2などを派遣する見込みで、「例年に比べ、米側が大幅に増強される」(韓民求韓国国防相)という。

 北朝鮮の国防委は声明で、米韓合同演習には米空母や戦略爆撃機などが投入され、北朝鮮の「制度転覆」を目的に最高首脳を狙う「斬首作戦」の訓練も含まれていると述べ、強い警戒感を示した。

 その上で、これに対応するため、「総攻撃に入る」と宣言し、「先制攻撃的な軍事対応を取る」と強調した。

時事通信 2016年3月7日(月)

 常識的に言えば、いまだ北朝鮮に本当にアメリカ本土を攻撃する力も、核を搭載したICBM発射の能力も無い。それ以前に、ノドンやテポドンを実際に、韓国や日本の米軍基地などを含む地域に発射した場合、アメリカによる全面報復の可能性があり、それを行った段階で北朝鮮が地上から無くなる事になるから、結局の話、口先番長である可能性が高い。

 ただし自ら後ろ盾であった中国とのパイプを断ち切り、世界を相手に喧嘩しようとしているとしか思えない核実験やミサイル実験を続ける異常なバカボンだけに、何をしでかすかわからない恐怖はある。

 が、もしさすがにバカボンが命令を下した場合、軍部などわかっている者たちによる金正恩排斥のクーデターが行われる可能性はあるだろう。で、飾りとして正哲を立てて、まず中国との関係改善を図るかもしれない。

 現実的な話として言えば、それが一番、日本にとってまた世界にとって良い気がするけどねえ。本当は正男のほうが良いだろうが、それは無理だろうし。

 金正恩の恐怖政治に関する不満、それか確実に軍部などにもあるだろうから、一歩間違えば大変な事になるかもしれない。

 実際には何にも起きない、と言うことだろうけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米韓合同演習開始、北朝鮮無慈悲な総攻撃へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる