クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民、参院でも単独過半数へ

<<   作成日時 : 2016/07/14 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平野達男元復興相が自民入党へ 参院で自民単独過半数、改憲4党で3分の2も

 元復興相で無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)が自民党に入党届を提出したことが13日、分かった。今後手続きを進める。平野氏の入党が決まれば自民党は参院で122議席となり、単独過半数となる。

 平野氏は12日、自民党本部で谷垣氏と会談。谷垣禎一幹事長が「できれば一緒に活動したい」と要請し、平野氏が「よろしくお願いします」と応じた。

 自民党入党の理由について平野氏は「いま日本に必要なのは政策の継続性だ。自民党のやっていることは間違っていない。岩手や日本のため自民党で貢献したい」と説明しているという。

 平野氏は民主党政権時代の平成24年に初代復興相に就任。25年に党運営への不満から離党届を提出したが除籍処分となり、その後は無所属で活動していた。今回の参院選では、岩手選挙区に立候補して敗れた自民党候補を応援した。

 平野氏が自民党に入党すれば、憲法改正に前向きな自民、公明、おおさか維新、日本のこころを大切にする党の4党で参院の3分の2となる162議席に到達。4党で、衆参両院で改憲の発議に必要な3分の2を確保することになる。

産経新聞 2016年7月13日(水)
 
 これで自民党は1議席足りなかった参議院での単独過半数に届く。おそらくだが、総理や官房長官らはどうしても単独過半数を目指し、工作を続けていたと言うことなのではないか?平野氏は先の参院選で岩手の自民党候補を支援したと言うから、もう後戻りはできないと言うこともあるのだろう。

 さらに参院の自民党会派で活動する井上義行議員や、あの渡辺ミッチーの孫で、渡辺喜美の甥である渡辺美智太郎議員の入党の可能性もあるからねえ。
 
 公明党は楽しくは無いだろうが、と言って、選挙ですでに後援会名簿の交換までするほどのずぶずぶ状態である自公共闘を簡単に自民がやめない事を知っているだろうから、さほどの焦りは無いだろうね。

 が、公明の賛成が無くても、自民単独で両院で法を決められる状態になったと言うのは、政権がますます強くなる可能性が出てきた、と言う事だろうなあ。さらに言えば、今後の維新の動き次第では、公明に代えて維新と組む、と言う可能性も残ったりするかもしれないし、実は個人的にはそっちの方が良いような気もするぞ。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民、参院でも単独過半数へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる