クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 舛添、辞任との攻防戦

<<   作成日時 : 2016/05/20 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

舛添知事、4年前に政治資金で車2台購入 1台は別荘で使用か

 東京都の舛添要一知事の政治資金をめぐる私的流用疑惑で、舛添氏が代表を務めていた政治団体が平成24年の1カ月間に2台の乗用車を購入し、うち1台は別荘のある神奈川県湯河原町周辺で使用するためだった可能性があることが19日、関係者の話で分かった。1台は現地の湘南ナンバーを取得。車庫証明も舛添氏の別荘で登録していたといい、専門家は「政治資金で購入した車を、湯河原でどのような政治活動に使っていたのか」と疑問視している。

 政治資金収支報告書や関係者によると、舛添氏が代表を務めていた「新党改革比例区第4支部」(解散、東京都世田谷区)は24年4月24日、湯河原町内の自動車整備会社で、トヨタ自動車のミニバン「エスティマ」の中古車を98万5千円で購入。ほかに車両登録諸経費として計約19万円を支出していた。

 約1カ月後の5月15日には、解散した舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(同所)が宣伝自動車として同型のエスティマを99万円で購入。登録費用や諸経費として31万円を計上していた。

 舛添氏側は、1台目を湘南ナンバー、2台目を自宅兼事務所のある東京の品川ナンバーで登録するよう依頼したといい、関係者の男性は産経新聞の取材に対し、「湘南ナンバーで登録した車は別荘のある湯河原で使うつもりで買ったのだと思った」と証言。別荘近くの複数の住人が、舛添氏と家族がエスティマに乗っている姿を目撃、「前はご家族とエスティマで来ていた」などと語った。

 政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授は「政治資金で買った車を湯河原で使う必要性は考えられず、私物化しているといわれても仕方がない」と指摘した。

 舛添氏は一連の私的流用疑惑について、20日の定例会見で改めて説明する意向を示している。

産経新聞 2016年5月20日(金)

 今日の2時からの会見で何を言うか?だが、多分、最初から最後まで言い訳に終始し、どうしても説明できない部分は、「きちんと精査してまた報告します」と言うのだろうなあ。

 どう考えても、別荘にあるエスティマは、私用以外の使い道はないし、市場価格の倍もする事務所費用の説明など出来ないだろうと思うぞ。

 別荘に置きっぱなしの車では、家族揃ってお出かけしている様子が目撃されているが、通常ならば政治目的じゃないが、何しろ奥さんは株式会社舛添政治経済研究所の代表だから、車中でも政治の話をしているとか言いそうだよねえ。

 事務所費は説明できないだろうねえ。近隣相場が20万程度のところで、44万以上も支払うのはおかしいし、何より、以前は新党改革支部と分け合っていたのに、それが解散したら、すべてをグローバルネットワーク研究所が全額を負担するなどありえない話でしょ?

 例えばそれまでは分担していた相手がいなくなったから、その分まで家賃を負担しろ、と言われたらみんな断るでしょ?が、舛添はおそらくだが二つの団体が使用していたのが一つになった事で、使用した面積が倍に成ったのだから当然の話とか言うのだろう。

 で、ぜひきちんと聞いて欲しいのは新党改革比例第4支部が解散した次の月に、それまでの家賃と偶然同額のハウスクリーニング費用が掛かっているがどこに依頼し、その領収書がきちんとあるのか?と言う話。

 通常、ハウスクリーニングの費用と言うのは、引越し後ならば一戸建て全部やっても10万前後。3階建て地下1階の舛添家の1階と地下だけでその倍以上、それもそれまでの家賃と同額と言うのは絶対に異常。嘘。

 さらに通常、自宅を事務所とするのは事務所家賃を節約するためで、相場より安くなるのが普通であるのに、それも倍以上の家賃を取られてもなぜそこに事務所を置く必要があったのか?についても説明して欲しいもの。

 知事就任時、金の問題について、「私は大丈夫。お金持ってますから」とか言ったが、大嘘つきだったなあ。ここまで恥知らずの金の使い方は今まで聞いた事が無い。小沢一郎を超えたのじゃないのか?(笑)

 通常の神経では耐えられず辞任の方向になるんだろうが、舛添にそんな殊勝な気持ちは欠片も無いだろう。おそらく再選は厳しい(とか言いながら、あいつは2年後までに都民は忘れてくれるかも?と思ってそうだが)から、とにかく任期一杯務めて、退職金を満額貰って引退するつもりだろう。

 東京と言う規模から言ってリコールは現実的じゃない。あとは議会による100条委員会設置からの知事不信任と言う流れだろうが、これも前任の猪瀬氏がああいう形で辞任したのに続き、自・公が推した知事が辞任となれば政権にもダメージを与えかねないし、それよりも舛添をおとなしくさせて、東京都の官僚による都政をさせたほうが、何かと与党にとっても都合が良いから、圧倒的多数を持つ自・公は不信任に同意しないだろうねえ。

 すでに次の都知事は誰か?と言う事も言われているが、それも任期満了後だろうな。
 蓮舫対小池百合子対安藤優子などと言うのも見たが、蓮舫は出ない。100%出ない。あの女にそんな覚悟は無い。負けたら終わりと言う戦いに、それほどの勝ち目が無いのに出るはずが無い。

 それよりも橋下徹の動きだろうなあ。国政と言う話もあったが、都知事はどう考えても魅力的だし。何より大阪・東京の知事を勤めた人間などどこにもいないからね。

 橋下取り込みが成功したら、もしかしたら舛添をやめさせて、衆参同日選と同時にと言う事を官邸は考えるかもね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
都民は本当にいい加減に知事を選ぶのですが、唯一嫌がるのは「お古」。大阪の元知事を選ぶかなぁ。もちろん、対立候補にもよりますが。
あと、全国でおそらく橋下の支持率が一番低いのも(たぶん)東京です。アレルギー的なものですが。
それにしても、舛添のみみっちい事よ。「銀のスプーンを咥えて生まれてきていない」がこいつの好きなキャッチですが、それが卑しいほうに転んでどうする(笑)。
このまま建築しても
2016/05/20 18:53
このまま建築してもさん、おはようございます。
確かにそうかもしれませんねえ。大東京に大阪のお古はいらないと。

真面目な話、過去の発言ががんがん跳ね返ってきてますね。舛添、恥を知っているかどうか別です。
クルトンパパ
2016/05/23 09:01
パパさん、こんにちは
 結局桝添は『金があるけど品性が無い、良識も無ければ、分別も無い、取り柄は面の皮の厚さだけ』と言う事だったんでしょう
 コイツが都に対して恩返しとか罪を償うとか、前歴を考えると絶対無い
 東京都民は馬鹿だから、知名度で蓮舫を選んでしまう可能性も無きにしも非ず
 出馬すればの話ですが
 まともな政治家なんて、ハッキリ言って割に合わない上に、マスゴミに散々潰されてきた世代ですから、後継者が育ちにくいんでしょう
 しかし知事は余計なことはしなくてもいいですが、都民の説得や公務員の暴走などは見張りなどはして貰わないと困ります
 オリンピックがありますから、それと大規模災害時の指揮能力ね
 芸人上がりや左翼政治家だと、それが期待できない
 猪瀬知事辞めさせて、桝添選んだ時『何で』って思いましたけど、案の定、安倍内閣の最大の汚点になりましたね
世界史は面白い
2016/05/23 09:44
世界史は面白いさん、こんにちは。
こうなると返す返すも猪瀬氏の失脚が惜しまれます。後任を選ぶ際の候補を見たときにすでに思いましたが。

舛添は最初、自民・公明は自分を見捨てないと思ってたんでしょう。猪瀬氏が辞任したあとだから、ここで自分も辞任などと言う事になれば、与党の責任が重くなる。しばらく頭を低くしていればなんとかなると。それが最初の会見だったんでしょう。

で、2回目、もっとまともな会見をやりたかったんでしょうが、説明が一切出来ないので全てを厳しい第三者の目でといい続けるしか出来ない。下手な事を言って、また整合性を問われるのが一番怖かったんでしょうねえ。

次は?となると誰もいない。民進は海江田あたりを担ぎそうな気もします。蓮舫は勝てる補償が無い限り出ませんから。

自・公はどうするかです。誰も担げなければ、石原Jrが担がれたりするかもですね。
クルトンパパ
2016/05/23 13:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
舛添、辞任との攻防戦 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる