クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕方ないんだろうなあ(捜索中止)

<<   作成日時 : 2016/05/02 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  捜索中止に「断腸の思い」…熊本知事、表情硬く

 「断腸の思いだが、できることは全てやった。これ以上は二次災害の危険がある」。

 熊本県の蒲島郁夫知事は1日午後5時頃、県庁で記者団に対し、捜索中止の理由を語った。南阿蘇村の長野敏也村長も記者会見し、「両親の気持ちは察して余りある」と硬い表情を見せた。

 捜索現場に近い立野地区は、余震などでさらなる土砂崩れの恐れがあるとして、全域に避難勧告が出されており、捜索も雨や濃霧で、見合わせとなることがあった。

 1日に消防隊員らの指揮をとった古閑嗣人・熊本市消防局西消防署警防課長(51)によると、現場は崖のように切り立った場所があり、靴底が2〜3センチ沈むほど地盤も緩いという。

読売新聞 2016年5月2日(月)

 ご家族のお気持ちとか考えれば、これは非常に厳しい判断だとは思うのだが、まさか二次被害を起こす訳には行かないし、無人重機での捜索で可能な範囲の捜索が終わった以上、余震が治まらない中での人的投入は出来ないからこれは仕方無い判断なのだろうなあ。

 無人重機とは言え、当然、操作するオペレーターもいるし、監視する人間もいる。費用もかかる。さらに、捜索隊投入の決断があればすぐに対応できるように待機する部隊もいる。

 が、当分、それが望めない以上、その人員、費用は復旧、復興に当てたいと言うのが行政として当然の判断だからねえ。

 これは捜索するために待機していた自衛隊、消防、警察などは無念だろうが、いつか震災が治まり、土砂崩れなどの対策が終わったら、その時こそ発見のために今一度、全力を挙げて欲しいものだ。

 政治は時に非情な決断を下さなければならないのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
 非情な決断ですが、しょうがないと思います
しかし、こういう事を鬼の首を取ったかのようにマスゴミや野党は噛み付いて国会を空転させるのでしょうね
 毎日新聞や蓮舫など絶対に噛み付きそうです
理由もなく他人に噛み付く狂犬は、薬殺しないと社会の迷惑です
 分別も無く事の善悪の判断も付かないのですから、殺したり檻に閉じ込めるのがかわいそうだというのなら、人に噛み付かないように歯と舌を引っこ抜いて指も取ってしまわないといけませんね
 こうしてみると、日本の近現代史で左翼に対して行われた処罰は、正しい事じゃなかったのかと戦後の左翼思想家の歴史を見ているとつくづく思います
世界史は面白い
2016/05/02 13:29
世界史は面白いさん、こんにちは。
捜索隊が入れるのならば、まだ捜索を続けているんでしょうが、無人重機以外は入れないのでは仕方無いと思います。
これを問題視するのならば、取り上げるほうがおかしい。
クルトンパパ
2016/05/02 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕方ないんだろうなあ(捜索中止) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる