クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄だけじゃないが

<<   作成日時 : 2016/05/23 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

翁長知事、安倍首相に抗議へ きょう官邸で会談 中央政界の対応焦点

 翁長雄志知事は23日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、元海兵隊員で米軍属の男による女性遺体遺棄事件に抗議する。翌24日には安慶田光男副知事も外務省、防衛省に抗議する方向で調整しており、中央政界が県首脳にどう対応するかが焦点になる。米側は、ケネディ駐日大使が来県して謝罪する案を検討しているが、県内では「全基地撤去」を求める声が強まっており、幕引きは容易ではない。(政経部・吉田央、大野亨恭)

 「首相が会わなければ、知事は沖縄に引き上げる」

 政府との調整が続いていた20日、県幹部は会談の位置付けを、こう説明した。

 事件の重大性を考慮し、行政府の長が応じなければ、知事は予定されていた沖縄振興関連の会議にだけ出席し、きびすを返す覚悟だった。24日には、知事が首相にかりゆしウエアを贈呈する恒例行事が予定されていたが「笑顔のセレモニーは現状にふさわしくない」(県幹部)として、取りやめになりそうだ。

 知事は12日間の訪米、訪台を終えた翌日の21日、被害女性の告別式に参列した。「長期出張で疲れ切っている状態」(周辺)だったが、被害者と遺族に寄り添うことを重視した。

 事件への初動は、知事の留守を預かった安慶田光男知事が担った。

 「明日も『民間人の犯行』だと責任放棄のようなことを言うなら、お引き取り願う」。安慶田氏は19日、怒りをあらわにしていた。

 20日に安慶田氏と会談したニコルソン四軍調整官は前日に安慶田氏へ電話し、最初の謝罪をしていた。

 その際に「民間人の犯行だと強調していた」(県幹部)ため、安慶田氏は20日の発言を注視していた。

 会談で調整官が自身の責任を明確に認めた上で謝罪したため安慶田氏も受け入れたが、舞台裏は一触即発だった。

 日を追うごとに事件の悪質性が明らかになり、沖縄の怒りに拍車をかける。

 稲嶺進名護市長は22日夜、県議選の総決起大会で「女性の命が虫けらのように扱われた」と憤った。
 辺野古に新基地を造る方針を変えない政府への不信感も高まる。名護市長とともに演説した知事は「無念だ。こういう事件に、政府は寄り添わない」といらだちを示した。 

 こうした状況に、県選出で沖縄担当相の島尻安伊子氏は危機感を強める。

 「4閣僚を集めてください」。島尻氏は19日、菅義偉官房長官に関係閣僚会議の開催を進言した。「局長級ではだめか?」と難色を示す菅氏を押し切った。

 政府も事件の重大性を認識し始めた。

 「知事には首相が対応できそうだ」。政府高官は20日午後、安堵(あんど)感を示した。官邸幹部や閣僚からも「首相が会うべきだ」という進言が相次いでいた。

 「私は告別式に行く。防衛省も誰か行った方がいい」。20日の関係閣僚会議で島尻氏が提言し、中谷元・防衛相は参列を急きょ決めた。

 ただ、対症療法では、沖縄側の怒りは収まらない。8万人以上の規模で県民大会を開く方針も決まった。防衛省幹部は苦悶(くもん)する。

 「遺族は『告別式に大臣が来ようが総理が来ようが、娘は戻らない』と思うだろう。しかし、誠意を示すには、これしかないんだ」

沖縄タイムス 2016年5月23日(月)

 米兵および基地関係者による犯罪のうちほぼ半分が沖縄で起きている。

 当然だが、うちの地元である佐世保でも時々発生しているが、沖縄ほどじゃない。それは実に単純な理由であろう。絶対数が違うからだろうな。

 日本に米軍基地が残る限り、米兵・関係者による犯罪がなくなることは絶対に無い。それは間違い無い。

 当然だが、自衛隊関係者による犯罪も無くならないし、警察、消防関係者による犯罪も無くならない。
 それは一定数の人員が居る職種では、必ず何らかの犯罪を犯す者がいる、と言うことだ。

 東大だって三菱グループでも当然、犯罪者は出るし、新聞、テレビなどの関係者も出る。

 が、沖縄の特殊事情がとにかく、米軍関係者による犯罪をことさら大きな問題とする。

 今、アメリカは徴兵制度じゃないから、志願兵の中にはかなりの確立で低所得者やモラル低い地域の人間が存在している。そして、軍隊と言う特殊な環境下にいる事も、犯罪を誘発する要因の一つになっているだろう。

 翁長が言うように、地位協定の改正は急務である。ただし当然米軍が撤退すれば地位協定は無用となるから、撤退派は地位協定改正に触れる事をあまりしたがらないと言う事もあるのか、あまり圧倒的な不利な協定の改正には積極的じゃなかった。が、これは徹底的に政府にも求めて、世界のどの国よりも駐留経費を負担しながら、世界一不利な協定であると言われているのだから、これの改定、それが大事だと思うのだよ。

 それにしても、本当ならばすでに8000人規模の海兵隊が沖縄を離れているはず。だが、普天間移設反対行動の影響もあって、それが進んでいない。実際問題、普天間から辺野古に移設すれば面積、人員などが3分の1に削減できるし、辺野古は事実上、キャンプシュワブと同じような場所にあるのだから、基地が一つ減るのに近い。

 むやみに反対するより、これを受け入れ、代わりに地位協定改定に全力を就くす事を政府に約束させる方が得策のような気がするが、翁長はそう思わないのだろうなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
見知らぬ女性を棒で殴って車に押し込み、暴行後殺人。日本の強姦罪の多くが「顔見知りによる犯行」であることを考えると、異質かつ暴力的・卑劣な犯行で、反吐が出ます。もちろん、強姦の全てが卑劣ではありますが。
事件は勤務時間外だったから日米地位協定の対象外だそうですが、勤務時間内だったら日本の裁判権すら確定でなかったのかよ、と思うとうんざりしますね。
前都知事の猪瀬氏が言っていたように、安倍内閣が安保法制の時に地位協定の改定をするべきだったんでしょうねえ。これからでもよいので、なんとか改定してほしいです。
沖縄の左翼はともかく、ミスター自民党だった翁長が移転の問題でかたくななのは、歴代政権の「地位協定改定やるやる詐欺」に腹をたてているからだと思います。今日の総理との会談でも地位協定の見直しを要求したようですし。
このまま建築しても
2016/05/23 19:39
このまま建築してもさん、おはようございます。
今回、地位協定外と言う判断を下したのは、一つは彼が現役軍人じゃなく軍属だと言うことと、何よりオバマ来日直前と言うことで、大統領訪日時の大騒ぎを避けたいと言う思惑があるからでしょう。
これが、現役軍人だったりすれば、地位協定を強引に適用しかねませんし。

地位協定を改正すべきだ、と言うのがなかなか大きな叫びになりません。基地の完全撤廃などと言う実現困難な問題より、これに全力を挙げるべきだと思います。

ただ、翁長がなぜオバマ大統領に直接あいたいなどと言うのか意味がわかりません。総理が言うべきことは言うでしょうし、被害者遺族ならまだしも、たかが事件自治体の首長にしか過ぎないのですから。
どうも翁長、自分に酔ってる気がします。
クルトンパパ
2016/05/24 07:22
デモとか何の意味あるんですか…。

被害者寄りの叫びなんか「うるさいなぁ!」「キチガイか!」「ひ弱で卑屈なネットジャンキーと同類」「元被害者の無様な過剰反応」と嘲りやら反感の対象になって終わりな世の中に俺らは生まれてきてるんですがね。
現実主義者
2016/05/24 13:37
パパさん、おはようございます。
 国としては大金を受け取って、そう悪いものではないと思います。
 ただし実際の基地の兵隊からすれば、キチガイに喚きたてられて、たまったもんじゃないというのが実情じゃないでしょうか。
 日本がキチガイを規制する節もなし、沖縄二誌も日本三大新聞も偏向するだけで、デマゴーガーと変わりなく、日本はそれを放置。
 それじゃ末端のやる気も無くなって、組織の運用にも悪影響が出ますよ。
 一部の声のうるさいキチガイのせいで、真っ当な訴えも同じ者と見做されるし、キチガイが近所で喚いているせいで、沖縄の自殺率は酷いことになってます。
 一遍戦前から戦後にかけて、マスゴミが売るためにやったねつ造報道と、その影響を教科書にして道徳の必須授業にしたらいいんじゃないでしょうか。
世界史は面白い
2016/05/26 08:29
世界史は面白いさん、こんにちは。
マスコミの異常さに関して本当はもっと、きちんとした検証をすべきなんでしょうが、何しろその異常さを検証すべきマスコミ全体が異常ですからねえ。

クルトンパパ
2016/05/26 15:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄だけじゃないが クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる