クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS リーマンショック以上の問題

<<   作成日時 : 2016/06/24 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

   最大の危機に直面=ドミノ離脱の恐れ―EU

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は、英国民が自ら進んで離脱を選択し、正面からEU統合を否定したことに大きな衝撃を受けている。

 原加盟の6カ国から28カ国に膨らんだ拡大路線は頓挫を余儀なくされた。各国で今後、国民投票が実施され、英国に続く「ドミノ離脱」に発展する可能性もある。EUは発足以来、最大の危機を迎えた。

 トゥスクEU大統領は投票前、英国が離脱を選択すれば「(EU)分裂に向けた第一歩になる恐れがある」と警告。恐れていた離脱が現実となった。EU首脳らは域内の動揺を早期に収拾し、分裂の芽を摘むため変革に向けた新たな戦略を提示しなければならない。困難な課題を背負うことになった。

 EUは投票結果を受け、24日にユンケル欧州委員長、トゥスク大統領、シュルツ欧州議会議長、EU議長国のルッテ・オランダ首相によるトップ会合を開催。28、29両日のEU首脳会議では英国を除く27カ国の結束を再確認する。

 ただ、英国での投票結果を受け、各国で支持を伸ばすEU懐疑派が勢いづくのは確実だ。フランスの極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は21日、仏テレビに対し、「フランスでも国民投票実施を求める。全てのEU加盟国もそうすべきだ」と訴えている。

 オランダでは4月、EUとウクライナの「連合協定」の是非をめぐる国民投票を実施。投票は実質的にEU統合の深化が争点だったが、反対が多数を占めた。EU懐疑派は、英国の投票結果を受け、オランダでも新たな国民投票実施に持ち込めば、離脱の結果が得られると自信を深めている。そうなればEUは一段と求心力を失い「崩壊」の瀬戸際に追い込まれる。

 EU懐疑派が各国で支持を伸ばす背景には「EUの政策が選挙で選ばれていない官僚によって決められ、民意が反映されていない」ことへの不満がある。トゥスク大統領は英国の投票を前に「英国民投票で示された警報を無視するのは愚かだ」と述べ、結果にかかわらずEUには抜本的な変革が必要と説いた。

 最大の危機をバネに真に民意を反映し、有権者が納得できる新生EUの姿を提示できるか。EUに残された時間は多くない。

時事通信 2016年6月24日(金)

 いやいやイギリスも何をやってくれたんだ、と言う事だ。

 これでとんでもない事に世界の経済は陥る。安倍総理が言ってたリーマンショック級の問題どころか、一証券会社の破綻などとは比べられない問題が起きるのは間違い無いだろう。

 イギリスにとっても当面はまったく良い事など無いはず。EUから離脱すれば、当然だが、EU諸国との間で自由に行われていた貿易も今後は、関税が発生するし、また人の行き来も自由じゃなくなる。正式離脱まで2年くらいはかかるらしいが、それまでに多くの現在、イギリスに進出している企業が大陸に移る可能性も高い。イギリスがEUじゃ無くなると言う事は、EU諸国との貿易に関税が掛かる事となる訳で、進出企業には痛い事となる。

 日本にとってもとんでもない話になる。イギリスの離脱でEUに対する不安が広がるだろうし、こう言う非常時になればなんだかんだ言いながら優良通貨である「円」に対する信頼が高まり、対ユーロ、対ポンドだけじゃなく当然のようにドルに対しても円高が進む。輸出企業が大ダメージを受ける。と言うことで一気に株価も下がる。

 最悪の場合、1ドル80円台まで行くと言う観測もあるし、株価は1300円を切る可能性すら指摘されている。大不況が再び襲う可能性が高くなったと言うことだ。

 EU各国にも激震が走るだろう。当然のように、これからドイツ・フランスなどでも離脱派が勢いを増すだろう。記事にあるような「離脱ドミノ」が発生すれば、欧州連合の解体と言うことが現実化しかねないと言うことだ。

 日本にとって幸いだったのは、今が安倍政権であり、民主党政権じゃないと言うこと。消費増税見送りが非常に正しい判断だったと言うことは、単なるラッキーじゃなく、そう言うことだと言うことだ。

 なんとか世界に先駆け、この大ショックを抜ける国に日本がなってもらいたい、と言うよりなってもらわなくては困るのだよ。どうしよう?今申し込んでる融資、これでだめになったら本気で困るぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
正直なところ、45対55で残留ぐらいに思ってました。まさか離脱になるとは。トランプとロシアと中国の高笑いが聞こえるようです。
日本もこれから、より一層経済に重点を置かないといけないと思うのですが、大丈夫かなあ。
このまま建築しても
2016/06/24 21:39
このまま建築してもさん、おはようございます。
投票し離脱を選択したイギリス国民が一番驚いているとか、なんとも笑えない話があるようです。

EUも連鎖が起きないよう、必死でしょうが、どう言う形になるか注目してるべきでしょう。

経済、アベノミクスが失敗しつつあるのは間違いないんですが、野党にそれを超える対案が無いと言うのが困ったものです。
クルトンパパ
2016/06/27 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
リーマンショック以上の問題 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる