クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育て世代を大事にしろ

<<   作成日時 : 2016/04/14 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小泉氏「人口減少強みに変える」=自民若手、社会保障で提言

 自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員会」(小委員長・橘慶一郎総務部会長)は13日、党本部で会合を開き、社会保障制度の見直しなどを柱とした提言を正式に了承した。

 夏の参院選から選挙権年齢が引き下げられることをにらんだ内容となっており、中心メンバーの小泉進次郎農林部会長は会合後の記者会見で、「人口減少を強みに変えて新たな社会づくりをする」と強調した。

 社会保障制度をめぐり、若者層が高齢層より冷遇されているとの指摘がある中、提言は「政治がレールをぶっ壊して、自由に生きていける日本を創る」などと若者向けのメッセージを記載。高齢者への給付が中心の制度から、「全世代型の社会保障に転換する」ことを訴えた。

時事通信 2016年4月13日(水)

 若手にはかなりの危機感があるんじゃないのか?

 どうしても選挙対策と言うことが重視されるために、投票率が比較的高い高齢者対策が重視され、なかなか選挙に足が向かない若者、中でも子育て真っ最中に対する政策がおろそかになり勝ちなのが、これまでの政治だった訳だ。

 が、今、確かに愚かな主張を繰り返しているとは言え、SEALDsなどがもてはやされている事もあり、もうすぐ政治化を終える老人はともかく、小泉進次郎たちにとっては冗談じゃないぞ、と言う話だろう。

 本当にそこは非常に大事なのだ。もっと早く、細川内閣くらいから、子育て世代、もっと若い世代に優しい政治をしていれば、20年以上経過しているのだから、もしかしたら今の少子化の流れが少しは違っていたかもしれないと思うぞ。

 とにかくこれは当然、一番悪いのは政権党。そのほとんどを担ってきた自民党が一番悪い。だが、野党も大きな声を上げて、なんとか子育てに優しい社会をと、誰も言ってこなかったのが原因だ。全ての政治家が悪い。

 すでにかなり遅きに失している感はあるが、だが、やらないよりやった方が良いのは言うまでも無い。

 安倍総理らはこの提言をきちんと受け止め、提言をした若手議員が驚くほどの政策を打ち出して欲しいものだぜよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子育て世代を大事にしろ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる