クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 9条以外?民進、改憲論争に余地

<<   作成日時 : 2016/07/15 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

改憲論議、9条以外は余地=「押し付け論」撤回が前提―民進代表

 民進党の岡田克也代表は14日の記者会見で、憲法改正をめぐる国会論議について、「私は9条改正は必要ないと明言しているが、それ以外は、なるほどと思えるものが出てくれば議論することはないわけではない」と述べた。

 同時に、安倍晋三首相が現行憲法を連合国軍総司令部(GHQ)による「押し付け憲法」だとする認識を撤回することが前提になるとの考えも示した。

 岡田氏はこれまで、安倍政権下での改憲を拒否する構えを示してきたが、与党側から「議論を放棄している」との批判が出ていることを踏まえ、条件付きで議論に応じる余地を示唆した。

時事通信 2016年7月15日(金)

 これまでメディアなどは、自民・公明・維新・こころなどを改憲勢力と呼んで、それ以外を護憲派と言い表してきたが、実態で言えば民進党も色んな論争はあるにせよ、改憲を否定していないし、どう考えてもプロレタリアート執権を目論見、いまだ、共産党と名乗る以上、天皇制とは相容れない共産党も改憲勢力なんだよ。

 まあ、それはおいて置くにせよ、なぜ、9条はだめなのか?9条があるから平和憲法だ、だから一言一句変えてはならない、と言うのは変だと思うのだよ。

 第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。

 素直に読めば、自衛隊は憲法違反。国際紛争を解決する手段としての武力が放棄されている訳だ。一応現在は、自衛のための武力は禁止されていない、と無理やり読んでいるが、国際紛争と言うのは、第三国同士の紛争だけを言うのではなく、当然、日本がいずれかの国と紛争になればそれは紛れも無く国際紛争であると思うのだが違うのか?

 日本と韓国が竹島を巡り争っているのは国際紛争でしょ?国内じゃない。もし、そこで武力衝突が起きたら、自衛隊は出動するだろうが、武力による威嚇も行使も認められていないのだから、何にも出来ない。

 もし中国が日本に侵攻したとしても、国の交戦権が認められていないのだから、自衛隊は一切反撃が許されず、単に弾除けになるしかないと言うことでしょ?これは。

 すでに国民世論は自衛隊の存在を大半が認めている。そして、二度と他国に侵略してはならない、と言う事もすでに一致しているだろう。

 となれば、まずこの憲法に関して言えば、「自衛のための軍備・武力の行使」を認めると言うのは国民の合意があると思うのだよ。ならばそれを明記すべきだろう。で、いかなる理由があっても他国に侵攻しない、と明記した方がかつて大東亜戦争で迷惑を掛けた各国も安心するだろう。

 あとはどう言う場合に自衛隊が海外派遣できるのか?を徹底的に議論して決めれば良いと思うのだ。

 最初から9条には一切触れないでは何にも始まらない。9条のどの部分を守るのか?精神を守りながら、現状に適合させる改正が出来ないか?をなぜ、最初から除外するのか?解釈改憲によって自衛隊の海外派兵はなし崩し的に拡大している。このまま行けば、かつて小沢一郎が明言したように、9条のままでも自衛隊は海外派兵が可能だ、となってしまい、大戦中の被害国家に不安が広がるのならば、その不安を取り除けるような改正だって出来るはずだと思うぞ。

 以前も書いたと思うが、憲法は国の根幹をなす国家の基本法。それが70年以上、まったく一言一句変えないままと言うのはどう考えても、この激動の時代には異常な話。

 これからますます世界は変わる。日本がその国際社会の変動に対応するためには、憲法は常に検討を加えられ、必要な改正を行って行くべきなんだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
 吉田茂が自衛隊を創設したときはともかく、それからずっと9条を盾に自衛隊に反対するだけだった政党は国の政治家として日本国民を守るという職務を放棄したとみて税金泥棒扱いで良いんじゃないですかね
 まじめに現実と向き合うなら、国家を守る軍隊は必要ですし、憲法に違反するというのならば、憲法がその大前提(国民の安全)に抵触するのですから、憲法を変えるべき。
 自衛隊には日本を守る職務を、政治家は自衛隊を守る法の整備をが正しい国家のあり方。
 それが今までできなかったのは、マスゴミの偏向・ねつ造報道とそれを利用し、それに踊らされるクズ政治家のせい。
 国家の政策を選挙の時の有権者の支持が得られるかどうかだけで決めるような民進党に、目に鱗が10枚レンズで入っているとしか思えない社民党、共産党。
 野党でもおかしいことをおかしいと、批判するなら与党の安全弁として必要なんです。
 その能力が無いものが、マスゴミとマスゴミに洗脳された馬鹿によって大量に国会に送り込まれたせいで与党のレベルまでが堕ちるハメになったのです。
 漢字間違いやカップラーメンの値段などを誇らしげに言う野党など、国の恥以外の何物でもないし、それをおかしいと言わない野党も、それが異常なことだと指摘しないマスゴミも存在価値が無い。
世界史は面白い
2016/07/19 13:50
世界史は面白いさん、こんにちは。
吉田茂が断固反対できたのは、これが自衛のための武力を含んで禁止されているからです。それをごまかすために、国防軍でもなく、さらに当初は自衛隊ですらなく警察予備隊だった訳ですから。

自衛隊が誇りを持って職務に当たれるような改正をすべきです。当分は災害救助隊として使うが、いつか解散させると言う共産党と一諸になってしまった民進党には、とても信頼を寄せられません。
クルトンパパ
2016/07/19 15:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
9条以外?民進、改憲論争に余地 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる