クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 双方分裂選挙へ

<<   作成日時 : 2016/07/13 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

<都知事選>野党4党統一で鳥越氏出馬 自公は増田氏推薦

 東京都知事選(31日投開票)で12日、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が都内で記者会見して立候補を表明した。野党4党が統一候補として支援する。自民、公明両党は同日、前岩手県知事の増田寛也元総務相(64)の推薦を決定した。自民党衆院議員の小池百合子元防衛相(63)も出馬表明しており、自民党は「分裂選挙」となる。3回目の挑戦を表明している宇都宮健児・元日本弁護士連合会会長(69)と合わせ、選挙戦の構図がほぼ固まった。都知事選は14日に告示される。

 鳥越氏は会見で「税金の使い方を見直す」と述べ、出馬の理由について「参院選の結果から憲法改正が射程に入った。国政の問題との指摘もあると思うが、首都である東京の問題でもある」と説明した。11日に出馬を決意したと明かした。

 鳥越氏の出馬表明を受け民進、共産、社民、生活の野党4党は12日の幹事長・書記局長会談で、野党統一候補として合同で支援することを決めた。推薦や支持など支援の在り方は各党で判断する。民進党都連は11日に元経済産業省官僚の古賀茂明氏(60)に出馬要請していたが、古賀氏は12日、鳥越氏の出馬意向を受けて、要請を断り鳥越氏を応援することを明らかにした。

 前回選挙で共産、社民両党の推薦を受けた宇都宮氏に対しては、民進党の枝野幸男幹事長と共産党の小池晃書記局長が11日に「大局的な判断をしてほしい」と出馬辞退を求めたという。宇都宮氏は12日、鳥越氏と面談して公約が書かれた文書を手渡したが、鳥越氏から具体的な政策の提示や共闘の要請はなかった。宇都宮氏は「今後の対応は支援者と話し合いたい。13日までに結論を出したい」と出馬撤回に含みを持たせた。

 一方、増田氏の依頼に応え、公明党は12日の持ち回りの中央幹事会で推薦を決めた。斉藤鉄夫選対委員長は「混乱した都政を立て直す安定した手腕が期待できる」と述べた。自民党も推薦を決めた。

 これに対し、小池氏は地元の関係者らの支援を取り付けている。都政改革を訴え、都議会自民党との対決姿勢を示している。

 都知事選にはこのほか山口敏夫元労相(75)やジャーナリストの上杉隆氏(48)ら11人が立候補を表明している。16人が出馬した前回選挙と同程度の候補者数による争いとなる見通し。

毎日新聞 2016年7月12日(火)

 どうやら宇都宮氏も出馬をすると言う事を表明したようだ。

 これで与党系も野党系も分裂選挙。が、宇都宮氏はこれまで2回の選挙でいずれも共産・社民の支援を受けての結果であり、今回、その両党が鳥越氏支援に回るだけに、組織力に問題が出る可能性は高い。さらに、特に共産党支持者は党の指示によって投票行動を起こすだけに、これまでの100万票はとても望めず、半減で済めば上等だろう。

 事実上、3強の争い。組織力の増田氏か、4党共闘による相乗効果に加え、異常な言動をどこまで都民が知っているかがわからないので有利に働く可能性がある鳥越氏か、女一人での戦いと言う構図を見せ、空中戦を得意とする小池氏か。

 鳥越氏は昨日の出馬会見で「昭和15年に生まれたので終戦時には20歳だったから、空襲も防空壕も鮮明に覚えいてる」と言ったが、鳥越氏の中では戦争は昭和35年まで続いていたと言うことなのか?と言うことならば、私も戦中派です(苦笑)

 大体、都知事選の立候補表明会見で、憲法改正が見えてきたんで、それを止めるべく出たとか、頭がおかしい。しかも出馬表明会見なのに、まったく政策も無く、争点すらわかってない。東京都の大問題であるオリンピック関連予算も無関心。この人の頭の中身は単に、「アベ政治を許さない」と言うSEALDs並みの発想力だけなのだろう。

 まともな都民が多ければ、当然、鳥越など当選しない。だが、東京が自分たちの居場所であり、東京を良くしたいと言う人間ばかりじゃなく、単に一時的な住処であり、金はあるし、なんとなく名前を知っている人で良いと考える人が結構いるのが東京だからな。

 はっきりしているのは、これが東京都知事選挙じゃなく、私が住んでいる長崎県知事選挙で「昨日出馬を決めたばかりで、とにかく地元のことより憲法改正を阻止したい」などと言ったらば、100%落選だけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
増田対小池が、事実上の二強対決だったらおそらく小池が爆勝したと思います。ただ、鳥越や宇都宮が絡んでくると難しいですね。
個人的には以前、増田の「このままでは地方は消滅する」という警句にはだいぶ惹かれたのですが、どうもこの四人の中では一番国に弱そう(笑)で心配ですね。次期都知事は「国による、膨れあがったオリンピック予算の都へのタカリ」にNOと言える人に選ばれて欲しいので。
増田を担ぎ出したのは官房長官氏だそうですね。菅氏は外国人参政権の問題をどう考えているのでしょうか。
上杉とか泡沫扱いにされててちょっと気の毒です。石原後継をうたうのですから、ここは御大に応援演説してもらえたら面白いのですが。
このまま建築しても
2016/07/13 18:40
このまま建築してもさん、おはようございます。
宇都宮が急遽降りましたねえ。鳥越が彼の政策を受け入れたとか言いますが、4党が推している以上、電力労組に支えられている民進が「原発即時全廃」など受け入れられるはずも無く、事実上の野合でしょう。

とは言え、この流れは予想の範囲内ですが、これで鳥越が優位に立つかもしれませんねえ。

が、浮動票の取り合いとなれば増田氏は枠外で、小池対鳥越。高齢層には圧倒的知名度がある鳥越ですが、若年層は違うでしょうし、何より、最大眼目が「がん検診100%」と言うのが、今現在、東京が抱えている問題を理解できていない証明でしょう。

外野から見てる限り、結構面白い戦いになって来ました。

上杉氏ですが、出馬表明での政策は一番まともだと思いますが、元労働大臣すら泡沫候補扱いになりますからねえ。
クルトンパパ
2016/07/14 07:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
双方分裂選挙へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる