クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 開示できないだろうな

<<   作成日時 : 2016/04/08 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

安倍首相、TPP記録開示を拒否=「出せぬものは出せぬ」―衆院委

 安倍晋三首相は7日午後の衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で、野党が求める交渉経緯の記録開示について「交渉は妥結した結果が全てだ。結果に至る過程の協議が、すぐ表に出るようなら、外交交渉はそもそも成立しない」と述べ、否定的な考えを強調した。

 民進党の玉木雄一郎氏への答弁。

 同党の福島伸享氏が政府に善処を求めたのに対し、首相は「どういう場面で相手が譲ったか推測されれば相手側にも影響を与える。どの国も今までのやりとりを出してはいない」と説明。「出せないものを出せと言われても実りある審議にならない」と語った。

 玉木氏は、政府が各国と交わした「秘密保護に関する書簡」の公表も求めたが、石原伸晃経済再生担当相は拒否。交渉に当たった甘利明前経済再生相からの引き継ぎ内容についても石原氏が回答を避けたため、玉木氏は甘利氏の参考人招致を求めた。

 首相は「今までも交渉に関わった閣僚が代わったことはある。批准する際に担当閣僚が答弁するのは当たり前だ」と指摘。「石原氏が経緯を引き継いでいる。甘利氏が答弁する必要はない」と述べ、招致は不要との認識を示した。民進党の大西健介氏への答弁。 

時事通信 2016年4月7日(木)

 昨日、これ見てたが、実に不毛の議論の連続。おそらく玉木も外交上の交渉過程の詳細の開示など出来ない事がわかった上で、TPPに関し、政府が隠し事をしようとしていると言うイメージ作りなんだろう。あの、真っ黒に塗られた文書を繰り返し見せてた事と合わせて。

 外交だから、双方が譲り合ったりする訳だ。が、どのポイントでどれだけ日本政府が譲ったとか、逆にアメリカが譲ったと言う事が表に出れば、今後、日本はまだEUとも同様の交渉が控えているし、相手に最初から有利な情報を与える事になるから、これは開示できない。

 全ての国との同様の交渉が終わってからの話だろう。

 むしろ問題は、西川委員長が出すと言う本の方。元農水相で、確か自民党のTPP委員会の委員長か何かやってたでしょ?その人の本で、どうも交渉過程を書いているとか。もし本当ならば、これは問題になるよ。ただし、ゲラ刷りの段階だから、実際日本になった時には削除されている可能性もあるが、とにかく確かめねば。

 ただ、それを昨日の委員会でどれほど言い立てようが、委員会において委員長が答弁する立場に無いのは事実であり、西川委員長に対して質問し、答えを得るための別の何かを開く事を求めて行くべきだろう。できないと言うのに対し、いつまでも拘っていてもまったく前に進まないし、開示できないと言う事がわかっていて、それに拘泥している暇があったら、総理らは「外交は結果だ」と言っているのだから、はっきりとわかっている結果の中で、問題点をあぶり出していくべきだと思うけどなあ。

 個人的には問題もあるが、関税撤廃が世界の流れである以上、日本が守りたい、と言うもの全部を守るのは不可能。そんな中で、参加各国の中で一番、守れたものが多かった交渉はなかなかのものだった、と思うけど。ただし、結果の内容についてそれほど詳しく読んでないから、よくわからんのだけどさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
黒塗りについてはパパさんがおっしゃる通りだと思います。ただのパフォーマンスでしょう。くだらん。
ただ、TPPについて大いなる懸念はあります。それこそ、人口減少社会日本の、地方にとどめを刺しかねない愚策の可能性が否定しきれないので。
論外なのは西川某ですね。まさに政治の劣化の象徴だと思います。木っ端公務員の時から収賄で逮捕歴があり、政治家になってからも主張がコロコロ変わる(もともと「TPP参加の即時撤回を求める会」の会員でした)クズ。そしてこんどは暴露本ですか。彼らしいですね。
まあ、委員会で言い立てたおかげか、アマゾンからは削除されました。民進党のおかげかな(笑)。
たった一年前に不祥事で大臣を辞任した男を、国の重要な国益にかかわるTPP特別委の委員長に任命しなくちゃいけないほど自民党は人材不足なんですかねぇ。
このまま建築しても
2016/04/08 11:57
このまま建築してもさん、こんにちは。
 民主のパフォーマンスはおいといてですね、西川が委員長だ、と聞いたときから違和感はありましたよねえ。辞任している元大臣ですから。

 それでも、とにかく総理に尻尾を振って、必死でTPP擁護に回ったことに対するご褒美だったんじゃないでしょうか?

 選挙が弱いんで、辞任したままでは比例復活すら危ないから、テレビに映るTPP委員会委員長と言うことで、ダブル選挙に備えさせたような気がします。

今頃安倍総理、むかむかしているでしょう。せっかく委員長にしてやったのに、こいつのせいで審議が止まるんですから。
クルトンパパ
2016/04/08 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
開示できないだろうな クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる