クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 舛添、辞職へ

<<   作成日時 : 2016/05/20 15:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

舛添知事公私混同疑惑 外部の専門家に調査依頼へ 辞職は改めて否定

 政治資金の「公私混同」疑惑に揺れる東京都の舛添要一知事の定例会見が20日、都庁で開かれ、一連の疑惑について「ご迷惑、ご心配をかけた」と謝罪した上で、第三者の政治資金規正法に詳しい複数の弁護士に調査を依頼し、早急に調査結果を出す考えを示した。

 会見では、報道陣から、政治資金で支払った、千葉県のホテルでの宿泊費や、インターネットオークションで購入した美術品についてなどの質問が相次いだが、舛添氏はいずれの質問に関しても、「第三者の弁護士に厳しい目で調査してもらう」との回答を繰り返した。

 弁護士の調査の結果、政治資金の問題があるとされた場合の進退について質問が及ぶと、舛添氏は「まずはしっかりと厳しい第三者の公正な目で見ていただいて、結果が公表される。そのときに同時に極めて公正な目でのご指示があると思う。それを受けて指示に従いたいと思っている」と述べた。

 その上で「しかし、今のところは全身全霊を傾けて仕事し、都民のために信頼を回復したいその一念です」と続投に意欲を示した。

 都庁の会見場は、新聞、テレビのほか、ネットメディア、雑誌など多数の記者やカメラマンで通路まで埋め尽くされた。舛添氏が頭を下げる度に一斉にフラッシュがたかれた。

産経新聞 2016年5月20日(金)

 どうやら一切、個々の疑問には答えず、すべて「厳しい第三者の目で調査する」で乗り切ろうとしている。

 驚く話ではある。当然、今回は説明できる部分は説明し、出来ない部分に関しては間違ってた、と潔く認め、誠意を持って謝罪する事でなんとか乗り切ろうとするのではないか?と思ってたのだが、すべて厳しい第三者の目で調査してから、で乗り切れると思っているのか?

 これでさすがの官邸・自民党・公明党も舛添を切る方向に進むだろう。
 もしこれで、間違いなく都議会で民進・共産らが求めるだろう「百条委員会」を自・公が拒んだりすれば、来年に迫っている都議選で厳しい洗礼を受けることとなる。

 間違いなく、百条委員会が設置され、舛添はまともな釈明が出来るはずもなく、都議会で不信任案が可決されるのは間違い無いだろう。

 あとは舛添がどう対処するかだ。猪瀬氏は百条委員会と言う話だけで辞任した。猪瀬氏どころじゃない疑惑のデパートである舛添が乗り切れないことは明白。果たして、その前に辞任するか?だが、何しろ舛添だからねえ。平気で百条委員会で嘘を重ね、その後、不信任が可決されたら、平然と都議会を解散しかねない。

 権力と金の亡者、こんなのを都知事にした自民党・公明党の責任は大きい。責任を持って首にしないとだめだぜよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
悪夢のシナリオですが、もしかしたら自公は「青天井に膨れあがったオリンピックの運営費を都が一部負担すること」とひきかえに、舛添で乗り切ろうとするかもしれません。
おそらくこれから、馬鹿げたレベルの予算超過が続々と明らかになってくるでしょう。今ですらうんざりしている国民(都民)の神経を逆なでするような。それを、完全な悪役になって都が負担する、と言える人物は誰かいるかなあ。
無党派候補が「返上」を公約し、野党系は「開催はするが、都は一切の追加負担に応じない」と公約するでしょう。それに対して…。
私の妄想だといいんですが。
このまま建築しても
2016/05/20 19:39
おはようございます。
さすがにそれは無いと思いますが、と言うより思いたいところです。

次の候補、一番求められるのは決断力とか判断力より身奇麗と言う事になりそうですねえ。
クルトンパパ
2016/05/23 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
舛添、辞職へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる