クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 山本太郎を社民に<生活・社民、統一会派>

<<   作成日時 : 2016/07/15 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   <社民と生活>参院で統一会派へ

 社民、生活の両党は14日、参院で統一会派を組む調整に入った。無所属議員にも参加を呼びかけ、早ければ8月1日召集の臨時国会までに結成したい考え。

 両党は衆院での統一会派も検討しており、社民党は14日の常任幹事会で、衆参で統一会派を組む方針を確認した。社民党の参院議員は先の参院選を経て2人で、生活の党も2人。生活は、参院選で無所属で当選した党籍を持つ2人が加われば4人となるため、統一会派は最大で6人となる可能性もある。

 また、参院選で自らも落選した社民党の吉田忠智党首は14日の党常任幹事会で、参院選敗北の責任をとって辞任すると表明した。

毎日新聞 2016年7月14日(木) 
 
 さて、これどうなるかだ。あまり話題にならないところを見ると、もしかしたら社民党は得票率で2%以上を獲得しているのか?ぎりぎり、政党要件を満たしたのか?

 じゃなければ、社民党は国会議員が4名になって、政党要件を失うからなあ。どうでも良いが。

 一方の生活はなんとか森ゆう子と岩手の木戸口が勝ったんで、これが入党してくれれば堂々と政党になれる訳だ。だが、国会は数が全て。少数の声を聞くのは大事だが、民主主義の基本は多数決である以上、弱小政党は発言力なども制限されるしね。

 と言うことでなんと、社民党と生活の党と山本太郎となかまたちが統一会派を組むのだそうだ。

 山本太郎は生活の党よりもむしろ、社民党に近いから、彼が組むのは当たり前だろうが、旧社会党にとって、自民党時代の小沢一郎は「仇敵」と言って良いくらいの存在だったのに、その人がわがまま放題の党と組むと言うのは、これはまさに野合。

 こんな事やってるよりも、比例で青木愛も当選していて、山本太郎がいなくなっても5人を確保でき、政党要件を満たせるのだから、この際、山本太郎は社民党に譲ってやるべきなのじゃないか?

 そうすれば生活の党は以前のように、生活の党と名乗れ、屈辱的な党名をやめられる。一方、消滅危機の社民党は山本太郎を受け入れて、「社民党と山本太郎となかまたち」と党名を変えれば生き残れるのだから、これはまさしく一石二鳥の名案でしょ?

 社民党は吉田党首が辞任するらしし、党首を山本太郎にお願いしたら良い。なかなかのナイスアイデアでしょ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山本太郎を社民に<生活・社民、統一会派> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる