クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 舛添、うんざりだぞ

<<   作成日時 : 2016/05/27 13:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  <舛添知事問題>「新党改革」から組織対策費1050万円

 ◇政治資金規正法で、使途開示する必要がなく

 東京都の舛添要一知事が参院議員時代の2012〜13年、当時代表を務めていた「新党改革」から「組織対策費(組対費)」の名目で、政党交付金を含む1050万円の政治資金を受け取っていたことが分かった。政治資金規正法で、組対費として党が議員個人に拠出した資金は、その後の使途を開示する必要がなく、舛添氏の具体的な使い道は明らかになっていない。

 舛添氏は政治資金を絵画購入や家族旅行の費用などに充てていたことが明らかになっており、専門家は「組対費にも私的流用がないか使途を明らかにすべきだ」と指摘する。

 新党改革の政治資金収支報告書などによると、同党は舛添氏個人に対し、12年11月と12月に計800万円、13年2月と5月に計250万円の組対費を支出した。このうち12年の800万円は全額、税金が原資の政党交付金から支出されていた。

 現行の政治資金制度では、政党が政党支部などの政治団体に交付金を出した場合、受けた団体は収支報告書で使途を公開する義務があるが、組対費として政治家個人に支出すれば、政治家は使途を開示する必要がない。自民党や旧民主党も党幹部個人に対して同様の支出があり「党の機密費」などと批判されてきた。

 舛添氏はインターネットオークションサイト「ヤフーオークション(ヤフオク)」で美術品などを度々購入し、一部は舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(14年解散)が「資料代」として購入費を支出していたことが明らかになっている。

 12〜13年にヤフオクで落札した美術品は約90点に上り、このうち組対費が入金された12年11〜12月には、水彩画や版画など少なくとも7点を購入している。また、200万円が入金された13年2月にも油絵など3点を購入していた。

 毎日新聞は舛添氏の事務所に、組対費に私的流用がないか文書で質問したが、期限までに回答はなかった。

毎日新聞 2016年5月27日(金)
 
 本当は政党助成金の支給対象をもう少し考えるべきなんだろう。

 国会議員5名以上か直近の国政選挙で2%以上得票する、と言う事にしているから、新党改革だの生活の党と山本太郎と仲間たちだの社民党だのにまで配分される。

 国会議員10名以上か直近の国政選挙で5%以上の得票を得る事、とするとかね。そうすれば、自民党、民進党、公明党、共産党、おおさか維新の会だけだから。当然、有象無象の弱小政党の離合集散が進むだろうし、野党改変もあるだろう。

 それはともかく都議会与党の自・公は対処に苦労しているだろうなあ。共産が100条委員会設置を求めてきたりすれば、下手な対処は来年に迫っている自分たちの選挙に確実に跳ね返ってくるからね。と言って、今はまだ舛添の首を取る時期じゃないし。

 早々と首を取ったりしても、次の候補にこれと言う人材がいないし、何より参院選とほぼ同時期などと言う事になれば、4年後、東京五輪直前に都知事選と言う事になるから、いまはまだ先送りしたいところだろう。

 幸い、舛添がお願いした第三者の調査が1、2ヶ月は掛かるだろうから、それが終わってから、と言うことで先延ばしして、9月の都議会で100条委員会を設置して、その後不信任を可決して退職させる、と言う方向だろう。良かったねえ、ボーナスも貰えるし、しばらくは給料も貰えるし。

 でね、今日舛添、また会見するんでしょ?何を話すんだろう。

 それよりね、会見後、また公用車で湯河原の別荘に通うんだろうね!ってさ。何しろ、湯河原の別荘に行くのは、その湯船に漬かる事で健康増進を図っている訳だし、そこには政治資金で買ったエスティマもあるし、公用車は動く知事室だと言っていたんだから、堂々と使わないと、今までの説明が全部、嘘だと言う事になってしまうぞ。

 嘘なんだけどさ。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
舛添、うんざりだぞ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる